ドイツでバスキングするなら日本人の特性を活かすべき理由


「ZiNこれカッコイイだろ!」

 

洗面所で歯磨きをしていると、鏡越しに

上半身裸のフィリックスが首に銀のネックレスを

つけて「自慢のネックレスを見てくれ!」

と言わんばかりの自身満々の顔で話しかけてきた。

 

よく見ると漢字で"羊"と一文字だけ

書かれたシンプルなデザインだ。

 

「カッコイイだろ!ZiNが来る少し前に買ったんだ!」

 

「・・・何で羊?」

 

「??・・ひつじ?」

 

「それは日本語の漢字で羊って意味やけど・・・

知らずに買ったの?」

 

「マジ!?形に一目惚れして買ってしまった・・・」

 

「いくら?」

 

「3800円くらい・・・」

 

「アホやー!!」

 

少し落ち込んだ事を隠すように半笑いの

フィリックスは、そのままお出かけ用の

服装に着替えると、何事もなかったように

自慢のネックレスをテーブルの上に置いた。

 

今日はミュンヘンの街を案内してくれるようだ。

 

まず最初に中心街にあるウインナーが

美味しいレストランで昼食をとる事にした。

薄い膜に包まれた真っ白なウインナーに

このお店の特性ソースを絡めながら

口に運び、そのままドイツビールで

一気に流し込む。

ドイツのウインナーは本当に美味しい。

 

フィリックスが言うには薄い皮も

はいでから食べるのがドイツ流のようだ。

 

「漢字ってカッコイイよね」

 

ネックレスの事を引きずっているのか

無意識なのかわからないが、フィリックスが

仕切りに漢字について質問をしてきた。

 

「日本人って中国語も読めるの?」

 

「中国語は世界で一番難しい言語だし

日本語とは全然違うから読めないよ」

 

「これは何て意味なのかわかる?」

 

そう言うとスマホのメモに書かれていた

中国語のシェンシェ(謝々)という文字を見せてきた。

 

「これは中国語でありがとうって意味!

日本語じゃないよ!」

 

「中国語なら何で日本人もわかるの?」

 

「シェンシェって言葉がありがとうって意味なのは

ほとんどの日本人が知ってるからね!でも他の言葉は

全然理解でききないよ〜」

 

「シェンシェって漢字にはそれぞれ

どんな意味があるの?」

 

「・・・謝る謝る」

 

「ゴメンなさいなのに何でありがとうなの?」

 

「そう言えばそうやな〜・・・何でゴメンなさいが

ありがとうになるんかな?」

 

「何で日本語では謝るなのに

中国語ではありがとうなの?」

 

次々と漢字について質問してくるフィリックスに

正しい答えを出す事が出来ずにいた。

 

フィリックスは本当に漢字が好きなようだ。

 

 

「日本人や中国人ってお金に困る事ないよね!」

 

「何で??」

 

「外国人は本当に漢字が好きだから

それを書ける日本人や中国人はバスキングで

漢字を書いて売ればかなりいい商売になるからね!」

 

 

 

確かに僕もこれまでの世界の旅の中で

出会った人達に漢字の当て字を書いて

あげるとそのかなり喜んでくれた。

僕の描く絵は世界観の方が重要で

漢字を入れる事はない。

 

しかし、確かにお金を稼ぐ事が目的の人なら

絵の中に漢字を組み込んだメッセージを

書いてもいいし、書道なんてしている人は

バスキングだけでもかなり稼げると思う。

 

オーストラリアのメルボルンや

パースでは1日で10万円くらい

稼げるなんて話もある。

 

日本でお金に困っている人は

海外で漢字を利用したパフォーマンスを

すればかなり稼げる事は間違いない。

「ZiNもあれだけ凄い絵描けるんだから

漢字も混ぜて販売したらいいのに!」

 

「いや〜いいアイデアではあるけど

それはやらないかな。本当に伝えたい事に

ブレが生じてしまうからね!」

 

僕は小学校低学年の時から深い眠りにつくと

見た事もない世界を飛び回る夢を見る。

その世界を皆に伝えたいと言う事と

あともう一つ、絵の中に込めた

未来へ向けたメッセージを残し、

200年後300年後の未来に伝えたい事がある。

 

それをするのに誰でも読める漢字を組み込んも

意味がないのだ。

 

今生きている人間にはこの意味が

わからないと思うので詳しくは説明しない。

 

僕には僕と未来の人間にしか

理解出来ない大きな秘密がある。

 

それを伝えるために

今絵の中に暗号を組み込んでいるのである。

漢字についての質問ラッシュも終わり、

ようやくフィリックスにミュンヘンの街を

案内してもらう事に。

ミュンヘンではバスキングが盛んにされている。

 

オーストラリアやアメリカなどの国では

ギターでバスキングをする人が多いが

ヨーロッパはチェロやバイオリンなどの

バスキングをよく目にした。

絵を描いてライブペイントを

している人は一人も見た事が

なかったので狙い目だと思う。

 

ちなみに、これまでバスキングを

するならオーストラリアをお勧めして

いたが、最近ではヨーロッパをお勧めしている。

 

その理由はこちら。

絵で食べていくためにAUSに出稼ぎに行く人が増えた件

バスキングを一通り観察してから

次はミュンヘンを一望できる高台に登った。

そしてヨーロッパでも珍しい白の協会。

この旅で死なないよう祈りを捧げてきた。

メッセージも残したのでミュンヘンにいく人は

もしかすると僕の書いたメッセージを

読めるかもしれない。

海外に友人がいると旅も充実すると

画家活動の基盤となる人との出会いも

増えていく事になる。

 

結局、画家になりたい場合は

人と人との繋がりを濃密なものに

できる人でないとやっていけないのだ。

 

これからも世界で出会った人や

この世界画家旅人で出会ったアーティストの

人達と一緒に歩んでいければなと思う。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ