世界を旅する画家が一番刺激を感じた国とは?


belgium_mejibunn

 

世界を周りながら画家の仕事をしているからか
「どこの国が一番良かった?」
っという質問をしてくる人がかなり多い。

 

そこで僕は必ずこう言う・・・

 

「間違いなく一番はオランダだ」

 

 

 

今まで行ったどこの国よりも
オランダは本当に最高だった。

 

 

街並も最高だが、オランダで売っている

とあるボードゲームにも心を奪われたり、

日本では違法なものも普通に販売されていたり・・・

 

 

 

物価は高い国ではあるが、
日本自体が物価の高い国なので
日本とそれほど変わらない。

 

 

安くで宿を探せば3000円弱で
泊まれる場所がある。

 

 

そしてオランダでは日本人が考えられないような
常識やカルチャーショックが隠されていた。

 

 

オランダに行く前はベルギーで友人の
ジュリアンの家に長く滞在させてもらっていたが、
とうとうベルギーを離れる事になった。

Belgiumfriend

 

次の目的地はオランダのアムステルダム。

ベルギーでは本当に毎日充実した日々を過ごす事ができ、
ジュリアンにもかなりお世話になった。

belgium_jyurianto

 

またいつの日か日本で再開しようと約束し、
僕はブリュッセルからアムステルダムまで
バスで向かう事に。

 

ヨーロッパはシェンゲン協定が結ばれているため

国境を超える時難しい入国審査などのようなものはない。

 

 

なのでブリュッセルからアムステルダム行きの
バスチケットを購入すれば後は3時間バスに乗るだけで
隣の国オランダへと到着してしまう。

 

 

 

オランダについてすぐに宿探しをする事にしたが、
どこでもWi-Fiが飛んでいたので直ぐに
安い宿を発見する事ができた。

 

 

僕の滞在する場所は
アムステルダムから電車で15分程度の所にある
ラッキーレイクという宿に泊まる。

holland_yado1

 

安宿ではあるが、かなり清潔で
中も広々としている。

 

さらにこの宿には他にはない
特典のような場所がついているのだが、
それはまた次の機会に語っていこうと思う。

 

 

 

ラッキーレイクの部屋に荷物を置いて
僕はそのままアムステルダムの街を
探検する事にした。

 

 

電車の改札はなぜかオープンになっている。

holland_akeppa

 

一応チケットは購入したが、
何もしないでも通る事ができた。

 

チケットの意味?

 

っと思いながらも初めての街を

探検できる事に心が踊る。

 

 

旅人は若い人が多いと言われているが、
常に新しい土地へと移動しているため、
脳内で若返りホルモンがでるらしいと
以前何かの本で読んだ事がある。

 

 

僕も実年齢より若く見られる事の方が多かった。

 

 

若さをキープしたいのなら
旅にでる事をおすすめする。

 

 

ようやくアムステルダムの街へと
到着し、街の美しさに感動した。

holland_unga3

 

どこを見てもアートである。

holland_unga1

 

街もオシャレで売っているものも
見たことないものばかりだった。

 

 

特に興味深かったのがこちらのボードゲーム。

holland_boardgame2

 

これはまだ日本では販売されていないのか
見た事はなかったのだが一瞬で虜にされてしまった。

holland_boardgame3

 

簡単に説明すれば戦争のようなもの。

 

しかもこのステージはいくつもデザインがあり、

その繊細でリアルな作りに圧倒された。

holland_boardgame1

 

サイコロを振って出た目の数だけ
メジャーで計ってコマを移動させる。

holland_koma2

 

そして相手のボスを倒したら勝ちのようだ。

holland_koma1

 

これは日本で転売すれば確実に売れる。

holland_koma3

 

っと言うよりお土産で買って帰りたかったが
これからの旅の荷物になるし、その前に
これからどれだけの出費があるのか
全く予想できなかったので出来るだけ
節約しなければならなかったため
次回アムステルダムを訪れた時に
購入しようと決めた。

 

 

断言して言おう。

 

 

これを日本に持ち込めば確実に流行るだろう。

 

 

海外ではまだまだ見たことがない物が
山のようにあるがここアムステルダムは
その見たこともないものや景色が
街中に溢れていた。

 

 

例えばこれ。

holland_unga2

 

ただの船だと思う人も多いかと思うが
実はこれは家として使っている。

 

 

アムステルダムは街の中を
いくつもの運河が十字に流れているが
どこに行ってもこの船が浮かんでいる。

 

 

 

川岸に船を固定して揺れないようにして
キッチンやお風呂、トイレなどの完備も
万全なので普通に住む事ができる。

 

噂で聞いたがこの船のホテルもあるようだ。

 

オランダはオシャレで
画家にとって最高の刺激を数多く
いただけるとっておきの場所だと言える。

holland_mschinami

 

 

 

お腹が空いたので何か食べようと街を
ブラブラ歩いているとこんなものを発見した。

holland_jidoubaga2

 

これが何かおわかりだろうか?

 

 

これはハンバーガーの自動販売機である。

holland_jidoubaga1

 

日本のジュースの自動販売機のように
同じ容量でコインを入れてボタンを押せば
アツアツのハンバーガーが手軽に食べる事ができる。

 

 

なおかつ美味しい。

 

 

これは是非日本でも設置していただきたい。

 

 

この国にいれば有り余る程のアイデアと
新しい作品を生み出せるのではないだろうか?

 

画家やアーティストは絶対に
アムステルダムに行くべきだと
心底感じた1日であった。

 

 

あとさらにショッキングな日本では
考えられないカルチャーショックを
2つ発見してしまった。

 

しかし、それは次回の記事で書いていこうと思う。

 

 

 

 

PS.
ちなみに僕はオランダで画家活動をしていたが、
なぜかハードディスクの写真が消えてしまった。

 

なので写真はないがこの後鉛筆で
僕の頭の中の世界を描いてオーストラリアの
時のように絵で収入を発生させた。

 

アムステルダムは歩いているだけで
多くの刺激をもらえる街・・・

 

 

オランダは大道芸人も数多くいたので
オーストラリアの次にアートで
稼げる国なのかもしれない。

 

あと面白い人にも1日1回は遭遇する事になる。

 

 

そんな楽しい国オランダに僕は

3週間滞在する事にした。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ