ダラダラした人達で溢れ帰る街!ザルツブルクへ向う旅!


数人の静かな寝息が微かに聞こえる暗闇の中、
彼らを起こさないようにロッカーから自分の
荷物を取り出し、次の旅への支度を始めていた。

 

昨日はハンガリーの駅構内で知り合った
イタリア人女性のキアラと一緒に
オーストリアの首都であるウィーンまで
電車で一緒に旅をしていた。

僕の目的地はザルツブルクという
オーストリアとドイツの国境付近にある街。

 

キアラはウィーンに彼氏がいるという事なので
駅でお別れをして、僕はそのままウィーンにある
一部屋を6人でシェアできる安宿に一泊して
早朝6時にザルツブルクへと向かう事にしたのだ。

 

大きなバックパックを背負い、
絵具道具と巨大な水彩紙のロールを
乗せたキャリーを引きながら宿の
チェックアウトを済ませ駅に向かった。

真っ暗で人気のなかった街並みは
朝日の光と共に少しずつ賑わいを見せ始め、
駅に到着する頃にはスーツを着たサラリーマンや
バックパックを背負った旅人達で溢れかえっていた。

 

昨日の夜、ウィーンから次の目的地である

ザルツブルクまで向かう電車を調べていると
WESTbahnという格安の電車予約サイトを発見した。

しかし、そのサイトは全てドイツ語で記載されており、
英語の翻訳がなかったので、何と書いているのか
理解できなかったため、全て入力項目を
感に頼って予約した。

 

本当に予約で出来ているのか心配だったが、
その会社の受付にいくと無事に電車のチケットを
手に入れる事ができた。

 

海外の旅をする前に言葉の壁や宿の心配をして
結局旅に出ないという人も数多くいる。

 

しかし、実際は旅にでてしまえば
何とかなるものなのである。

 

それでも、まだ旅が怖いという人は
こちらの記事を読んでおいて欲しい。

旅は怖くない!海外で絵を描く旅をして得した事とは?

 

チケットを手に入れてから1時間後に
電車が到着し、出発時間までかなり時間が
あったので駅の売店で食料とビールを
購入してから電車に乗り込んだ。

 

人でごった返す駅構内とはうらはらに
車内にはあまり人が乗っていない。

 

荷物を車内の荷物置き場に置いて
盗まれないように鍵で固定し、
チケットに書かれた自分の席に向かった。

 

僕の席の隣には、まだ朝の8時にも関わらず
すでに缶ビール3本をあけて顔が真っ赤に
なっている少し太った中年男性が座っていた。

 

彼の隣に座り、僕もさっき売店で購入した

缶ビールを袋から取り出すと中年男性は
親指を立てて「good」と言った。

 

どうやら陽気で人当たりの良さそうな
男性のようだ。

 

「何かビールのアテない?」

 

突然彼が英語で話しかけてきた。

 

僕もビールのあてに食べるものが欲しかったので
昼食用に買っておいた食料で、どこでもできる
簡単な格安旅人料理をふるまう事にした。

 

カバンからアーミーナイフを取り出すと
彼は興味津々でナイフを見ている。

その間に食材である
パン、シーチキン、ハム、野菜詰め合わせ、
トマト、を座席の前に設置されている
テーブルの上においた。

 

彼からナイフを返してもらい
まずはパンをカットする。

 

次にシーチキンをカットしたパンの間にのせる。

そしてハムをその上にかぶせるようにのせる。

それから詰め合わせ野菜を上において
その上からさらにチーズをのせると
チーズのベタベタした感じが
繋ぎの役割を果たす。

最後にニンニク味の塩を
上からふりかけて挟み、後はトマトを

口の中に入れてから一気にほうばりながら

ビールで一気に流し込む。

 

これは僕が旅の中であみだした
一番簡単でてっとり早い食事の取り方である。

 

彼もかなりこの簡単な旅料理を気に入ったようで
「美味い美味い」と言いながら
むさぼるように食べていた。

 

それから3時間経過し、
ようやくザルツブルクに到着した。

 

すっかり仲良くなった彼と駅でお別れをし、
僕はザルツブルクの街並みを堪能する事にした。

 

刺さるような太陽の日差しが容赦なく
僕の肌を焼いていく。

 

駅近くの公園に行くと暑さからか
だらけきった人達で溢れかえっていた。

 

別に何をするでもなく、ただただ

寝転がって暑さをしのいでいるようだ。

ザルツブルクには2日間だけ滞在する事にする予定。

 

この暑さでだらけきった街は
一体僕にどんな刺激を与えるのだろう・・・

 

そんな期待をしながら酔っ払った頭を
正常に戻すために、僕も彼らと同じように
ベンチに横になり昼寝をするのであった。

 

 

 

PS.
このザルツブルクでは思いがけない
災難に遭遇してしまった。

 

次回はその災難の話。

 

かなり辛かったが、今では
いい思い出になっている。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ