ハードルを上げすぎた本場トルコのケバブ・・・


イスタンブールはかなり都会で大きい街なので

苦労する事なく簡単に宿を確保する事ができた。

 

荷物を置いてとりあえずトルコと言えばケバブと言う事で

ケバブやさんへ向かった。

 

 

 

トルコ人は日本人に有効的と言う噂を聞いていたが、

まさにそのとおりだ。

 

街を歩いていると日本人?

と笑顔で笑いかけてくるおじさんや

若いお店のお兄さんなどが話かけにくる。

 

 

別に怪しい様子もなかったので日本人ですと伝えると

楽しんでいってねと答えてくれた。

 

この後、旅の中で知り合ったトルコ人の友人から聞かされたが、

トルコ人は日本人の生き方を尊敬していると言っていた。

 

そんなこんなでケバブ屋さんに到着。

turkey_krbabumise

 

マルタでもケバブを食べたがかなり美味しかった。

 

マルタのケバブであれだけ美味しいのであれば本場のトルコの

ケバブはどれほどのものなかの・・・

 

 

想像するだけでヨダレが出る。

 

 

薄く肉を削ぎおとし、野菜と一緒に生地でくるんで

いい一日をと言ってオジサンは僕にできたてのケバブを渡してくれた。

tirley_kebabukajiru

 

お腹も空いていたのでさっそくかじりついた。

 

 

 

・・・・

 

 

 

マルタで食べたケバブの方が美味しい。

 

ハードルを上げすぎてしまってトルコケバブは

見事にハードルの下をくぐったのだった。

 

 

 

そのまま街を散歩しながらのんびりイスタンブールの街を

楽しんでいるといつの間にか太陽は沈み始め、

少しずつ夜になっていく。

 

最近、一日が早く感じるが、それは時間の使い方が上手く

充実した日々を送っている証拠なのだ。

 

 

充実しなかったのはケバブの味だけだった。

 

 

あたりが暗くなるにつれて警察が列をして並んでいる。

 

まるでどこかに今から突入するような整備体制だ。

turkey_poli

 

この時トルコでは死者も数名でるほどの大きなデモがあり、

このニュースを見た友人もトルコには行くなと言ってきた。

 

 

しかし今僕はトルコにいる。

 

 

ニュースなんてものは危険な地域しか報道しないので

そこさえ避けていけばどうにでもなる。

 

そう思っていたが僕は旅をする時一切その国の情報を

調べないのでまさかイスタンブールでデモがあるとは想像も

していなかった。

 

この後、驚くような事が起こったが、それは次回の記事で書いていこう。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ