不思議な脳の仕組みを使って絵を描いた有名画家達


世界には凡人には真似できない不思議な能力を

持ちながら絵を描く画家が多数存在する。

 

彼らは見た風景を瞬時に目に焼き付け写真のように

細部まで忠実に描き上げる事ができる能力を持っている。

 

 

その脳の仕組みをつくり上げる原因が「サヴァン症候群」

と言われるいわば脳の発達障害であり、自閉症の一つと

されており障害者の2000人に一人の割合でこの症状が現れるらしい。

 

 

日常生活では服のボタンを閉めれないなどの

症状がみられるが絵を描く能力はずば抜けて

高い人が多いようだ。

 

そこで今回はそのサヴァン症候群と言われながら

絵を描き続ける画家の驚異的な能力を紹介しよう。

 

山下清

出展 otakarajoho.blog10.fc2.com
yamasitahonnin

日本で有名な画家と言えば山下清さん。

 

彼も見た景色を瞬時に記憶し、その風景を

見ずに忠実に再現できたと言う。

 

 

山下清さんの人生を描いたドラマで多くの人に

その名が知れわたり有名画家の仲間入りをはたした。

 

そのドラマは山下清さんが絵を描きながら日本各地を

旅した実話が題材となっている。
出展 www.tanabegarou.com
yamasitakiyosi-hanabi

 

僕も世界中を旅しながら画家の仕事をしているが

以前に「山下清みたいな事をしているね」

と言われた事があった。

 

 

 

今考えてみればまさにその通りである。

 

 

 

普段住み慣れた場所から離れる事で

新しい出会いや新しい風景、文化に触れる事で

日本では味わえない刺激を得る事となり

今では旅をしながら絵でお金を稼ぐ方法まで

発見してしまった。

 

山下清さんも日本の旅を鹿児島で終わらせ、

その後はヨーロッパを旅していたようだ。
出展 http://www.sagawa-artmuseum.or.jp
yamasitakiyosi-pari

 

彼のような能力をもった人間が日本とは

全く違う土地にいけば当然この世にはない

新しい作品を生み出す事ができる。

 

彼は水彩画だけではなく油絵や、貼り絵、

マジックペンなどで芸術をつくりあげてきた。

 

 

その細部まで繊細に表現された作品はまさに芸術だ。

 

ナディア

出展 plaza.rakuten.co.jp
nadiahorse

 

アメリカ出身で当時5歳の少女だったが彼女も

発達障害があり、8歳まで全く人とまともに話す事が

できなかった。

 

 

しかし彼女にも驚くべき能力が備わっていた。

 

 

一般的な5歳児の絵はまだ未熟で空間を把握していない

横から見た絵を描くのが普通だがナディアは

様々な角度から躍動感ある動物を描く事ができた。

 

 

 

 

これもサヴァン症候群の特徴であり、

日常生活の事では苦労したようだが

絵に関しては天才的な能力を発揮している。

 

 

 

 

彼女は馬が好きだったようで一度見た馬を

瞬時に目に焼き付け、描くのが一番難しい

走っている姿をいとも簡単に描き上げたと言う。
出展 plaza.rakuten.co.jp
nadiahourse2

 

現在はどうしているのか報道されていないので

不明ではあるが、この才能を生かして人生を歩んでいて

欲しいと願っている。

 

 

 

 

僕が5歳の時は絵を描いてはいたが

やはり一般的な子供と同じように

顔と体の腕と足のバランスがバラバラで

横から描いたような絵しか描く事ができなかった。

 

 

しかし専門学校に通ってから

ある特殊な動物の描き方を発見した。

 

 

描きたい動物をあらゆる角度から観察し

一度頭の中で「頭、体、手足」とパーツをバラバラにする。

 

そして自分の頭の中の世界に合う角度に

それぞれのパーツを動かしながら描けるようになった。

 

このオーストラリアからの依頼もその一つである。

SONY DSC

この方法で動物を描けるようになったのが

23歳の時だった。

 

 

しかし彼女はそれをわずか5歳にも関わらず

描き上げてしまう。

 

人間の能力とは不公平なものだ。

 

ジミー大西

出展 laughy.jp
jimi-honnin

 

芸人で画家と言う肩書きを持っている人と言えば

ジミー大西さん。

 

第一次漫才ブームが到来した時に

ビートたけしの元気がでるテレビなどで活躍して

芸人として知名度が高かったが、岡本太郎さんに

その絵の才能を見いだされ、画家の道を歩事となった。

 

世界中で個展を開き絵は一枚100万円以上で売れているようだ。
出展 laughy.jp
jimi-sakana

 

世界中を旅する時に日本の一般家庭にある

炊飯ジャーを持ち歩きながら世界各地を点々としていた。

 

 

 

年末のダウンタウンの笑ってはいけないシリーズや

旅猿などのテレビ番組で露出が増えるようになってきた。

 

 

 

その原因は借金があると本人が言っていた。

 

一枚100万円以上で絵が売れるにも関わらず

なぜ借金があるのか?

 

 

 

その原因は強すぎる性欲が原因であった。

 

 

 

稼いだお金をほぼすべて風俗に使っていたようで

お金がたまるどころか、借金までして通っていると

テレビ番組のインタビューで答えていた。

 

その個性あふれるキャラクターで再び

人気が爆発してきている。

 

彼の生き方は僕は尊敬できる所がある。

 

彼もサヴァン症候群と言われているようであり

テレビでもバカキャラで売っているようだが

海外に行き、日本語もままならない程の

語学力にもかかわらず海外で活躍している。
出展 matome.naver.jp
jimi-karahuru

 

海外で活躍したいが英語が話せなくて

外国人と話すのが怖いと言って行動できない

人は彼の生き方を学ぶ必要があると思う。

 

福島尚

出展 www.nhk.or.jp
hukusima-densya1

 

彼は電車が好きが講じて電車を中心に描いている絵描き。

 

 

その細部まで仕上げた作品は鉄道オタクも

驚愕するほどの作品となっている。

 

 

彼も自閉症を患っており、電車が走る風景を

一瞬みてその映像を記憶し、家に帰って

描いているのだが、光の表現や電車の汚れや

ホームの染みなども忠実に再現している。

 

その高い能力の素晴らしさがメディアに

取り上げられ、少しづつ彼の才能が

世の中に広がりをみせているようだ。
出展 livedoor.blogimg.jp
huusima-densya2

 

僕が思う彼の凄い所は独学で

絵のタッチを自分のものにし、ここまで

写真のようにリアルに描き上げてしまうと

いう所だと感じる。

 

たとえ写真を見ながら絵を描いたとしても

その写真をリアルにキャンパスの上に

表現できるスキルがなければこのような

事ができないのである。

 

彼の映像を瞬時に記憶する能力だけではなく、

その高い画力にも驚愕する。

 

世界を旅する画家のまとめ

hawaipainting

 

世界にはさらに不思議な能力をもった画家も

多数いるようだがまだ世の中には

広まっていないのかもしれない。

 

 

 

僕も小学校低学年の時から見る

夢の世界を描いている。

 

その世界を自由に飛び回る事ができるが

彼らのように細部まで忠実に再現できる

記憶の能力は持っていない。

 

 

 

なので世界を旅して様々な景色を

見る事によって僕の頭の中の世界にある

自然や建物をその景色と重ね合わせる事で

リアルに再現するように努力しているのだ。

 

もしも僕も彼らのような能力を

持っていればさらに僕の世界をリアルに

第三者に見せる事ができるのだが・・・

 

 

 

こればかりはどうしようもない。

 

 

 

どこにあるのかもわからない

僕の頭の中の世界を表現するのには

努力し続ける必要がある。

 

なので僕は一生かけて絵を描き続ける

断固たる決意をして画家の道を選んだのだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ