絵が上手くなる練習法を5つ紹介!これでプロになれる!


paint-kinosimakame

 

絵が上手くなりたいけど何から始めればいいのか・・・

 

いくら描いても上手くならない・・・

 

そんな悩みを持っている人が

僕の所へよく相談にくるようになった。

 

なぜなら僕はもともと絵が本当に下手で

絵を描き始めた当時は現在のレベルに達するとは

想像もしていなかったからだ。

 

しかし、何故か絵で生活できるようになる

と言う自信だけはあった。

 

ちなみに絵を描き始めた当時の絵がこちら。

heta_paint

 

今みてもひどい作品だ・・・

 

しかしここから絵を学び、

独自で考えた絵の上達法で

今では絵を描きながら世界中を

旅できるまでに成長する事ができた。

SONY DSC

 

僕はアクリル絵具を使用している。

 

当時の僕は絵具なんて使った事もなく、

さらに言えば絵具が嫌いであった。

 

最初はボールペンや点画、

色鉛筆などを描いていたが、

どれもこれも今まで他の人が描いた

作品と同じような仕上がりになってしまう。

 

なので僕は独自の描き方を追求するため

アクリル絵具を使用して絵を描く事にした。

 

今回は絵が下手だった僕がしてきた

上達法を5つにわけてお伝えしよう。

 

何かを描く時に実物を観察する

riku_1

 

僕もよく行っているのが

この世界にあるものの観察。

 

この観察の力をバカにしてはいけない。

 

絵が下手だと言われる人はまず

この観察力がたりない事が原因の1つである。

 

例えば像の絵を描くにしても

像を観察してから絵を描くのと

像を頭の中で想像して絵を描くのでは

天と地ほどの差が生まれてくる。

 

観察すればするほど細かいしわや線が見えてくる。

 

最初はその表現に苦労すると思うので

まずは物全体の輪郭を上手く描けるように

なるまで練習し、後はその輪郭の中の細かい

表面のしわや線、光の加減を練習して描いて

いくようにする。

 

まずは輪郭から描いていく練習

paint_sekai2

 

これは僕の像の絵を描いている途中の絵である。

paint-zouharf

 

まず始めに全体の形を整えてから

その中身を描いていくようにしている。

 

こうする事によって全体のバランスを崩す事なく

そこから中身を描き込んでいくと、立体感のある

作品が生まれてくるのだ。

zironozouup

 

これだけではわからない!

 

っと言う人のために僕は動画を使った

絵画教室を開いている。

 

興味がある人は下のZiNARTメールマガジンから

人数限定生徒さんの募集をかけているので

参加してみて欲しい。

 

登録は無料。解除も1秒かからない。

 

 

ここでの絵の手法は全て秘密にしているので

他の人には話さないようにして欲しい。

 

授業で描く世界の一部分↓

 

確実に僕のタッチのような作品を描けるようにする。

 

画家が絵を描く手法を伝えるのは画家生命を脅かす

昔言われた事があるが、僕の受け持つ生徒さん

画力向上に成功し、そして絵で生きていける人が現れ、

僕と同じように絵を描いて生活できる人が

この日本でも増えていけばいいな・・・

 

と言う思いから公開する事にした。

 

しかし、本気で僕の絵を好きな人

僕の絵の描き方をお伝えするため

ここでは秘密にしている。

 

その辺の絵画教室とはレベルが違う事を

証明できると思うので是非。

 

とにかく数をこなす

paint-muzousa

 

どんな偉人の画家でも数をこなさずに

現在まで名を轟かせた人物は1人としていない。

 

本気で絵が上達したいなら

下手でもいいので数をこなす必要がある。

 

漫画家は原稿用紙に一週間で約19ページ

描いている事になるが、必ずと言っていいほど

1巻から見比べてもかなり上達している。

 

絵が上手いと言われるプロでも

そこからまだまだ上達する事が

あるのだから素人ならさらに上達できる事が言える。

 

ようは継続して絵を描けるか?

 

どれだけ本気で絵が上手くなりたいのか?

 

 

 

これにかかっているのだと僕は思う。

 

 

 

継続できる人は成功し、

諦める人は成功しない。

 

結局答えはシンプルにこれだけである。

 

どこがダメなのか分析する

enpaint_1

 

先ほど絵を描く数をこなすと言う話をしたが

さらに上達したいのなら、何枚も描いた中から

どこが上達していないのか?

どこを直せばいいのか?

 

っと言う事を分析する事により

さらに絵の上達をする事ができる。

 

 

もしも、自分でわからなければ

今はインターネットの時代なので

それをフル活用する方がよいだろう。

 

例えば絵を載せる掲示板、

イラストを描くのならpixivなどに投稿したり、

Facebookのグループに参加したりして

他人に質問する事もできる。

 

 

どこが悪いのか分析して、

それを直す意識を高めながら

何枚も描いていると自然と描けるようになるのだ。

 

好きな絵描きに近づいてみる

hawaipainting

 

一番手っ取り早い絵の上達法が

あなたの好きな絵を描く人物にコンタクトをとり、

実際にどのように絵を描いていっているのか

見させてもらう事である。

 

あのレオナルドダビンチや葛飾北斎

弟子入りをしてから急激に画力を上げて

いったと言われている程この方法には効果がある。

 

 

 

あなたが好きな絵を描く人が

いったいどのようなスケッチを描いたり、

最初にどのようにして全体の形を整えているのか?

色を塗る時にどのような色を配合しているのか?

失敗した時にどうすればいいのか?

 

など様々な事を学ぶ事ができる。

 

 

 

 

ただし、専門学校や巷の絵画教室では

あまり効果が期待できない。

 

僕も絵画教室に通ったり、

絵の専門学校に2年通学した経験を持つが

そこでは絵の基本的な事しか教わる事はなかった。

 

まわりの生徒は自分で絵を描き続け

画力を上達させた人達もいたが、

その一方で2年間まったく画力が上がらず

今では絵を描く事をやめた人が大勢いる。

 

 

 

絵を教えてもらうなら、

本気でその人の絵のスキルを盗み

あなたのものにする必要があるのだ。

 

世界を旅する画家のまとめ

livepaint1

 

今回は画力向上について話をしてきた。

 

僕は絵画教室を開き、

これまで生徒さんの画力向上に成功してきたが、

それも事細かに僕のタッチの描き方を伝えた結果である。

 

使っている道具。

 

筆に染み込ます水分量。

 

絵具の色の配合。

 

影の付け方。

 

グラデーションを奇麗に描く方法。

 

独創的な絵を描く方法。

 

などなど様々な事を伝えているので

僕の絵が好きで僕のような絵を描いてみたい!

と言う人は是非参加してみて欲しい。

 

参加方法は下の無料のZiNARTメールマガジン

に登録してもらえればそこで生徒募集をかけている。

 

 

ちなみに今回の絵画教室の授業では

「世界」と「アート」の描き方を

お伝えしていく事にしている。

 

8ヶ月後にはあなたの手元に

この2つのリアルな絵が誕生する事になる。

 

 

そして今回は特別記念として

トータルで5ヶ月間の無料授業があるので

このチャンスを見逃さないで欲しい。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ