緑色が人に与える心理を利用して絵を描く


風景がを描く時に絶対に必須な色と言えば緑。

 

僕の絵は2種類あるのだが世界とアート作品を
描いており、そのほとんどに緑を使っている。

 

ちなみに僕は色の中で緑が一番好きだ。

 

自然を象徴する緑を使った絵は人にどのように

心理的影響を与えるのか?

 

今回はその事についてまとめてみた。

 

中間色

冷たい、寒いなどの表現ができる青と

暖かい表現ができるオレンジや橙色のちょうど

中間に位置するのが緑色だ。

 

緑は見る人に山、草などの自然をイメージさせ、

比較的に刺激の少ない色でもある。

 

そして緑を好む人は安定を求め、

争いや面倒な事はさける傾向にある事が

心理学的にも証明されている。

 

実際僕も争い事は避けて生きてきたし、

これからも平和にのんびり暮らせるなら

それでいいと感じている。

 

リラックス、癒し

精神を落ち着かせる効力を持つ緑色は

見る人をリラックスさせ、心を癒してくれる

心理的効果がある。

 

よく部屋に観葉植物を置くと良いと聞くが

それは癒しの空間を求めている人が大多数であり、

これは絵でも同じ効果を得る事ができる。

 

僕も緑を使った作品を部屋に飾っているが

その効果は抜群だ。

 

成長

緑は草や森をイメージさせる色と冒頭でも話したが

植物は成長し続ける事から

「これからどう成長していくのか?」

と先を想像させる効果も秘めている。

 

人に何かしら想像させる絵を描きたいのなら

緑を使う事をお勧めしている。

 

主張しないが前に出る色

reefjob

 

色はポジティブなイメージもあるがネガティブを

連想させるイメージも持っている。

 

緑は穏やかで癒し、そして平和的なイメージを

連想させる反面、使い方によっては優柔不断や

未熟と言った受け身のイメージも兼ね備えている。

 

しかし絵の具で緑を使う場合少し違う。

 

絵の具の緑は主張はしないが他の色より

前に出てくるという効果がある。

 

前に出ると言う事は立体や3Dのような

絵を描きたい時にその力を発揮し、

なおかつ絵全体に馴染む色でもあるのだ。

 

まとめ

人が好む色には様々な心理が潜んでいるが、

それを知る事によって絵の表現にも役に立つ

ので何を描くのか迷う時はまず

色から選びそのイメージから連想される

ものを描くと良い。

 

あと絵を描く時に使い方によっは癒しの緑でも

奇妙な雰囲気を出してしまう場合がある。

 

例えば風景画の空を緑にしてしまうと

地球ではない異様な世界を連想させて

しまう事から普通の風景画の空に

緑は使用しないようにする。

 

しかし僕は自分の頭の中の世界を描いているので

こう言った場合の表現で使うのは良しとしている。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ