【絶対必要】絵の練習に欠かせないアイテムとは?


livepait_zin1

絵の上達には練習と継続して描く事が大切だが中々うまくいかない

という悩みをSNSのメッセージで僕の所に相談にくる人が大勢いる。

 

 

「何の為に絵を描いているのかわからない」

「違うジャンルの絵に目移りしてしまって

自分のスタイルが定まらない」

「プロの絵を真似しすぎて個性を殺してしまう」

などなど人によって上達できない理由は様々で特定しにくい。

 

 

僕は日本ではあまり活動していない。

 

絵の仕事をしながら世界43ヶ国以上を旅しており、

世界各国の絵描きさんとも話をする機会が多かったが

絵の仕事をしている彼らが共通してあるものを常に持っている

事に気がついた。

 

世界の画家が常に持っている共通するものとは?

sketchbook_mexico

画家にとって絵の練習にもなり、さらに上達にもつながる

アイテムとはスケッチブックだ。

 

「なんだスケッチブックか・・・僕も(私も)持っている。」

と思ったあなたに質問したい。

 

あなたは常日頃から時間が開いた時に新しい構想を練ったり

新しいアイデアを思いついた時にツケッチブックにメモ描き

しているだろうか?

 

暇だからといってお絵描きをするのではなく

構想やアイデアを描き移していく作業を常にしているだろうか?

 

「暇だからスケッチブックに絵を描く作業」と

「暇な時間や思いついた瞬間のひらめきを利用してスケッチブックに

描き移していく作業」

とでは全く上達レベルが変わってくる。

 

僕の場合は3種類のスケッチブックを持っている。

 

瞬間的に閃いたアイデアをすぐ描き移せる用のスケッチブック

sketchbook_mini

僕は常日頃からポケットかカバンの中に小さなスケッチブック

を持ち歩いている。

 

その瞬間頭に浮かんだ事は時間が経つと薄れていってしまうもの

なのでどんな状況でも常にラフスケッチを描けるようにしている。

sketchbook_mini1

 

sketchbook_mini3

この作業が後々大きなキャンパスに描く時のネタにもなるため

かなり重宝している。

 

どんな構想にするか考える時用のスケッチブック

sketchbook_mini2

僕には2種類の絵のスタイルがある。

一つはアートでもう一つは僕の頭の中の世界を描いている。

 

これはラフスケッチではなく次に描く絵の構想を練るための

スケッチブックでもあり、アートの方の絵を描くスケッチブック

でもある。

sitagaki_1

ラフスケッチの絵を細かく調整しながらこのスケッチブックに

書き写し、最後は大きなキャンパスに絵の具で下書きなしで

描き移すという流れで僕の絵は完成する。

 

ZiNの世界を描く個展用のスケッチブック

sketchbook_top

 

これは僕の宝物でもあるのだが、ここには僕の頭の中の世界を

鉛筆で描き移すようにしている。

sketch_2

そしてこれも最後は大きなキャンパスに描き移す作業をする。

ちなににこのスケッチブックに描いた世界。

sketch_1

そしてこの作品の一番右側の世界がスケッチブックから描き移した

世界となっている。

zinworld

 

スケッチブックの重要性

考えながら日頃から絵を描く作業を習慣づけておくと

アイデアには困らないのはもちろんの事おおまかな絵全体の形と

いうものが見えてくるものだ。

バランスよく描けるようになる

これはデッサンを描く効果と似ていて全体のバランス、

陰影の付け方、光の表現、描くものの質感などの上達に非常に

役にたつ事がわかっている。

モチベーションは絵の上達に必須

絵が上達しない人の特徴として同じような絵を描き続けて

しまい、モチベーションが下がってしまうため絵を描く事自体が

楽しくなくなってしまう。

 

そうなってしまうと絵の上達とはほど遠い場所、つまり

スランプのようなものにおちいってしまうのだ。

 

精神状態は絵に現れやすい事は僕が経験済みなのでよく理解できる。

 

あなたも絵の練習をするならまずスケッチブックを持ち歩き、

なおかつお絵描きではなく考えて絵の構造や形に力を注いでみては

どうだろうか?

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ