ライブペイントをして海外で活躍したい人へ重要な情報を伝える


皆さんはライブペイントと言う言葉をご存知だろか?

 

そしてその可能性の広がりを理解しているだろうか?

 

僕は基本的に海外で気楽に

ライブペイントをして収入を得ている。

DSC_0459

 

日本で言うライブペイントはクラブや音楽イベントなどで

音楽に合わせて絵を描き上げていく事が主流となっているが

海外でのライブペイントはもっとラフな感じで

誰でも簡単に行う事ができる。

 

 

 

なぜなら人が集まる場所、渋谷や池袋などなど・・・

 

そんな場所で許可なくライブペイントをすると

すぐに警察がきて止められてしまう。

 

許可をとるのも面倒でありその前に

許可がおりない場合もあるのではないだろうか?

 

 

 

 

しかし海外では数多くのパフォーマーが路上や

人が集まる観光地でパフォーマンスをしている。

 

 

 

しかも大金を稼いでいる。

 

 

 

僕は音楽も楽器もできないので

人が集まる場所や、観光地などで

ライブペイントをしていたが

日本で働くよりもはるかにお金を稼ぐ事ができ、

さらに絵の依頼も頂く事も頻繁にある。

 

それに日本に一時帰国した時でもSNSで僕の活動を

知った人から絵を売って欲しいと言う声も

数多く届く事となった。

 

 

 

そこで今回は海外でライブペイントを

したいと考えている人へ

どう活動していけばいいのか?

何を用意しておけばいいのか?

などを紹介していこう。

 

得する事

Belgiumfriend

 

日本でライブペイントをするよりも

海外でライブペイントをする方が

遥かに得る物をがある。

 

日本ではなく海外でライブペイント、

または画家活動をしていく上で

何を得る事ができるのか?

と言うものを紹介していく。

 

人脈が広がる

公園や路上、あるいはイベントなどで

ライブペイントをすると様々な国の人が見てくれる。

 

近年日本にも外国人観光客が増加している

傾向にあるが、海外では日本よりさらに

世界各国から人が集まっている。

 

 

 

僕が出会った人達の国籍を上げればキリがない。

 

 

 

そして違う国から来ていると言う人は

アグレッシブな行動力の持ち主であり、

積極的に話しかけてきてくれる人が多いように感じた。

 

 

 

実際僕がまだ絵の修行中であった頃

公園で毎日絵を描いていたが、

そこで絵に興味を持った人が何人も

話しかけてきた。

 

 

 

話しかけてきた人だけを数えても裕に

4000人は超えるだろう。

 

その中で仲良くなったり、

絵の依頼をくれる人が大勢いた。

 

 

 

ライブペイントをすると世界中に

人脈が広がって行く事になる。

 

僕はその人達がいるのでどこの国に行っても

家に泊めてくれたり、観光客がいかない

秘密の場所などもつれていってもらえる事が

多くなったのだ。

 

英語が話せるようになる

「でも英語を話せないから無理だ」

と考えてはいないだろうか?

 

それは大きな間違いである。

 

日本人が英語を話せないのは

世界中の人が知っている。

 

 

僕も旅の始まりは英語を全くと言っていい程

話す事ができなかったが、英語が話せないから

ゆっくり話して欲しいと頼むと快く理解してくれた。

 

 

 

そしてライブペイントをするお客さんと

英語で話していく内にある時期から

「何故か言っている事が理解できる!」

となる瞬間がある。

 

これは海外に英語の勉強をしにいった人の

あるあるネタになっている。

 

 

なぜ英語が理解できるようになるのかは

こちらの記事で詳しく説明しているので

気になるなら読んでおいて欲しい。

英語が上達する一番早い方法とその順序とは?

 

活動履歴にインパクトがつく

活動履歴はこれから絵を描いて生きていきたい

言う人にとって大きな役割を果たす事は間違いない。

 

そして海外でライブペイントをする事が

どのように活動に作用してくるのか?

 

もしも他の絵描きが

「ライブペイントを海外でしている」

と聞いたらそれだけで凄い!

 

と思うのではないだろうか?

 

 

日本人は旅行に行くのは好きであるが

中々海外で活動しようとする人は少ない。

 

そんな中でそのようにアクティブに活動

している人を日本人は尊敬する傾向にある。

 

 

 

外国人は英語が話せる人が多いため

日本人ほど尊敬はされないようだが、

日本人が英語圏でしかも異国の地で

活躍している姿は注目を浴びる事となる。

 

これは大きな活動経歴となり

画家活動での最大の武器にもなりうる事なのだ。

 

ライブペイントをするお勧めの国

te_aus

 

国によって絵の価値観が違うため

絵の売り上げや収入に大きく変化が起こる。

 

その中で僕が経験した実体験を元に

どこの国がライブペイントに適しているのか?

と言う僕のお勧めの国を紹介しよう。

 

オーストラリア

byronbay

 

僕が一番お勧めするのがオーストラリア。

 

オーストラリアには世界各国からアーティストが

集まる場所が多数存在し、絵に対する考え方も

日本人とは異なる。

 

絵に興味がない人の方が

少ないのではないだろうか?

とまで思わせるほど絵に関心がある

国民性で何より優しい人が多かった。

 

そしてお金を稼ぐ目的なら

確実にオーストラリアが一番

効率良く収入を得る事ができる。

 

ハワイ

hawaii_diamondhead1

 

ハワイには数週間滞在していたが、

ゆったりした気分でライブペイントを

する事ができる。

 

しかしアメリカで稼ぐ事が目的と

されるライブペイントには許可が必要だ。

 

お金を稼がないでただライブペイントを

するだけなら自由にどこでもやっても

誰にも文句は言われなかった。

 

それにハワイには日本人観光客が

数多く滞在しているので日本人にむけた

宣伝活動にも適している場所である。

 

番外編沖縄

zamami_top

 

海外じゃないのかよ!

と突っ込まれそうだが、今や沖縄を

知らない外国人はいない。

 

以前沖縄の座間味島にキャンプペイントを

しに行った時は外国人しかいない時期も

あるほど沖縄は外国人に人気のあるスポットなのだ。

 

外国人に絵を見てもらうとSNSなどで

拡散してくれる確率が急激に上がる。

 

どんなスタイルで描くのか?

byronbay_gakakatudou1113

 

絵は人によって描き方や使っている道具

などが異なるため、短時間で描けたり

長時間描けて仕上げたりと人によって

そのスタイルは無限である。

 

それを大きく2つのスタイルに分けて

どうしすればいいのか?と言う事を説明しよう。

 

一日で一枚を完成させる。

イラストや抽象画など、数時間で

描ける絵はライブペイントに向いている。

 

数分で絵を描いてそれを売るのなら

日本でバイトをするより楽に収入を

得る事ができるだろう。

 

何日にも分けて完成させる。

僕の場合は一枚の絵に5日間ほど

費やさなければ完成する事がなかった。

 

ライブペイントではそのできるまでの

過程を見せてお客さんと会話し、

ポストカードを作って販売したいり、

絵の依頼を頂いたりしてお金を稼ぐ事ができた。

 

絶対に用意しておくべき事

mevius

 

どうせ海外でライブペイントをするなら

多くの人に知って欲しいと思うのは当然の考えである。

 

しかし僕は旅の当初、

ライブペイントをするにあたって

後悔している事があった。

 

 

 

それはアメブロやFC2などではなく

「個人サイトを立ち上げてから旅に出る事」である。

 

 

 

アメブロで十分なんて思っていたが、今になって

この世界画家旅人を立ち上げて気付いてしまった事がある。

 

アメブロやFC2などのブログとは比べ物にならない程

多くの人に「自分の活動を宣伝できる」と言う事。

 

 

 

FacebookやtwitterなどのSNSや

アメブロ、FC2などの無料ブログだでけでは

日本の人に海外でライブペイントをしていると言っても

その時だけ見てくれる人が増えるだけで

日本に帰ればその効果はなくなってしまう。

 

 

 

 

しかし個人ブログはそこが違う。

 

 

 

 

サイトが無くならない限り、

新しい記事を毎日投稿しなくても永遠に

その活動を自動で広めてくれるのだ。

 

 

 

詳しい話は

海外で絵の活動をする時に準備しておけばよかった事

と言う記事で話をしているが、

さらに細かい秘密の情報はメルマガで発信している。

 

 

 

海外へライブペイントをしに行き、

日本に返ってきてもその経歴を弱くしないためにも

これだけは本当に用意しておいた方が良い。

 

 

もしも僕が過去の自分に言える事があるのなら

「世界画家旅人でライブペイントの活動を発信しろ!」

と言ってあげたい。

 

世界を旅する画家のまとめ

zironozouzin

 

以上がライブペイントをする時に必要な情報である。

 

そしてここでは語り尽くす事ができない

話もあるのでもしも海外でライブペイントをしたい

と計画しているのであればZiNARTメールマガジンから

僕からの情報を受け取って欲しい。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ