日本でも人気なボブロスの絵の技法と僕の技法を比較してみた


絵画教室のテレビ番組で有名になった

ボブ・ロスと言う人物をご存知だろうか?

 

彼はアメリカの絵画を教えるテレビ番組で

その名を世界に広める事となった人物であり、

彼の凄い所はものの数分でリアルな絵画を描いてしまう所だ。

 

この動画を見てもわかるとおり、

簡単そうに描いているようにも見えるが

実際にやっていみるとかなり難しい。

 

彼はもう既に他界しており、ボブの息子がその後を次いだ時期も

あったようだが現在は絵を描く仕事はしていないようだ。

 

ここでは下の事を記事にしてまとめてみたのでどうぞ。

  • ボブの技法の解説
  • ボブと僕の絵の技法の違い
  • ボブが日本でも人気がでた理由
  • ボブのような先生はいない
  • ボブがこの絵を描けるようになった理由

 

ボブの技法を解説する

絵を教えるのには言葉で細かく説明しなければならないが

英語を話せない日本人にはこの動画を見る事しか

できないので理解するのも一苦労のように感じる。

 

日本でもNHKで吹き替えで放送されていたようだが

youtubeでは吹き替え版の動画はそれほど残っておらず、

現在ではDVDを購入しなければこの番組の放送は

見られなくなってしまったようだ。

 

彼は元々アメリカの軍隊に所属しており、

この絵のような環境が広がるアラスカに所属していた事で

作品にその時の風景を描くスタイルになったと言われている。

 

 

油絵と言うものは少し描いて乾くまで待ち、乾いてから

またさらに書き加えると事が普通ではあるのだが彼の場合

油絵の具を下に塗ってから乾く前にさらに高濃度の油絵具を

上にのせて描く技法を使っていたようだ。

 

この技法を使う事で30分もかけずに彼の世界は完成するのだ。

 

ボブと僕の技法の違い

これは僕の世界を描いた動画である。

この動画を見ても描き方なんてものは伝わらない。

 

僕はボブのように30分では絵を完成させる事が

できないが、絵は早く描けるから良いと言うもの

ではないと僕は考えている。

 

ちなみに僕の絵画は絵のジャンルにもよるが

大体1ヶ月に一枚程度で描く事ができる。

SONY DSC

やはり絵が上達したいのであれば

直接絵を描いている人に

 

「どんな手法で描いているのか?」

 

「どのような力の入れ具合なのか?」

 

「筆にのせる絵具の量や水分はどのくらい?」

 

など細かく指導してもらう方が効率よく

絵の上達に繋がると感じた。

 

 

 

僕の世界の描き方はボブとは違いアクリル絵具を使った

僕だけの手法を使っているが、ボブの描き方から

取り入れた手法も使っており、絵の描き方を

オンライン絵画教室ZiNARTの中でだけで

一つずつ細かく説明つきで公開している。

 

興味のある人はアクリル絵画教室

の事について語っているこの記事に目を通して欲しい。

 

 

 

僕は世界中を旅しながら独自で絵の描き方と言うものを

学んだがもしも、僕と同じような絵のスタイルを描く人が

いたのならば、その人に直接聞いたり、何度も描き方を

見て学ぶようにしていただろう。

 

探偵ナイトスクープでも放送された人気者

ボブは低い声でテレビの視聴者に語りかけるように

絵の描き方を説明していきこれまで世界各国で

ボブの絵画教室と言うテレビ番組で知名度があがり

絵画番組では他に類を見ないほどの人気があった。

 

日本でも探偵ナイトスクープでボブに絵を直接指導して

もらいたいと依頼があったようだがこの時すでに

ボブは他界しており当時放送されていたボブの絵画教室の

吹き替え担当をしていた石井隆夫さんに協力してもらい

絵を描いたがうまくいかなかったようだった。

 

ボブのような先生はいなかった

僕はアートデザイナー専門学校を卒業したのだが

そこではボブのように口で説明しながら絵を描いて

教えると言うような事はしなかった。

 

これは恐らく個人の個性やまだ隠れている才能を

引き出すためにあまり細かく教えなかったのでは

ないかと今では思っている。

 

 

 

それでは学校では何を学ぶ事ができるのか?

 

 

 

それは本当に基本的な事でデッサンや絵具の種類

そしてキャンパスへ紙を張る方法などを教えている。

 

僕は絵を描くコースで入学したのだが

絵だけではなくフォトショップを使った

グラフィックデザインも学ぶ事ができた。

 

しかし絵の細かい描き方や道具の使い方は

こちらから聞かなければ教えてくれる事はないし

アドバイスはあるにしろそこまで口うるさく言う

先生はいなかったのだ。

 

ボブも技法を盗んで画家になった

僕はもともと絵が下手で素人以下の絵しか

描く事ができなかった。

 

左は絵を描き始めた作品で右はそれから3年後の作品。

mukasipic

 

しかし今では世界を旅しながら

絵で収入を得る事ができる

程までに成長する事ができた。

 

絵をさらに上達したいが中々上達できなくて

悩んでいると言う人に言いたい事がある。

 

絵の上達には

「他人の描き方を見て盗む」

と言う事も必要となってくる。

 

僕は「世界」「アート」の2つのスタイルを

描いているのだが、アートの僕のタッチの描き方は

僕が考えたものだが、「世界」の描き方は描く場所に

よっては人から盗んだものを独自の描き方に変化させる

ような事をして絵の上達をする事ができた。

paint_japan1

 

冒頭で紹介したボブの技法だが実はこの描き方は

大昔の画家も使っていた技法でありボブはこの描き方を

ウィリアム・アレクサンダーと言う画家から学んでから

自分のものにし、それプラス彼だけの技法を考えだし

付け加える事で独創的な作品を描けるようになった。

 

現在では世界中でボブの技法を使って絵を描く

画家が誕生し、ボブはその画家達の道筋をつくったのだった。

 

旅する画家のまとめ

osaka_hotelpaint

今回はボブの事について書いてきたが

やはりボブは世界に多くの画家を誕生させた

偉大な画家である事がわかった。

 

考えてみれば僕も彼のように絵の描き方を

伝えていき、日本に独創的な絵を描く事ができる

画家が生まれる事を願っている。

 

しかし僕は日本ではまだあまり活動していない。

 

そのためオンラインでZiNARTアクリル絵画教室を

公開しようと考えたのだ。

 

僕から絵の描き方を盗み、それに加え独特の

技法をあみだす考え方なども伝える事によって

この思いは達成されるのではないかと本気で思っている。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ