英語を始めるなら最初は大人より子供から学ぶ方が良い


ケアンズで絵を描き始めてすでに数週間が経っていた。

 

ケアンズの12月は真夏で僕はいつも公園内の同じ場所で

絵を描きながら英語の勉強もしていた。

 

このラグーンと言う公園は海の側にあり公園内にも

プールが完備されているので誰でも自由に泳ぐ事ができる。

lagoon_park1

 

そしてラグーンにいつも来ている夫婦のジャッキーとオノとも

顔なじみになり、たまに家に遊びに行ってそのまま泊まる事も

しょっちゅうあった。

 

 

まだ旅が始まったばかりで英語もろくに話せなかった僕に

ケアンズの街を車で案内してくれたり、ディナーに誘って

くれたりと、かなり親切にしてもらったケアンズの家族のような

存在だ。

 

 

家に行くジャッキーとオノの5歳の可愛らしい

娘のエリーがいつも僕に英語を教えてくれる。

elliy_cairns

 

英語のスペルをノートに書いてそのよこに絵で

説明を加えてくれるのだ。

 

僕は家にいくといつもエリーと話をしながら

のんびり暮らしていた。

 

英語を勉強する時に肝心なのはどれだけ外国人とすごす

時間を増やすのか?と言う事だ。

 

大人の英語はその人のクセが強くでてしまうので

子供のような純粋な英語の方が脳に入ってきやすい。

 

子供は大人のように難しい言い回しもあまりしないし

英語の発音にクセもないし、

5歳くらいの子になると発音もしっかりしてきている

ので会話から英語を勉強する時は小さい子と離す

事から始めて行く事をお勧めしている。

 

 

5歳の子に英語を教えてもらう

というのもそうそうバカにできない事なのである。

 

 

そんな事を気づかせてくれたケアンズをそろそろ

離れる事にする。

 

噂でケアンズからさらに南に下った所にある

バイロンベイと言う街の話を耳にしたからだ。

 

バイロンベイは海に飛出だ大陸の先にある

大都会と田舎のちょうど間のような雰囲気の町で

両サイドは海にはさまれており、アーティストが

集まる町らしい。

DSC_0023

 

直感的に僕が行くべき場所だと思った。

 

 

ケアンズでも絵を描いて様々な人と出会えたので

タイミングを見てバイロンベイへ行く事にした。

 

 

この後バイロンベイで絵の稼ぎ方を学ぶ事となる。

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ