年齢別に分けた絵で生きる夢を追う時の考え方。


突然だがあなたには

絶対に叶えたい将来の夢はあるだろうか?

 

僕は18歳の時に「絶対に画家になる」と

決断し、高校卒業後から20代後半までは

本当に地獄のような生活をしてきて

ようやく絵を描いて生活できるようになった。

何か夢を追いかけるのには

苦労するのは当然なのだが、

多くの人はその苦労が苦しくて

夢を諦めてしまう。

 

その中には本気で挑戦すらする事もなく

諦めてしまう人もかなり多い。

 

恐らくそのような人は想像力が足りないのだろう。

 

やりきる事もなく中途半端に諦めてしまう人には

今後、歩んでいく人生の特徴というものがある。

 

たいていの人は働きたくもない会社に就職して

もしくは、自分自身に

「この仕事はやりがいがあるんだ」

っと言い聞かせて働き始める。

 

しかし、実際に働いていく内に

毎日仕事のストレスがたまり、結局また

「やっぱりやりたい事で生活していきたい」

っという事を考え出す。

 

しかし、年齢を気にして会社をやめる事ができず

八方塞がりの状態におちいってしまう傾向にある。

 

もちろん中にはその会社の仕事に

やり甲斐を見出す人もいるが、夢を

中途半端に追いかけていた人はかなり

高い確率でこのような人生が待っている。

 

 

まだ年齢が若い人からすればこのような事も

別世界のような話に聞こえてしまうものだが、

実際、社会人になってから仕事と夢の間で

悩んでいる人は星の数ほど存在する。

 

僕は絵描きとして生きていきたい

人の人生相談にのっているのだが、

その年齢層は様々。

 

高校生から80歳を超える

おばあちゃんまでメール相談を頂けるようになった。

 

そこで今回は年齢層にわけて

どのように考えていけば良いのか?

そのようにすれば夢を叶える事ができるのか?

っという事をまとめたのでここで年齢別で

お伝えさせて頂こう。

 

高校生の人

もしも、あなたが高校生なら怖いものはない。

 

なぜなら例えそれが失敗してもまだまだ若い。

 

一度就職したとしても

「やっぱり絵で生活したい」

と思った時、年齢的にも

再挑戦する事は簡単である。

 

それに高校卒業後の離職率が

厚労省のサイトで確認できるのだが、

高卒で就職した人は3年以内に

離職する人が40%を上回っている。

 

つまり10人に4人が辞めてしまう計算となる。

 

高校卒業後の3年と言えば21歳になるが

この時にまた絵で生活したくなれば

年齢的にもまだまだ再挑戦しようと

思えるはずである。

 

高校生で絵で生きていくのか悩んでいるのなら

こちらで記載しているので目を通しておいて欲しい。

絵を仕事にしたい高校生の悩み相談

20代の人

もしもあなたが今現在20代なら

失敗してもいいので挑戦する事をお勧めする。

 

ただやるからには本気で目指さなければならない。

 

苦労するのは当たり前であり、それが

苦しくて諦める時は人のせいにしてはいけない。

 

本気で挑戦していればそんな考えすら

浮かばないが、中途半端に2、3ヶ月で

諦める人ほど人のせいにして

自分を正当化しようとするので。

 

このような人は「本気」という意味を理解していない。

 

努力もせずに絵で生活できるわけがない。

 

冒頭でも話したが、僕が20代の頃は

絵の専門学校に通って毎日50円しか

使えない超貧乏生活を送っていた。

 

学費をバイトで稼ぎながら学校の課題に

追われ、毎日2~3時間しか寝る事ができずに

常にお腹も空いてガリガリにやせ細っていた。

 

当時は本当に辛かったが、

今ではその時に地獄を見ておいて

良かったと心の底から思っている。

 

それに苦労というものは20代の内にしかできない。

 

多くの人は30代を迎えると

生活に落ち着きがでてきて

苦労をする気力がなくなってしまうようだ。

 

しかし、20代は気持ち的にも活発に

行動する事ができ、しかも失敗しても

まだまだ挑戦する事ができ、挫折しても

立ち上がる事ができる勢いがある。

 

その時間を無駄にしないために

今すぐ行動に移して欲しいと思う。

 

僕のお勧めはやはり海外の旅にでて

日本では得る事ができない様々な経験や

知識を身につける事だと思う。

 

海外に行く際はこちらの記事を参考にして欲しい。

路上で絵を売って1ヶ月20万円以上稼いだ方法

30代の人

もしも、30歳を超えていても

年齢を気にする事はない。

 

年齢なんてものは人間が作り出した

ただの数字の目安である。

 

それに日本という恵まれた国に

生まれてきた事は本当に運が良い。

 

僕は世界中を旅してきたが、

日本は本当に恵まれた国だと痛感した。

 

エジプトやアフリカ、南米などを

旅していた時にまだ子供の内から

お店で働いている子を何人も見てきた。

 

彼らからすれば子供の内から

働く事が当然なのである。

 

しかし、不景気だ不景気だと言われている

日本ではあるが、実際本気で職を探せば

何歳になっても仕事をする事ができる環境にある。

 

これは日本に生まれた最大のメリットと言えるだろう。

 

やりたくもない仕事で一生過ごして

毎日ストレスや不満に悩まされる生活を

送るなら本気で絵で生活する事に挑戦した方が良い。

 

30代となるとまわりの目や

日本の社会の洗脳によって

「就職しないやつはクズ」というような

風潮のある日本社会に流されてしまいがちである。

 

しかし、他人は関係ない。

 

行動する時期も全くと言っていいほど遅くはない。

 

その詳しい理由はこちらに記載している。

30代から人生やり直しても画家にはなれる!!

ただモチベーションを上げるのに

かなり苦労するだろうが、それを

乗り越えた人だけが見る事ができる世界がある。

 

40代以上の人

40代以上の人はこれまで様々な人生経験をしてきたと思う。

 

その経験が武器になる事をお気づきだろうか?

 

その経験を武器に世の中に

自分という人間を発信する事で

多くの人があなたの事を目にとめるようになる。

 

もちろんそれには世の中に自分を

発信する知識が必要であるが、

本気で学び続けれる事ができれば

年齢関係なく達成する事ができる。

 

そして子育てが終わって

後の人生を趣味に生きると

決めた人はかなり有利。

 

なぜなら今まで自分のやりたい事を

おさえながら子育てに集中して

ようやくそれから解放された時の

行動力は20代の行動力と

同等の勢いがあるからである。

 

年齢は関係ない。

 

本気でやると思った時に

どう行動するかによって

この先の運命が決まるのだから。

 

 

 

しかし、それでもどうすれば

わからないと言う場合は僕に

相談して欲しいと思う。

 

僕は世界の旅で得た知識というものが

あるので、この先どうすれば良い方向に

進めるのかアドバイスが出来ると思うので。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ