集団鬱状態!ホルトバージ国立公園で異様な光景を目撃した画家の旅

一定の間隔で放置されたように転がる 丸い大きな藁の塊が僕の視界の左から右に 通り過ぎていき、その景色の向こうの空は 地平線に広がる雲を交えながら少しずつ 白から青へと染まっていた。   ガタ→続きを読む

ハンガリーの牧場で考えた画家人生計画

いくつも積み重ねられた大きくて丸い藁 の塊が太陽の光で黄金に輝いている。   地面に生えた雑草をムシャムシャと 無心で食べている牛達を眺めながら 僕はその藁の頂上に寝転がり、 これまでの旅の→続きを読む

スロバキアからハンガリーへ移動中に日本ではありえない日常を体験した!

  体中のあちらこちらに鉛を 埋め込まれたかのように重く感じる。 少し体をひねるだけで背骨や 肩の関節がパキパキと音を立てている。   「あぁ~疲れた~」   僕はシャワ→続きを読む

美女が多い国スロバキアからハンガリーへ向かう。

  焦げるような太陽の下、ほのかに香る雑草の上で 僕は何度も何度も飛び跳ねていた。   スロバキアの文化遺産であるスピシュ城をバックに 三脚に一眼レフをセットして一人で写真を撮って→続きを読む

スピシュ城を参考にする絵描き旅

  柔らかい芝生の上に寝転がり、一眼レフのレンズを 片目で覗き込みながら、自衛隊が狙撃するような格好で 丘の上にそびえ立つ廃墟の城を被写体に捉えた。   波のように大きく起伏してい→続きを読む

丘の上に廃墟の城『スピシュ城』で絵の創造力を養う。

  その日、目を覚ますと、 オレンジ色に光る太陽光が レヴォチャの街を染め始めていた。   窓から入る心地良い風がカーテンを揺らしている。   それをボーッと眺めながら僕→続きを読む

旅をするなら現地で安い宿を発見する方法を知った方が良い

  雨粒が窓に衝突し、コツコツと音を立てている。 先程まで大嵐だった天気も 少しずつ回復の兆しをみせていた。   雨音とバスの心地良い揺れが これまでのヨーロッパの旅で受けた スト→続きを読む

スロバキアの「進撃の巨人」に似た街に行く途中で死にかける

唇の薄皮が剥がれ落ちた所を 舌で舐めながら大きくため息を吐いた。     ガタガタと揺れるバスの中。     まだ早朝4時半だったのでバス内は 暗闇に包まれてお→続きを読む

絵描きの世界一周の旅にはストレスが付きまとう

  絵具道具、そして巨大な折りたたみキャンパス、 それに重すぎる水彩用紙のロール、 さらにバックパックの中には洋服や 一眼レフ、IPad、パソコン、などなど 総重量20キロはある荷物を持ち運→続きを読む

絵描きとして生活するなら日本の洗脳教育から抜け出そう!

沈みゆく夕日の景色と交差するように 次々と暗闇に浮かんでくる街の明かり。   チェコの首都であるプラハの街を 一望できる丘の上でビールを飲みながら 明日は何をしようか考えていた。  →続きを読む
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ