画家になる方法が存在する事を日本人はまだ知らない


画家になる事が夢だけど、その夢を叶える方法があるのか?

そんな事で悩んでいる日本人は多いのではないだろうか?

 

結論から言うと僕のこれまで経験してきた事を参考に

順序よく画家になる階段を登っていけば

高い可能性で画家になる事ができる。

mexico_atorie

 

好きな時に絵を描き好きな時に寝る。

 

会社のように決められた出勤時間もなければ、

決められた休み時間もない。

 

僕は画家になりそんな自由な生活を手に入れる事ができた。

mexico-toppaint

 

その証拠に今も爽やかな青色の空の下で

パソコンでこの記事を書いている。

 

 

もちろん少し休憩をとった後に絵を描き始めるだろう。

 

 

しかし日本では画家になる事が難しいと言われているが、

これは画家になれなかった人の言い訳の言葉だと

気づいたのは世界中を旅している時だった。

 

 

 

キャンパスと筆と絵の具を持って

世界43ヶ国以上を旅してきて

画家になるためのある方法を発見する事ができた。

 

この方法は僕が考えた方法なので

他のサイトで調べても出てくるわけはない。

 

 

 

しかし僕はあくまで画家になるのは可能だと言う話をしている。

 

 

 

画家は特殊な仕事で絵の画力はもちろん

続ける忍耐力が必要とされるからだ。

 

その基本的な2つを持っていなければ、

たとえ画家になる方法を伝えたとしても

可能性は大幅に低くなる。

 

 

 

この方法を伝える前にあなたに必要なスキルを

まとめてみたので最後まで読んで欲しい。

 

誰でも描けるような絵を誰が買うだろうか?

mexico_minapaint

画家の仕事は他の仕事とは違い、

あなただけから生み出される独創性あふれる

絵を描けるようにならなければならない。

 

もしも今あなたが描く絵に自信があるのなら、

まだ絵のスキルが向上している途中の人からすると

あなたは一歩リードしている事になる。

 

 

 

その一歩が人によっては難しいと感じるかもしれないが

誰でも絵の上達ができる方法がある。

 

 

 

それはあなたが描きたいスタイルの絵を描いている人に

どういった描き方をしているのか事細かく質問し、

直接描き方を見て学ぶ事だ。

 

ここで注意して欲しいのは

その人の絵を完全コピーして描くと言う事ではない。

 

 

 

描き方や表現方法などあなたにない所を盗み、

それからあなただけの描き方や絵のスタイルを

足していく事によってあなただけからしか生まれない作品を

描き上げる事ができるようになる。

 

僕は絵の専門学校卒だが、

そこではそんなに細かく絵の事に関して

教えないようにしているようだった。

 

 

 

それはその人の個性を大切にしているからなのだ。

 

 

 

そのかわり木のボードへ紙を張る方法や、

完成した絵を低コストでガラスケースに入れたような

仕上がりにする方法など基本的な事を教わる事ができる。

 

 

 

専門学校ではそのような事は学んだが、

絵の描き方に関しては自力で発見する他ないが、

その方法がわからず絵の上達ができないまま

画家になる夢を諦めた人が当時の

僕のクラスの90%以上をしめている。

 

それほど絵の上達は難しいように思えるが、

ようは画家になる夢をどの程度強く思っているかで

絵の上達スピードは変わってくる。

 

 

 

例えば人生の全てを画家になる夢に費やし、

友人と遊ぶ事やどこかへ旅行に行く事をやめ

他の全てを犠牲にする覚悟で絵を描けば確実に上達するだろう。

 

 

 

しかしそれを実行に移せる人はいない。

 

僕も自由な生活がなければ心が病んでしまう性格だ。

 

僕も人生を絵に捧げた一人だが友人と合わなかったり

外へ遊びにいかないと言う事はないので。

 

 

 

なので、そこまで極端に人生を絵に捧げる必要はない。

 

 

 

上で言った通り他の人の絵のスキルを盗み、

そこにあなたのスキルをプラスする事によって

絵の上達をする事ができるからだ。

 

自分の絵に関して明確な考え方や思考を持っているか?

sketchbook_top

絵を描く時あなたはどのような思いや

感情を込めて描いているだろうか?

 

 

 

それを表現するのにどのような世界観で描いているのだろうか?

 

 

 

この意思を絵を見てくれる人に伝える事によって

あなたの絵にさらに興味を持ち、

自分のものにしたいと言う欲求が高まるのだ。

 

 

 

 

分かりやすく例をだすと、

僕がトルコのカッパドキアに行った時に

岩山に掘られた無数の穴の奥に広い空間や

何かに使われていた部屋みたいなものがあった。

 

僕はその穴の奥に入る前の受付で説明が聞ける

有料のイヤホンをレンタルし、

なぜこの穴がつくられたのか?

この空間は何のために使われていたのか?

などの説明を聞きながら穴の中を探検していた。

 

もしも説明がなく普通に探検していたら

「絵を描く時に役に立つ」

と言う考えだけで終わっていただろう。

 

 

 

 

説明を聞く事により、昔ここで

どのような事が行われていたのか

リアルに想像できるので、また違った

ものの見方ができるようにもなるし、

説明されなくては理解できなかった

驚くような話も聞く事ができた。

 

こういった説明をされた事により僕は今でも

その時の映像を鮮明に思い出す事ができる。

 

 

 

絵を見る時も一緒である。

 

 

この箇所にはどのような意味が込められて

いるのか?これは何の表現なのか?

などを知る事によって見る人側の

脳に簡単にインプットされ、他の人の絵より

あなたの絵の方が印象に残る結果になるのだ。

 

そして何の感情もなしに絵を描いていては

ただの落書きとあまり変わらないと僕は思っている。

 

 

 

そう言ったスタイルを否定するわけではないが、

僕は絵を描く時は必ず感情や思いを込めて描いた方が

見る人に伝わりやすいのではないかと思う。

 

画家になる夢を継続して追い続ける事ができるか?

osaka_hotelpaint

画家になる過程で大きな壁と何度も出くわすだろう。

 

それは当たり前の事で、何か夢を追いかけている人達は

必ずそういった場面に出くわす事がある。

 

山も谷もなく成功する人はずば抜けたセンスとスキルの

持ち主であり、そのような能力をもった人は世界でも

そうお目にかかれない存在だと僕は思っている。

 

 

 

僕はもともと絵がかなり下手で素人以下の絵しか

描く事ができなかった。

 

 

 

しかし専門学校で絵の描き方を独自で学び、

さらにオーストラリアへ絵の修行に行った時にも

様々な上達方法絵の描き方を学び、今ではいつでも

旅ができる自由な画家として生きる事ができるまでに

成長する事ができた。

 

僕はこれからも一生絵を描き続ける自信がある。

 

 

 

しかし画家になるまでには様々な問題が発生し

あなたの画家になる意思を揺るがす出来事も

起こりうる可能性がある。

 

そんな状況を乗りきるためにはやはり行動した結果を

直接感じる事でモチベーションも保たれ、

絵を描き続ける精神力を持ち続ける事ができるのだ。

 

 

 

 

行動した結果を感じるにはやはりそれなりに

画家になるための行動を起こさなければならない。

 

個展やライブペイントなど様々な方法があるが

その他にも結果を感じる事ができる僕だけの方法を発見した。

 

 

 

 

この世界画家旅人では外国で収入を得て旅ができる方法など

を紹介しているが外国にでる事を怖がっている日本人は数多く

存在する。

 

しかし僕の考えた方法を使えば

日本にいながら結果を残す事ができ、

諦めない精神力と、絵の上達に

情熱をそそぐ事を継続できる勇気が

あれば画家になる事は可能だ。

 

ここでは話せないその秘密の方法は

ZiNARTメールマガジンのメンバーで出会った

意思の高い人に伝えていきたいと思っている。

 

 

画家になる夢を諦めきれない人は
下にある無料登録フォームにアドレスを
入力して僕から情報を受け取って欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ