カッパドキアの景色とプール付き!豪華なのに安くで滞在できる宿!


僕が泊まっているお勧めのカッパドキアの宿は

ここしかない。

 

Rock Valley Pension

 

カッパドキアのにあるギョレメと言う街の中に

古い屋敷のようなホテルがある。

 

中は2階建てで僕はドミトリーで宿泊していたが

他にも2人部屋や5人部屋など大人数でも泊まれる部屋もあり

朝食もついて800円〜5000円程度で宿泊する事もでき、かなり安い。

turkey_yasuyado

 

そしてこのホテルの裏にはこれぞカッパドキア

言った景色が広がっており、その景色を見ながら

プールで泳ぐ事も可能。

 

カッパドキアの暑い夏を快適に過ごす事ができる。

cappadokia_hotel

 

ひとまず今日はスーパーで買ってきた食材で

サンドイッチを作って食べる。

cappadokia_tomatomesi

 

カッパドキアには

 

 

僕はこのカッパドキアで絵の参考になる景色や

僕の描いている「地球ではないような世界」を

ここで感じ、さらに吸収する事で絵のスキルの

向上に勤めようと思う。

 

なのでいつまで滞在するかは決めてない。

 

 

 

 

滞在している間はずっとこの宿でお世話になり、

ここで多くの友人と巡り会う事ができた。

 

このホテルに宿泊した時の一日の流れ

朝は太陽の光と共に目覚め、

朝食はパンやジャムなどが食堂に並び

それを食べて音楽を聞きながら

景色が見えるテラスに座る。

 

そしてコーヒーを飲みながら

異様な形の岩山が太陽に照らされていくのを

ボーッと見つめている。

 

 

そんな平和な朝が終われば

ギョレメ観光ツアーに参加したり、

のんびり散歩して歩きながら

カッパドキアの風景を楽しんだり。

cappadokia__kesikizin

 

cappadokia_gyoremekikyu

 

夕日が沈む頃に宿に戻り

シャワーを浴びてそのまま

プールに飛び込んで体の疲れを癒す。

 

その後は街へブラブラと出かけ、雑貨屋さんや

オシャレな雰囲気のレストランにいく事が多かった。

cappadokia_kaimono

 

宿にバーベキュー設備が設置されており、

スーパーで買ってきた食材をそこで焼いて食べる。

 

 

空には満月がプールに反射して

気温もいい感じに冷えてくる。

 

 

 

ここでの生活は最高であった。

 

旅にでる事で画家になれる可能性を上げる

paint-iwayamaup

これはカッパドキアの世界と僕の世界を融合させて

描いた作品の一部である。

 

カッパドキアはどこを見ても不思議な世界が広がっており、

神秘的な場所であるが、少し街から外れると

野犬に追いかけられたり道に迷ったりして

危ない目にもあったが、今では旅のいい思い出として

僕の心に焼き付いている。

 

 

これからカッパドキアで見た光景や出来事を

この世界画家旅人で語っていくので

中東の旅を気長に見てもらいたい。

 

 

 

やはり旅をすると感じ方や物事の捉え方に

変化や衝撃が生じ、画家活動にも大きく影響される事は確か。

 

毎日時間に終われ、アルバイトにせいを出すよりも

貧乏旅行をする方が確実に画家にとって

いい経験値になる事は間違いない。

 

画家になれる可能性があがり、

スキル向上をする事ができる紛れもない事実なのだ。

 

 

なので今から本気で画家として活動していきたいと

考えている人は旅にでていい経験をつみ、

それを全て吸収する事から始めると

想像している未来のあなたの姿に近づく事ができるのだ。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ