絵描きの世界一周の旅にはストレスが付きまとう

  絵具道具、そして巨大な折りたたみキャンパス、 それに重すぎる水彩用紙のロール、 さらにバックパックの中には洋服や 一眼レフ、IPad、パソコン、などなど 総重量20キロはある荷物を持ち運→続きを読む

絵描きとして生活するなら日本の洗脳教育から抜け出そう!

沈みゆく夕日の景色と交差するように 次々と暗闇に浮かんでくる街の明かり。   チェコの首都であるプラハの街を 一望できる丘の上でビールを飲みながら 明日は何をしようか考えていた。  →続きを読む

4万人分の人生!?人骨教会!?セドレツ納骨堂へ向かう画家

  画家にとって必要なものは「刺激」である。   僕はこれまで世界各国を旅しながら 絵を描いてきたのだが、まさか チェコでここまで刺激を頂けるとは 思ってもいなかった・・・ &nb→続きを読む

海外で活躍できるアーティストになりたい中学生からの相談にのる

ドイツのベルリンからチェコのプラハに到着した。     旧市街でドイツで使っていたユーロから チェコの通貨チェコ・コルナに両替して 街を探索する事に。   街には様々なオ→続きを読む

芸術家になる夢を叶えるにはまず巨匠の作品を見る事が必須。

まぶしい・・・   太陽光がまぶたを照らす。   ここはどこだろう?   寝ぼけ眼の僕はバスの窓から 見た事もない朝の風景をみていた。     永遠に→続きを読む

ベルリンの壁でアート偏差値を上げて画家になろう!

  ドイツの首都ベルリンには何人もの アーティストが絵を描いた大きな壁がある。     かなり独創的な作品ばかりでそれらを 見ているだけでアート偏差値というものが 上がる→続きを読む

大虐殺から生まれたアートを見て今の時代に合わせた画家活動を考える。

  何も知らされず、自分がこの先どうなるのかも 理解できないままこの世から抹殺された。   ナチスドイツに600万人のユダヤ人が 殺害されてから約80年の月日が流れ 今では嘘のよう→続きを読む

アムステルダムからドイツへ向かう画家の旅

  キッチンでお湯を沸かす音で目が覚めた。   チェナーのいつも通りの 「ZINコーヒー飲む?」 っという一言から1日が始まる。   そして僕もいつも通り 「ジェイクは?→続きを読む

変な路上パフォーマーが逮捕された瞬間を目撃した。

絵具道具、キャンパス、水彩紙、 あと大きなバックバック。     これが僕の全ての持ち物だ。   僕は世界を旅する画家。   オランダのアムステルダムに長く滞在→続きを読む

旅人のための超激ウマ簡単節約料理の作り方!

  助けてください・・・   助けてください・・・   お願いします助けてください・・・   っとこのようなふざけた写真も撮れるし どこを撮ってもアートで溢れて→続きを読む
1 2 3 5
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ