心霊写真さえも利用して画家として生きる。


いつもは小説風に世界一周画家の旅を

書いているのだが、今回に限っては

少し不可解な出来事が起こったので

その事について話そうと思う。

 

以前、日本人もドイツ人にも

あまり知られていないドイツの

大自然を紹介した。

日本人の知らないドイツの観光地!キングスレイク!

視界に収まりきらないほどの大きな

山々が連なるその間にキングスレイクと

言われる美しい湖がある。

 

僕はこの世界一周画家の旅で

写真をつなぎ合わせたパラパラマンガの

ような長編JIF動画を制作しようとしていた。

 

こんな感じの動画↓(サンプル)

キングスレイクのまわりの

大自然の中にある森の奥深くでも

その動画の素材となる写真を

撮影していたのだが・・・

 

その中の一枚で不可解な写真が撮れてしまった。

 

この写真はその中の一枚なのだが

よく見て欲しい。

どこかに違和感を感じないだろうか?

 

もう少しアップでお見せしよう。

お気づきだろうか?

黒目が完全に消えてしまっている・・・

 

これは左目に何か怪我をおってしまう

不吉な予兆なのではないかと思っていたが

今の所は何も大きな事故は起きていない。

 

僕は今は霊感のようなものは一切ないのだが、

幼い頃はよく幽霊なのか変質者なのかよく

わからない者と遭遇する事があった。

 

例えばこちらの話。

ボロボロの屋敷でおきた恐怖の記憶

他にも沢山体験しているが、

それはいつか機会があれば

話をするとして、そろそろ今回の

話の本題に入るとしよう。

 

画家活動は結局は人脈が必要

僕は今こうしてあなたに

僕の過去の出来事の1つを紹介する事ができた。

 

あなた側からすると自分1人に

伝わっている感覚があるのかもしれない。

 

しかし、このような僕自身の体験を

目にする人の数は数万人にのぼる。

 

つまり、僕が世界を旅しながら

画家の仕事をしているという事が

数万人、数十万人の目にとまるという事。

 

さらに言えば、この世界画家旅人を

公開するのを辞めない限り、その数は

月日を重ねる事に増幅していく事となる。

 

 

そうなると僕の事を知ってくれる

日本人も月日が流れる事に倍増していく事となる。

 

なぜそうなるのか?

 

あなたは明確な解答を答える事ができるだろうか?

 

 

これは無料のアメブロやFC2などでは

芸能人でない限りかなり難しい。

 

世界画家旅人という個人ブログが

あるからこそできる事なのである。

 

そして画家活動に必要な事の1つとして

「人と出会える機会が増える環境をつくる」

という事。

もちろん絵で生活するためには

画力やあなたの絵画を見る人を

一目で魅了できるような

表現力などが必要でもある。

しかし、自分自身で仕事を構築しようと

思う時は何でもそうなのだが、

結局は人と人との繋がりがなければ

成り立たないのである。

 

なので僕は常々

出来るだけ沢山の人と出会える環境に

身をおく事の重要性を語っているのだ。

 

僕の場合で言うとこれまで

世界各国でライブペイントをしたり

絵画作品を売って旅をしてきたが、

最低でも毎日5人くらいは新しい出会いがあった。

その積み重ねが今の僕の生活を

構築していると言っても過言ではない。

 

人脈が広がれば出来る事の幅が広がる。

 

これは間違いのない事実なのである。

 

 

しかし、この話をすると

「自分は海外に行けない」だとか

「英語が話せない」だとか・・・

 

このような事を言い訳にする人が

かなり多いのだが、僕からすると

「なぜこの話を自分の環境に置き換えないのか?」

っという考えに至ってしまう。

 

発想の転換というやつである。

 

1つの考え方を10にも100にも

できるのは自分次第なのだが、

固定概念から無理だと決めつけて

その先を見ようとしない。

 

固定概念を払拭し、考え方を

改めなければこの先、何も変わる事のない

未来が待ち受けている可能性の方が高い。

 

そうなる前にまずはこの記事に目を通して欲しい。

絵を描いて生きる!運命は今の考え方で変わる!

ここまで記事を読んで

まだ意味がわからないという場合は

僕に直接相談して欲しいと思う。

 

世界を旅する画家のまとめ

まず人脈を増やす方法として一番

効果的な事が海外を絵を描きながら旅をするという事。

 

そして、できればこの海外の旅と

一緒に実行しておいた方が良い事が

個人ブログを立ち上げると言う事。

(アメブロやFC2などの無料ブログではなく)

 

海外の旅にでる事ができないという場合は

個人ブログだけでも立ち上げておいた方が良い。

 

が、しかし、

 

これはやれば簡単に出来るというものではない。

 

根気と努力と継続して学ぶ精神力が

必要になってくる。

 

今の日本人は恵まれすぎた環境のせいなのか

少しの苦労からすらも逃げ出してしまう傾向にある。

 

逃げ出した人は結局同じ道を歩んだり、

気休めにYouTuberの真似事をして

活動している感じを出そうとしてしまう

傾向にある事がわかった。

 

YouTuberも毎回おもしろい動画を

投稿しなければいけない。

 

苦労から逃げ出す人は

この努力からも逃げ出すので

結局は上手くいかない。

 

この逃げ出す人の特徴のデータも

僕の人脈を利用した信憑性の高い

データなので間違いない。

 

最初の努力を乗り越え、

さらにそこから自分自身の知識を

増やしながら行動し続ける人だけが

見える世界がある。

 

あなたがどちら側の人なのかは

わからないが、これだけは言っておこう。

 

楽して画家として生きていけるほど

絵の世界は甘くはない。

 

本気で絵を描いて生活しようと

思うのならまずは行動してみて欲しい。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ