絵で成功する人の習慣と思考回路


僕のように画家として生活するには
一定の収入を得なければいけないのは
確かであるが、僕はお金を稼げるように
なったからと言って成功者とは思わない。

 

実際、僕は画家として毎日絵を描く事で
それが収入へと繋がり、家族を養っていけている
のではあるが、画家にとってお金はそれほど
必要ではないという事を悟った。

 

その事について詳しくはこちらで語っている。

お金は情熱を食いつぶす!画家には必要ない!

それに僕は常日頃から

 

「絵で成功したいのなら稼ごうと思わない事」
っという事を語っている。

 

確かに生活するのに
お金は必要ではあるが、
その思いが成功への道の
邪魔をしてしまっている。

 

 

今の日本で絵で稼ごうと思うと
かなり難しい事はすでに理解できている
人の方が多いと思う。

 

 

そしてお金を稼ごうと強く思いすぎるあまり
その途中の段階で不安や将来へのプレッシャーが
重なり、結局は諦める、もしくは趣味で
終わらせようという考えに至る。

 

悲しい事に今の日本のアート業界では
この思考回路を持つ人の方が圧倒的に
多い事は紛れもない事実である。

 

 

他の業界(会社経営者など)なら
お金を稼ごうと思う強い気持ちは
必要であるが、アーティストなら
お金よりもまずは自分自身の思い、
あるいは自分という人間を
世の中に発信する方法を学ぶという
発想がなければ成功する事は
あり得ないと僕は思っている。

 

 

世の中に自分を発信する方法なんて
ものは考えればいくらでも思いつく。

 

 

しかし、ほとんどの絵描きは
皆がやっている同じような活動しか
しないので、他の人との差別化もできて
おらず、数多くいる絵描きの一人として
スルーされてしまう傾向にあるのだ。

 

その方法がわからない場合は
僕に直接相談して欲しい。

 

 

そういえば先日、レゲェミュージシャンとして
世界中を飛び回っている僕の昔からの
友人と飲みに行く機会があった。

彼はずっと海外を旅していたので、
会う機会もなく12年経ってしまったのだが、
久しぶりに話をして、やはり成功者には
成功者の思考回路というものが存在する事を
改めて悟る事となった。

 

 

実際、彼はボブマーリーの息子
バンドと深く関わっており、また
すぐに彼らと楽曲を作りに
ジャマイカに飛び立ってしまう。

 

この貴重な繋がりも彼の
思考回路があってこそのもの。

 

彼もまた、お金を稼ごうと
思って活動しているわけではなく、
自分自身を表現するために活動しているのだ。

 

「おもんない人生はお金あってもおもんない」

 

これは彼が酔っ払いながら
僕に熱く語ってくれた事なのだが、
この考えには僕も深く賛同できる。

 

 

そして彼の生活習慣として
本当に凄いなと思える事がある。

 

 

それはどんな時でもこの先の
成功へのプロセスを明確にしており
それに向けて実際に行動するという事。

 

 

どんなに遠い国でも必要とあれば
躊躇なくすぐにその国に飛び立つ。

 

それが彼の習慣になっており
同じ場所にはずっと滞在する事も
ないので、次はいつ会えるのか
わからないプレミア感も感じさせられた。

 

 

 

もしも、あなたがこの先の明確な
人生のプロセスを事細かに語れないと
いうのであれば、それが成功できない
原因である事は間違いない。

 

どこかどう間違っているのか
理解できないという場合は
こちらの記事に目を通して欲しい。

画家になるにはそのプロセスを考えなければならない。

ミュージシャンも同じと言えるが
絵描きにとって大切な思考回路とは
自分自身をどのようにして世の中に
発信するのかを学び続け、この先の

人生のプロセスを明確にするという事。

 

そして、常にポジティブにそれを
実行に移し続けるという事。

 

この2つがなければ成功はあり得ないだろう


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ