画家として成功した人が絶対に持っているもの


今の日本では画家として成功する人の方が

圧倒的に少ない現状があるが、彼らが

絵を描いて生活できている理由として

一つ明確なものがある。

 

なぜか多くの画家を目指す人は

 

「もっと画力があれば・・・」

 

「あの人より上手いのに・・・」

 

っというような不満を持っているようだが、

実は絵で成功できない根本的な問題はそこではない。

 

絵だけ上手ければ成功するというわけではないのだ。

 

画家として生活できずに今も悩み苦しんでいる人と

すでに画家としての地位を確立している人の違いとは

「自分をプロデュースする能力を持っている」という事。

 

言わば営業活のようなもので

自分を売り込む能力に長けているのである。

 

海外では絵自体よりもこちらの方が

重要視されているのだが、今の日本では

芸大や美大ですらその方法を教えていない。

 

何故なのか理由は定かではないが

この自分を売り込むという重要性

教えていない事が日本で画家になる事が

難しい要因の一つとなっている事は間違いない。

 

そしてすでに画家として成功している人は

活発に画家活動をしている間に知らず知らずの内に

この自分を売り込む能力を身につけているのである。

 

僕も20代前半頃は自分を売り込む方法を

全く知らなかったのでただ闇雲に画力だけを

上げる努力をしていたが、海外に修行の旅に出た事を

きっかけに自分の売り込み方というものを学び、

絵を描いて生活できるようになったのである。

以前、東京でドラードギャラリーという

画廊を経営しながら、自らも絵画を描いて

海外でも日本でも活躍している小原さんが

大阪で個展をしていたのでお会いする機会があった。

小原さんは僕が画家を目指し始めた

18歳の頃にアメブロでお見かけして

それから密かにその活動を見てきたのだが、

その当時からお会いするまで僕の中では

声が低く、難しそうな人で自分の思う事は

ズバッと言い切る芯の通った方という印象があった。

 

しかし、実際に会ってみると

物腰が柔らかく、誰でも受け入れるような

懐の深さとユーモアに溢れる人だったので

かなりのギャップを感じ、SNSなどで

文章を読んでいた時よりも親近感を持つ事が出来た。

 

ズバッと自分の意見を言い切る芯の通っている方

という所以外は僕の中でのイメージとは

大きく違っていたわけである。

 

これが自分をプロデュースする

時において最も重要な事となる。

 

小原さん自身は気づいていないの

かもしれないが、文字だけで人を

惹きつけ、画家としてリードしている人という

イメージをつけてしまう能力があるのだ。

 

もちろん画家として成功しているので

当然リードはしているのだが、

嫌味なくそれを相手に伝える事も

自然と出来てしまっている。

 

文章というのは時に言葉よりも

強い力を持ち、相手に与える印象をも

大きく変えてしまう時がある。

 

僕自身もこれまでかなりの数の

相談を受けてきたのだが、その方達と

会えば必ず言われるのが

「おかたいイメージだった」

「話をするのに気をつけないといけないので緊張する」

「世界で活躍しているので近寄りがたい」

という気難しいイメージを持つ人が多いようだ。

 

これも僕が自分自身を

文章だけで与えたイメージだという

証拠となり、またそのイメージが

「怖いけど会ってみたい」っと

興味をそそっているのではないかと

自分では分析している。

 

僕は分析をするのが好きなので

いつもこんな事を考えている。笑

 

もしも、あなたが今だに

絵で成功できていない場合は

このように自分をプロデュースする能力を

身につけ、自分という人間がどのような

立ち位置でどのような思想の持ち主なのかを

提示していかなければならない。

 

 

ちなみに、これは画力がないから、

または絵でまだ成功していないから

できないというわけではない。

 

実際、僕の生徒さんでまだ画力のない子も

等身大の自分の人生を文章でドラマチックに

伝える事で多くの人が集まり、

画家活動を成功させてしまった。

 

 

ようは自分という人間を

いかに伝えるのかという所なのだ。

 

わかりやすく言えば

漫画のキャラクター1人1人に

個性やストーリーがあるワンピースは

いい見本になる。

 

人生辛い事もあれば嬉しい事もある。

 

人とは違った自分だけの考えを持つ事もある。

 

それをいかに興味を引きながら

相手に伝えるのかという所が重要なのである。

 

自身の人間性に興味を持ってもらえれば

どんな絵を描くのかにも興味がいく。

 

そうなってから初めて画家として

成功できる一歩を踏み出せるようになる。

 

当然ではあるが、誰からも興味を持たれない人よりも

「なんだこの人は?」っと思ってもらえる方が

絵を見てもらえる確率が高くなるのは明確な事実。

 

自分を伝える重要性に気づけていない人ほど

自身のHPなどに絵の画像を並べて

タイトルだけを書いて終わっている。

 

そこで他を超越するほど圧倒的な画力や

表現力があれば興味を持つ人もいると思うが、

それだけでは足りない人の方が目につく。

 

まずは「自分という人間を伝える」

っという事を意識しなければ

今の日本で画家として成功する事は

難しいのではないかと思う。

 

 

PS.

僕は年末年始はハワイでライブペイントをして

夏には沖縄の離島でキャンプをしながら絵を描く

キャンプペイントというものをしている。

個展も沖縄、東京、NYと継続的に

やっているので何か今思い悩んでいる

事があるのなら気分転換ついでに

会いにきてほしい。

 

それでは今からその準備があるので

今日はこのへんで。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ