アムステルダムで路上パフォーマンスをしてお金を稼ぐ人達


holland_yado2

 

太陽の光がカーテンの隙間から
まぶたを照らし目が覚めた。

 

一緒の部屋で寝泊りしている
チェナーが「おはよう!コーヒー飲む?」
っと言ってキッチンでお湯を沸かしている。

 

 

チェナーはいとこのジェイクと
アメリカからアムステルダムに旅行にきていた。

 

 

「ジェイクは?」

っとたずねると部屋の外で
椅子に座りながらラジオを聞きながら
朝食を食べていると言う。

 

 

コーヒーを片手に部屋の外に出ると
雲一つない青空が飛び込んできた。

 

おはよう!
っとジェイクに挨拶を交わし、
今日は何をするの?っと他愛もない会話が始まる。

holland_heyanomae

 

 

 

これが僕の毎日の朝の習慣となっている。

 

 

好きな時間に起き、仕事に追われる事もなく
朝の時間をのんびり過ごす。

 

 

昼はアムステルダムの街で買い物や
観光をして新しい刺激を頭の中に叩き込み、
そこで得たインスピレーションを利用して絵を描く。

 

 

 

最近、のんびり遊びすぎて
絵は描いていたが、
お金を稼ぐ事をしていなかった。

 

 

そろそろお金を稼がないと・・・

 

 

 

この頃の僕のお金を稼ぐ手段は
バスキングと言われる路上でパフォーマンスを
する事がメインとなっていた。

 

 

 

ちなみに僕は旅をしながらライブペイント
をしてお金を稼いできた。

 

以前オーストラリアでもバスキング
お金を稼いで貯金もできた経験もあるので
物価が高いアムステルダムに長期滞在していても
全くお金の心配はしていない。

byronbay_gakakatudou1113

 

 

なぜなら街では数多くの路上パフォーマーが
バスキングをしてお金を稼いだからである。

 

その中のほとんどが音楽で勝負をしていたが、
僕の場ライブペイントをしている。

 

 

絵を描くパフォーマンスはあまり
やっている人がいないので数多くの
お客さんが立ち止まってくれるはずだ。

 

 

 

とりあえず中心街に行って下見をする事にした。

 

 

 

沢山のパフォーマーの中でこの人達が
一番うまかったし、お金を渡す人が
一番多かったように思う。

外国では何か一つ特技を持っていれば
生きる事は可能である。

 

 

 

とりあえずここでキャンパスを広げて

ライブペイントをしようと考えた。

 

が・・・

 

 

カバンの中を開けると絵具道具を

持ってくるのを忘れた事に気がついた。

 

 

今からとりに戻るのは面倒だったので

以前から鉛筆で描いていた絵の下書きを

路上に並べ、スケッチブックに鉛筆で

僕の世界を描いてライブペイントをし始めた。

sitagaki_1

 

ここで絵の路上パフォーマンスの強みが

でてくるのだが、絵を描いている最中に

立ち止まってくれたお客さんと会話をする事ができる。

 

 

 

 

このお客さんとの会話で

自分が何をやっているのか?

なぜ旅をしているのか?

絵の世界観は?

これからどんな活動をしていくのか?

 

このような事を相手に伝えるようにすると

大抵の人は頑張ってね!と絵を買っていってくれる。

 

 

例えそれが絵の下書きであってもだ。

 

 

 

 

この日は3時間絵を描いて3000円稼ぐ事となったが、

絵の下書きだけでこれだけ稼げれば上等である。

 

これにポストカードや、アクリル画などを

並べればもう少し売り上げがのびるだろう。

 

 

 

しかし、時給1000円程度の収入が入ると

確認できた事に満足した僕はこの日はこれ以上

稼ごうとは思わなかった。

 

 

 

 

日本では働かないとお金を稼ぐ事ができない

という思い込みが強い。

 

実は常識なんてものは誰もやっていない事に

挑戦すれば覆す事なんて簡単なのだ。

 

 

常識を破壊する事ができれば

誰でも画家になる事が可能である。

 

 

 

その後ライブペイントで稼いだお金で

お昼にコーヒーショップでランチを楽しむ事に。

 

 

 

 

実はここオランダのコーヒーショップでは

日本では考えられないものを購入する事ができる。

 

僕も最初は驚いたが、これが旅の醍醐味である。

 

 

日本とはまるで違う文化をかいま見たそれとは・・・

 

 

 

 

 

マリファナである。

holland_henptaikai

 

街中ではいたる所にマリファナショップがあり、

ジュースやクッキーなどが販売されている。

holland_kusajyues

 

 

 

実はオランダはマリファナが合法であり、

よくお昼休みにサラリーマンが公園で

プカプカ吸いながらのんびりしている

光景を見る事があった。

 

 

日本人に「マリファナのどこがいけないの?」

 

っと訪ねると多くの人は

幻覚を見るだとか、身体に悪影響がある

だとか言うのだが、それは覚せい剤などの

人工的につくられたものであり、マリファナでは

そのような減少は見られない。

 

それにオバマ大統領もマリファナより

アルコールの方が危険度が高いと公言していた。

 

中毒性は確実にタバコの方が高い。

 

 

しかし、アルコールもそうであるが、

マリファナは記憶力が低下する事も事実である。

 

 

 

 

 

そしてオランダ人の友人にこの事について

訪ねてみると「なぜタバコやアルコールが良くて

マリファナがダメなのか意味がわからない」

っと話してくれた。

 

 

そもそもなぜオランダではマリファナを

合法化しているのかと言うと、

覚せい剤やLSDなどの使用を押さえるためであり、

実際にその犯罪率は減っているようだ。

 

 

 

 

このような事を聞くと何が悪で何が正義

なのかわからなくなってくる。

 

 

 

それぞれの国によって考え方が違い、

人の捉え方によって良い事悪い事が

まったく違ってくる。

 

これは洗脳の一種なのではないかと僕は思う。

 

 

 

 

その国のトップがこれは良い事と

決めればそれは良い事になり、

それは悪い事となれば国民もその思想を

小さな頃からの教育で定着させられてしまい、

悪い事だと思い込んでしまう。

 

まさに洗脳である。

 

 

 

正義なのか悪なのかは自分の目で見て

確かめなければ真実は見えてこない場合もあり、

今考えている常識も実は世界的に見れば

非常識になるのかもしれないのだ。

 

 

 

っとは言え・・・

 

タバコもアルコールもマリファナも

もちろん覚せい剤も使用しない方が

身体に良いのは確実である。

 

なので良い子は何もしないように。

 

 

 

 

 

 

コーヒーショップを出て街を探検する事にした。

 

 

街の至る所にアートがあったりおもしろい事に遭遇したりと、

毎日探検しても飽きがこない。

 

 

 

 

サンタさんがスカートをはいた男の人を見ている。

holland_santa

 

男がスカートをはくなんて・・・

holland_ska-todansi

 

 

っと思うかもしれないが、

民族衣装なのか何なのかわからないが、

スカートをはいた男性を何度も目撃した。

 

 

小さな頃から女性はスカート、

男性はズボンをはくと教育された

日本社会では考えられない事である。

 

しかし、オランダではそれを変に思う人は

ほとんどいないようだ。

 

 

これも「男性がスカートをはくと気持ち悪い!」

っという洗脳の一種なのかもしれない。

 

 

一時期オシャレでスカートをはく

男子も現れたが、一瞬でいなくなってしまった。

 

やはりスカート男子が気持ち悪いという

日本人の価値観はいつまでも変わらないようだ。笑

 

 

 

 

 

 

PS.

なぜかオランダの写真がごっそり

削除されてしまっていた。

 

ライブペイントをした写真が

全て消えてしまって非常に残念だ。

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ