右乳を触ると願いが叶うミュンヘンの旅


ミュンヘンのマリエン広場の入り口付近にある
女性像の右乳に手をあてながらフィリックスが言った。

 

「右乳だけ色変わってるだろ?これ皆が触るからだよ!」

 

「何で触るの?」

 

「右乳を触ると願いが叶うと言われているんだ!
俺も何回も触ってるよ」

 

そう言いながらフィリックスは女性像の
右乳をなでるように触っている。

 

「それでフィリックスの願いは叶ったの?」

 

「まぁ叶ったり叶わなかったりの繰り返しかな!」

 

満面の笑みでそう僕に言いながら
次は僕の番だという事を顔の表情だけで
伝えてきているを感じた。

 

 

この時の僕の将来の目標としては
まずは画家として生活できるようになり
外国人と恋愛して結婚してハーフの
子供を授かり、毎日南の島のビーチで
絵を描いて何不自由なく過ごすという
大きな夢があった。

しかし、それはいくら何でも欲張りすぎだと思い、
まずはこの旅の間に叶う簡単なお願い事をした。

 

「死にたくない死にたくない死にたくない」

 

目をつぶり、右乳に手をあて、
小さくつぶやきながら願いを込める。

 

 

目を開けるとフィリックスが笑いながら
スマホで動画を撮影していた。

 

胸を触りながら生きる事に必死の日本人の
その光景が何とも奇妙でおかしかったのだろう。

 

「おい!変なとこ撮んなよ!」

 

僕がそう言うとフィリックスはそのまま
笑いながら走り出したので、僕もその後を
追いかけていった。

 

ミュンヘンの街は観光客で
ごった返している。

 

その人の群れの間を縫うように
進んでいくとフィリックスが急に
立ち止まった。

 

「ZiNあの人達見てみ!凄いから!」

 

そこにはチェロを奏でる4人組がいた。

僕は音楽の事については
あまり詳しくはないが、
そのパフォーマンスの凄さは
素人の目からしても明らかに
クオリティーの高いものだとわかる。

 

「この人達は毎日ここで路上パフォーマンスしてて
結構有名な人達だよ!凄いだろ!」

 

フィリックスは自慢げにそう言うと
財布からコインを取り出しチェロを
入れるケースに投げ込んだ。

 

 

周りにいた観光客も次々とお金を入れていく。

 

 

僕もコインを投げ入れにいくと
ケースの中には思った以上に多くの
コインや札束が無造作に散らばっていた。

 

日本では人通りの多い路上で勝手に
パフォーマンスをしていると
警察が来て止められてしまう事の方が多い。

 

それをフィリックスに話すと
ヨーロッパだとこれだけで
生活している人は何万人も存在すると言う。

 

 

やはり海外は圧倒的なパフォーマンス能力を
持っているとそれだけで十分生活する事が

できるし、実際この時すでに僕も

ライブペイントをしていれば海外でなら

普通に生活する事ができるようになっていた。

 

今ではこれまでの経験を生かし

日本でも画家として生活し、

家庭を持つ事ができるまでに

成長したが、それもこれも海外での

画家活動で認められてきた事が

かなり大きい。

 

ちなみに海外で認められる方法については

こちらで語っている。

外国で絵を描いて認めてもらうには?経験談とその方法を語る

 

「ZiNビール飲みたいだろ?
ビールを飲むのに最高の場所があるから
そこで飲もうよ!」

 

「いいね!飲もう飲もう!」

 

水分の代わりにビールを飲むほど
ビール好きな僕からすれば
『ビールを飲むのに最高の場所』
と言ううたい文句には心が踊る。

 

そこはヴィクトアーリエンマルクト
という広い公園内にテーブルを並べられた
シンプルな場所だったが、すでに多くの
酔っ払い達で埋め尽くされていた。

「ビール買ってくるからZiNはここに
座ってて!」

 

「お金渡すからちょっと待って!」

 

「いいよそんなの!」

 

そう言って人混みに消えていくフィリックス。

 

しばらくすると右手に2本のビールジョッキ
を持ち、左手にはヴィクトアーリエンマルクト
の名物であるパンを買って帰ってきて
僕の正面に座り、ビールを手渡してくれた。

「ZiNとの再会に乾杯〜!!」

 

ジョッキをカチンと勢いよく
ぶつけ合い、オーストラリアでの
出会いに感謝しながら二人同時に
ビールを口に運ぶ。

 

シュワシュワした気泡の塊が
口の奥にたまり、それを後から
やって来るビールがかき消すように

一気に流れ込んでくる。

 

この感覚がたまらず二人して
「ああ”〜」っと声に出す。

 

「ホンマに最高!!」

 

僕がそう言うとまたもや
フィリックスは自慢げに言う。

 

「ここいい場所だろ!俺は毎日きてるけどね!」

 

「いいな〜ここ〜!ミュンヘン滞在する間は
毎日来るわ!フィリックスが仕事してる間は
多分ここで一人で飲んでると思う!」

 

「俺の友達と飲みにくれば?
今から兄貴とその友達呼ぶから
仲良くなればいいじゃん!紹介するよ!」

 

それからフィリックスの兄が
来る間に二人でビールを飲みながら
これまでの旅の話をしていた。

 

会話に夢中になっていると
いつの間にか日も落ち、
あたりは祭りのような
賑わいをみせていた。

 

すると突然フィリックスが立ち上がり、
「ヘーイ!こっち!!」っと言い
兄貴とその友達5人が合流した。

 

改めて皆で乾杯をし、
これまでの事やフィリックスとの出会い、
画家になるために世界中を旅している事
など様々な事を語っていたが、そんな時に
ある事に気がついた。

 

ドイツ人はドイツ語を話すが
その場にいる皆の会話は
英語で話しているという事。

 

その会話に僕が入っていなくても
隣で聞き耳を立てていると英語で
話している事が不思議だったので質問した。

 

 

「皆なんで英語で話してるの?
普段も英語で話すの?」

 

「まぁ深くは考えないけど
ドイツ語を話せない人が一人でも
いると仲間はずれのような感覚に

なるかもしれないから皆、自然と

英語での会話になるんじゃないかな?」

 

 

日本人なら外国人がいる場合なら
皆英語で話すが、内々の会話なら
たとえそこに外国人がいたとしても
日本語で話してしまう事の方が多い。

 

ドイツ人は優しい人が多く、
どこか日本人と似ている所があると
感じていたが、ドイツ人は日本人と
同様に周りに気を配る習慣がある。

 

 

それを皆、同時に自然としてしまえる
所にドイツ人の良さを感じた。

 

「ドイツ人ってホンマに優しい人多いな〜!」

 

僕が酔っ払いながらそう言うと

 

「日本人もいい人多いよ〜!」

 

っと言ってくれて、初対面ではあるが
かなり打ち解ける事が出来た。

 

 

そしてこの出会いもまた後に
僕の画家活動にとって必要不可欠な
繋がりを生み出す事になるのだが、

それはまだまだ先の話。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ