変な路上パフォーマーが逮捕された瞬間を目撃した。


絵具道具、キャンパス、水彩紙、
あと大きなバックバック。

 

 

これが僕の全ての持ち物だ。

 

僕は世界を旅する画家。

 

オランダのアムステルダムに長く滞在していたが、
もうそろそろ次の旅に出発しようかと考えていた。

 

 

アムステルダムの外れにある
ラッキーレイクに3週間滞在しており、
同じ部屋に一緒に泊まっていた
ジェイクとチェナーとすっかり仲良くなっていた。

 

 

一人旅をしていてもこのような出会いが
あるので全く孤独とは無縁の旅が続いている。

 

 

 

外国人と一瞬で仲良くなる方法

については上の記事で詳しく

書いているので読んでおいて欲しい。

 

せっかく仲良くなったのだが別れは必ず訪れるもの。

 

 

 

寂しさはあるが世界を旅しながら画家として
活動していればいつかまた会えるだろう。

 

 

 

今日で最後のアムステルダムを
満喫しようと僕は街にでた。

 

アムステルダムでは路上でパフォーマンスを
してお金を稼いでいる人が大勢いる。

 

 

音楽、スプレーアート、ピエロ、大道芸・・・

 

 

それぞれジャンルは違うが皆堂々と
パフォーマンスをしてお客さんから収入を得ている。

 

 

そして僕はアムステルダムでは基本的に
ライブペイントをして収入を得ていた。

 

音楽を流しながら路上で絵を描いているだけで
お客さんは興味を持ち僕に話しかけてくるからだ。

 

 

すっかり海外で絵を描いてお金を稼ぐ方法も

見についてしまったったが、この日は

アムステルダム最後の夜だったので

街の散歩を楽しむ事にした。

 

アムステルダムでは夜になるにつれ

パフォーマーの数がどんどん増えていった。

 

 

その中でも一番おもしろかったのが、

レストランの前でパフォーマンスを

している一人の男。

 

 

彼は両手を広げながらレストランの前で何やら叫んでいた。

 

そして何故かレストランの壁からのびている

ホースからたまに水が噴射する。

 

 

男はそのホースの前に立ちながら

「オーゴッド!!」っと叫びながら

顔面に水の噴射を受けていた。

 

地面に這い蹲り「オーゴッド!!」っと叫んでいる。

 

 

観光客も何だこのパフォーマンスは!?

っと思ったのだろう・・・

 

 

その男のまわりに人だかりができてきた。

 

皆も何をしているのか意味がわからないので

笑ってその男を見ていた。

 

 

すると僕の背後から「ウゥ~!!!」

っというような音が聞こえて振り返ってみると

そこに5人の警察が駆け込んできて

その男を取り押さえた。

 

 

彼はパフォーマーではなく、

レストランのオーナーともめてただ叫んでいたようだ。

 

 

目の前で逮捕されている人を見るのは始めてだったが、

何故かおもしろかった。

 

警察も観光客も白い歯を見せて笑っている。

 

 

 

オランダは本当におもしろい人が多い国だ。

 

一度行けば何度でも訪れたい国である。

 

 

そんな愉快な国も明日で終わり。

 

次はドイツに向かう事にする。

 

 

 

以前オーストラリアを旅していた時に

ドイツ人の友人が沢山できたので彼らを頼って

ドイツの旅を充実させようと思う。

 

 

やはり一人旅は最高だ。

 

 

旅に出れば100%出会いがある。

 

その出会いはこの先の人生に大きな影響を与える事となる。

 

 

今回の世界の旅も今までどれだけ

友人に助けられた事だろう・・・

 

 

一人で行くのが不安と言っている人は

ただの食わず嫌いであり、一度行ってみれば

楽しくてやめられなくなる。

 

それに海外では様々な事を学ぶ事ができる。

 

例えば英語。

 

 

 

僕は旅の最初は本当に英語を1ミリも話す事ができなかったが、

外国人と過ごす内に自然と英語を話せるようになった。

 

もちろん勉強もしたが、

やはり実践が一番身につく事を肌で感じとれた。

 

 

今、もしも海外で活動してみたいけど

怖くて勇気がでないと言うのなら、

国内の小旅行からでもいいので

一人旅の楽しさを知る所から

始めてみてはいかがだろうか?

 

 

きっとそこでも素晴らしい出会いが訪れるはずである。

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ