大虐殺から生まれたアートを見て今の時代に合わせた画家活動を考える。


 

何も知らされず、自分がこの先どうなるのかも

理解できないままこの世から抹殺された。

 

ナチスドイツに600万人のユダヤ人が

殺害されてから約80年の月日が流れ

今では嘘のように穏やか雰囲気が

流れているドイツのベルリン。

 

当時のユダヤ人は現在のような

当たり前の暮らしをする事ができず

殺される恐怖から逃れるように

身を隠しながら暮らしていたようだ。

 

 

僕は世界を旅しながら画家の仕事をしている。

 

自由がなければ生きていけない。

 

会社に就職して一生社会の歯車として

働くなんて事は絶対にできないと考えながら生きてきた。

 

 

そのワガママな正確が功を奏したのか

絵を描いて旅をしながらな収入を得て

生きていく事ができるまでに成長する事ができたのだ。

 

 

 

そんな社会不適合者の僕が

もしもこの時代にユダヤ人として生まれていたら

どのような人間になっていたのだろう・・・

 

 

 

隠れて生きる事に必死で

絵なんて描く暇もなかったかもしれない。

 

 

 

ベルリンの街で何か新しい刺激を求めて

探検していた時に四角い石が均等に並べられた

場所を偶然発見した。

 

後で調べてみるとここは虐殺されたユダヤ人のために

建設されたホロコースト記念碑だという。

 

 

全体を見ると墓石が普通に並んでいるように見えるのだが、

少し窪んだ地面に高さが異なる墓石を埋込む事で

奥に入っていくにつれて墓石の高さが

高くなるようにできており、この中を歩いていると

まるで違った世界観を垣間見る事ができる。

 

まさにアート空間であった。

 

 

 

僕は旅をする時はその街に何が

あるのかを調べずに訪れるという

スタイルをとっているので

このような場所を自分で発見する事で

旅をさらに楽しむ事ができる。

 

 

そして余計な情報を入れない事で

シンプルにその場のアート空間を楽しみ、

それをこれから描く絵に反映させる。

 

それが僕の絵を描く時のスタイルなのだ。

 

 

 

 

 

このホロコースト記念碑を訪れて

今の時代に生まれた事がどれだけ

幸せな事なのかを感じる事ができた。

 

当時にはなかったインターネットを

使う事が当たり前の世の中になっており、

どこの国に滞在していてもインターネットさえあれば

他国に住んでいる人からの依頼にも応える事ができる時代。

 

 

今の時代を生きている人は

それだけでもかなり運が良いと思うのだが、

その事に気づかないまま画家活動を続けている人がかなり多い。

 

 

「インターネットなら使っている!」

 

っという人もいると思うのだが、

根本的に活動方法が間違っている人が

かなり多いので結果がでないのである。

 

 

得に日本は画家になる事が難しいと言われており、

普通の活動方法では成功する確立はかなり低い。

 

 

 

なぜ日本で画家活動をしている人は

王道の道しか歩まないのか?

 

 

「個展をして一発逆転」

 

「どこかの会社に拾われて絵の仕事を頂く」

 

 

このような王道の道を行くより

海外では常識的とされる活動方法を取り入れた方が

今後の生活にも安定をもたらすというのに。

 

本気で画家を目指すならまず

第3者に頼ってばかりの活動方法ではなく

自分自信で絵の仕事を構築する事を考えなければならない。

 

 

しかし、今の日本ではその考えにすら到達する事は難しい。

 

 

 

 

 

なぜならその正しい画家活動の方法を

教える環境が整っていないからである。

 

 

 

なので海外では常識的な活動方法でも

日本人からすれば「本当にそんな方法あるの?」

っというような認識になってしまう事が

本当にもったいない。

 

 

まずはその日本人の常識を覆すためにも

旅にでて海外の常識を勉強する事も必要だと思う。

 

 

 

画家になるのに固定概念ほど邪魔になるものはない。

 

 

情報と知識は画家にとって最強の武器になりうるのだ。

 

 

ちなみにその方法はここで説明すれば

長くなるのでZiNARTメールマガジンを

読んでくれている人にだけ順序よくお伝えしている。

 

 

海外に出て学ぶ事を恐れている人のために

僕の経験して得た知識全てをそこで語っている。

 

 

 

 

 

 

PS.

ベルリンの街は歩いているだけで

様々なアートを見る事ができる。

 

やはりヨーロッパは芸術に関心が強く、

日本と比べても絵画などの価値観が

全くと言っていいほど違う事がわかる。

 

 

それに日本人は固定概念が強く

新しい文化をなかなか受け入れる事はできない。

 

例えばタトゥー。

 

最近では少しずつタトゥーはヤクザがするものと

いう概念から若者のファッションとして

取り入れられるものという認識がでてきたようだが、

それでもまだまだ日本の社会ではあまり

受け入れられているといった感じではない。

 

 

この新しい概念を吸収して取り入れなければ

いつまで経っても今の日本では画家になる事が

難しいと言われ続ける風潮を取り払う事はできないだろう。

 

 

っとそんな事を考えながらベルリンの街並を見ながら

昼からビールを飲んで過ごしていた。

 

やはり旅は楽しい。

 

自分が知らなかった事を知る事ができ、

そして自分の中の固定概念をいとも簡単に

打ち砕く事ができるからだ。

 

 

そこから新しい発想や考え方、

そしてこれからの刺激的な活動方法など

様々なアイデアがうかんでくる。

 

 

もしも今画家活動をしていて

行き詰まっているのなら一度

思い切って海外一人旅を

してみてはどうだろうか?

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ