フォッカの一気飲みはドイツ人の友情の証


雲一つない空の上を太陽が少しづつ登る。

 

建物の影と入れ替わるように

太陽の光が街を覆い尽くしていく。

 

時間が経つにつれて、スーツを着こなした

サラリーマンが駅に向かって歩く姿が多くなってきた。

 

ブランド物なのかどうか僕には一目で

判断はできないのだが、外国人がスーツを

着ると様になり、例えそれが安っぽい生地の

スーツでも僕の目からすれば高級に見えてしまう。

 

僕は駅に設置されていたベンチに座り、

コーヒーを飲みながらこれから仕事へと

向かう彼らを横目に、これからの旅の

計画を練っていた。

 

これからミュンヘンへ向かう事になる。

 

ミュンヘンにはオーストラリアを旅していた

時に仲良くなったフィリックスという

イケメンの友人が住んでおり、ヨーロッパを

旅している事をSNSで知っていたので

「ドイツに来る時は家に泊まりにおいでよ!」

とメールをくれた。

 

お言葉に甘えて観光がてらに

彼の家に泊まりに行こうと考えていた。

 

 

コーヒーのカップをゴミ箱に投げ入れ

チケット売り場へと向かった。

 

ここはドイツの南の国境付近にある

トラウンシュタインという街で、

ここからミュンヘンまで電車で

約1時間で到着する。

 

チケット売り場のおばさんに一人いくらなのか

尋ねると21ユーロ(約2800円)だと言う。

 

日本だと1時間程度の電車移動なら

大体500円~600円程度なので

ヨーロッパの物価の高さを痛感した。

 

 

「高いけど仕方ないか」

 

 

独り言をつぶやきながら

チケットを購入しようとすると

トントンと突然僕の肩を誰かが叩いた。

 

振り返ると小さな女の子と手を繋いでいる

30歳前半の綺麗な女性が英語で話かけてきた。

 

「これからどこ向かうの?」

 

「今からミュンヘンに向かいますよ」

 

「ミュンヘンなら私たちも行くから

一緒にチケットを買うと団体割引で

安くなるから一緒に買わない?」

 

その突然の提案にすぐに承諾すると

女性は何やらチケット売り場のおばさんと

やりとりをした後、数枚チケットを

手にして僕にその内の1枚を手渡してくれた。

 

団体でチケットを購入すると

8ユーロで(約1000円)とかなり格安になる。

 

 

女性にお礼を言い、僕はそのまま改札を

超えてミュンヘン行きの電車に乗り込んだのだった。

 

イケメンのドイツ人フィリックス

朝10時半にも関わらず、ミュンヘンの中心街は

世界各国から来た観光客達で埋めつくされていた。

 

昨夜、Facebookでドイツ人の友人フィリックスと

連絡をとり、待ち合わせ場所はこの有名な

マリエン広場にしようと決めてくれた。

ホテル意外ではWi-Fiがないのでネットを

使う事ができなかったため

「今マリエン広場にいるよ!」

という連絡もとる事ができない。

 

もしも、お互いの認識ミスがあって

このままフィリックスと落ち合う事が

できなかったら・・・

 

そのような事を想像しながら

僕は目の前の古い建造物を見上げていた。

 

しかし、それから1分もたたない内に

観光客の間をぬいながら「ヘーイ!ジーン!!」

と笑顔でこちらへ走ってくるフィリックスの姿が見えた。

 

「久しぶりだね~!」

 

フィリックスは満面の笑で僕にハグをした後に

僕の荷物の量を見て続けて言う。

 

「とりあえず荷物多いから家においでよ!

仲間と一緒に住んでるから紹介したいし!」

 

そう言ってフィリックスは僕の

バックパックを背負って歩き出そうとしたが

ハッと突然何かに気づいたような顔をした。

 

「あとちょっとここで待ってて!

おもしろいもの見れるから!」

 

そう言い残しフィリックスは再び荷物を

地面に置いてどこかに去っていった。

 

突然の事だったので

僕はフィリックスが去っていく

その後ろ姿を見つめる事しかできなかった。

 

 

いつの間にかマリエン広場は

観光客の数も増えており、

まるでお祭り騒ぎのような

ガヤガヤとした活気ある

雰囲気に包まれていた。

 

フィリックスもどこかに走り去って

しまってから戻ってくる気配もない。

 

 

僕はその場から離れる事もできず

ただただまわりにいる観光客の

様子をボーッと眺める事しかできずにいた。

 

すると突然、ワーっと上を見上げながら

ざわめき立つ観光客。

 

僕も釣られて上を見上げると

時計の針はちょうど11時をさしており、

その塔の中央で何やら動いている。

 

「これ凄いだろ!」

 

いつの間にか僕の後ろに立っていた

フィリックスが両手にスパムを挟んだ

ホットドックのようなものを持っていた。

「これ上手いから食べて!」

 

そう言いながら一つを僕に手渡し

もう一つに大きな口を広げてかぶりつく。

 

「毎日11時と12時に人形が踊る仕掛けになってるんだ!

皆それ目当てでここに集まってきれるんだぜ!

夜も17時と21時に動き出すよ!」

 

どうやらフィリックスはこの

仕掛け時計を見せたかったようだ。

 

その街時間を利用して

スパムのホットドックも買ってきてくれた。

 

オーストラリアで仲良くなった時、

ろくに英語も話せなかった僕と仲良く

してくれていい奴だと感じていたが、

今日久しぶりに再開して改めて

フィリックスは本当にいい奴だと感じた。

 

それから5分ほど回転しながら踊る

人形を眺めた後、ようやくフィリックスの

家に向かう事にした。

 

「友達4人とマンションを借りて

共同で住んでるけど皆いい奴だから

仲良くなれると思うよ!」

 

フィリックスがこれだけいい奴だからか

僕はすんなりその言葉を受け入れる事ができた。

 

マリエン広場から約10分歩いた所に

住宅街の一角にいかにもヨーロッパというような

古びたマンションが並んでいる。

 

中に入るとフィリックスの同居人の友人達が

歓迎してくれて簡単な挨拶をかわした後、

彼らの名前を覚えるために僕から

彼らに日本語漢字の名前をプレゼントした。

 

フィリックス(負異李楠)
ルーキー(瑠旗偉)
メリッサ(女列沙)
キュイリン(九亥厘)

 

これは僕が旅の中であみだした

確実に距離を縮める事ができる

日本人ならではの方法である。

 

無事に打ち解けた後、

フィリックスがおもむろに

冷蔵庫から何かを持ってきた。

 

「それなに?」

 

「フォッカだよ!乾杯しようぜ!」

昼間っからフォッカを飲むのは

かなりキツかったが、歓迎してくれているので

飲まないわけにはいかない。

 

乾杯と言ったあと一気に口の中に流し込む。

 

コップを口から離した瞬間から

寄ってくるのがわかった。

 

「これはキツいね!ちょっと寝たい!」

 

僕がそう言うと、フィリックスは

僕の荷物を担ぐながら

「こっちおいで!部屋用意してるから!」

っと言って僕のために奇麗に掃除された

部屋まで案内してくれた。

 

フィリックスは本当に良い奴だ。

 

僕はほろ酔い気分でそんな事を

思いながらベットに沈むように

眠りにつくのであった。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ