集団鬱状態!ホルトバージ国立公園で異様な光景を目撃した画家の旅



一定の間隔で放置されたように転がる
丸い大きな藁の塊が僕の視界の左から右に
通り過ぎていき、その景色の向こうの空は
地平線に広がる雲を交えながら少しずつ
白から青へと染まっていた。

 

ガタガタと揺れるバスの車内で
コーヒーを飲みながら目的地まで
景色を楽しみつつ、僕はハンガリーの
大平原、ホルトバージ国立公園へと向かっていた。

 

「この辺で見た方が良い景色は何かありますか?」

 

今朝、目覚めてからリビングで
コーヒーとパンを食べながら今
泊まっているエベスの町の一軒家の
ような宿を切り盛りしているお姉さんに尋ねた。

 

「ホルトバジールは絶対行った方が良いよ!」

 

いつもは物静かで冷静なお姉さんなのだが、
ホルトバージを勧める時の表情からは
本当にそこに行って欲しいという感情が
溢れ出していた。

 

それを感じ取った僕は素直にホルトバージへと
向かう事にしたのだ。

 

 

エベスの田舎町から電車で一駅の所にある
デブレツェンからバスに乗り換えて
約40分で到着し、そのままホルトバージに
ある動物園へと直行する事にした。

 

 

そこは見渡す限りの大平原が広がっている。

土色の芝生が景色の向こうまで続き、
それと空の色が相まって清々しいほど
爽やかで綺麗な光景が広がっていた。

 

優しく頬を撫でるような柔らかい風にのった
乾いた藁の香りが、尽きる事なく僕のまわりを
取りかこみ、そして通り過ぎていく。

 

 

国立公園なので人が観光客が沢山いると
想像していたが、それとは裏腹に大草原には
僕意外の人間がいる気配がない。

宿のお姉さんの話ではここで
カウボーイが投げ縄で牛を捕まえる所を
見る事ができるという話だったのだが、
カウボーイどころか人っ子1人いない。

 

いるのは一心不乱に藁を食べる牛。


太陽の光を遮るために体を泥水で
コーティングしている牛。


する事がなくて寝転がりながら
ただボーッとしている牛・・・

期待していた光景を見る事ができないと
悟った僕は動物園を出た後、当てもなく
ただひたすら広い敷地内を歩きまわっていた。

 

この旅では僕の頭の中の世界を
さらにクリアにするため、そして
それを絵に描き移す目的がある。

 

僕が描く絵というのは小学校低学年の頃から
見ていた不思議な夢の世界。

 

深い眠りにつく時だけその夢の
中をと飛び回る事が出来ていたのだが、
眠りから覚めるとその景色の記憶が
曖昧になり、鮮明に思い出す事ができずにいた。

 

 

しかし、ある日、日本最西端の
与那国島にある海底遺跡の絶景を見た時に
その景色と近い夢の中の景色の記憶が
蘇る事を知った。

 

それからというもの頭の中の景色を
鮮明にするためにこの世界一周の
旅にでる事にしたのだ。

 

 

 

しかし、ここホルトバージ国立公園では
夢の中の世界と重なる場所がなかったためか
そのような景色の記憶が蘇る事はなかった。

 

いくら各国の絶景を見ても
夢の中で見ていない景色は蘇る事はない。

 

「ここも外れか・・・」

 

そう呟きながら当てもなく歩き続けていると
いつの間にか目の前に広大な向日葵畑が広がっていた。

「うわ!凄い!こんなに広い向日葵畑初めて見た!」

 

隙間なく咲く向日葵はまるで地面から盛り上がった
もう一つの黄色い大地を作り上げているようだった。

 

しかし、それに向かって少しずつ
近づいていくにつれて僕はその異様な
光景に気がついた。

 

向日葵とは太陽の方向を向いて咲くから
向日葵と呼ばれているのだ。

 

勉強をしてこなかった僕でも
それくらいの常識なら知っている。

 

しかし、そこで見た光景は僕の常識を
いとも簡単に打ち砕く事となる。

 

「しつこいな、もうええって・・・」

 

そこにある全ての向日葵が下を向きながら
そう言っているように思えた。

雨がほとんど降らず、太陽の光が
止めどなく刺さる日々に向日葵も
参っていたのかもしれない。

 

その集団鬱状態の向日葵畑にそって
歩いていくと今度は馬が放し飼いに
されている牧場へと到着した。

 

優しい目と何を考えているのか
わからない表情に癒される。

「いつか馬を飼って大草原を走りまわりたいな〜」

 

そんな事を思いながら、それから
数時間、馬と戯れているといつのまにか
西の空がオレンジ色に染まっていた。

ホルトバージ国立公園は素晴らしい所ではあるが
夢の世界と関連するものを得る事が出来なかったので
もうここに来る事は2度とないだろう。

 

そんな訳でここに来た証明として
記念写真を撮る事にした。

 

イメージとしてはブルースリーが
カッコよく空中でキックを放っているような写真、
そしてドラゴンボールの元気玉を放っている
自分の姿を撮影したかったのだが、
中々タイミングと位置が合わない。

 

その間もどんどん夕日が沈んでいくため
タイムリミットは刻一刻と迫っていた。

 

必死に何度も何度も飛び跳ねる。

そんな僕の姿を藁で出来たおっさんとおばさんが
穏やかな表情で見つめていた。

 

 

PS.

次回はハンガリーのバスキング事情について

小説風に記事を書こうと思う。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ