リアルで特殊な月の描き方を世界を旅する画家がみせる


yaisiromoon

 

月や惑星を描きたいけど円がうまく描けない。

 

円を上手く描く事ができれば、後は僕の手法で絵を描けば

簡単にリアルな月や惑星を水彩絵の具で描く事ができる。

 

その他にも何かアートを描く時にもこの手法が活躍する。

 

円を描くにはコンパスを使うのが一番早いが、
フリーハンドで描けるようになりたいと言う人の

ために基本的な円の描き方を紹介してから絵の具で

月や惑星を描いていこう。

 

  • 奇麗な円を描くには
  • 絵具でリアルな月や惑星の描き方
  • 絵が確実に上達する方法
  • 絵を描いて生活する方法

 

綺麗な円を描くには

最近では紙を回転させて綺麗な円を描く方法が話題になって
いたがキャンパスに円を描く場合このような方法では
役に立たない。

 

なので今回はキャンパスに描く時にフリーハンドで
綺麗に円を描ける方法で月を描いていこう。

 

下の円ぼ部分にあたる所を描き、その中心から直線を上にのばす。

ensita_1

 

その直線の先に上の円の部分に当たる所を描き

直線を二等分できる場所に横線を引く。

この時に鉛筆などで長さを図ると二等分する位置が大体
わかる。

ensita_2

 

そして縦の線と同じ長さの線を鉛筆ではかり、二等分した線の上に
横の直線を縦の長さと同じように引き、円の側面にあたる所を
薄い鉛筆で描いていく。

ensita_3
後はこの4方向の円の側面を少しづつ繋げていくようにする。
この時一気に線を引いてしまうといびつな形の円になる可能性があるため
少しづつ全体の形のバランスを見ながら描いていく。

ensita_4

これで月を描く下準備は完了だ。

 

ここまでは一般的な円を描く方法だが、ここからは

僕の手法の一部を紹介する。

 

 

絵具で月や惑星を描く

月や惑星は球体なので光と影が存在する。

 

そして光から影へのグラデーションを水彩絵の具で描くのが
難しいと言う声があるので僕が考えだした簡単な方法で
リアルな月や惑星を描いていこうと思う。

 

見える部分と見えない部分

enpaint_1

 

見える部分と言うのは光が月に当たっている場所の事で
ここはできるだけ白に近い明るい色を
鉛筆で下書きした線の上をなぞるように塗っていく。

 

見えない部分と言うのは影の位置にあたり、
ここは暗い色で下書きの線をなぞっていくようにする。

 

グラデーションを描く

enpaint_2

 

先ほど描いた光と影から少しづつ中央に向けて色を
のせていくようにし、光と影が交わる所を叩くように筆と指で
ボカして、滑らかなグラデーションになるようにする。

 

表面のデコボコを表現する

enpaint_3

 

絵の具で叩いてできた表面を利用して月や惑星にある
クレーターの部分を描いていく。

 

この時に光の位置を確認して影がどのようにつくのかを
明白にしておくようにする。

 

球体の側面から中央に行くにつれてクレーターを大きくしていく
事によってさらに立体的な球体の形に見えるようになる。

paint-tuki

 

 

天の川の描き方は僕の絵画教室で

詳しく説明しているので興味があれば

下の記事を読んで欲しい。

paint_amanogawa

 

絵が確実に上達する方法

tabimaepaint

 

絵の上達がしたいけど中々できないと

悩んでいる人が数多くいる。

 

僕はそのような人達の相談にものるようにしている。

 

まず何をすればいいのか?

 

それはあなたが好きな絵を描いている人の

描き方を参考にすると言う事である。

 

どのように描いているのか

実際に見せてもらい、その上で

一度チャレンジしてみてダメなら

何度も何度も描けるまで練習する。

 

これを繰り返す事により自然と

あなただけのタッチを手にする事ができる。

 

僕は絵画教室をZiNARTメールマガジン内で

やっているが、動画で事細かにその手法を伝え、

僕のタッチで絵を描けるまでに成長させる自信もあるし

今まで多くの生徒さんの画力を上げてきた実績もある。

paronellaparkpaint2

 

僕からすれば画力向上をさせる事は

それほど難しい事ではない。

 

これまで世界43ヶ国以上を旅しながら

画家の仕事をしているが、その中で

出会ったアーティストの描き方を学び、

自分のスキルへと変えてきた。

 

このスキルを絵画教室の生徒さんだけに

詳しく伝える事により、他の絵画教室では

得る事のできないスキルと言うものを

伝えてきたのだ。

 

もう一度言おう。

 

僕からすれば画力を

上げるなんて事は朝飯前である。

 

 

絵を描いて生活する方法

今回紹介した描き方は

僕の考え出した誰でも描ける月や

惑星の描き方なのだが、

まだまだ他の手法を使ってアートを描く方法がある。

 

paint_japan1

 

絵を描きたい人に僕のこの手法を伝えれば

僕と同じタッチで描けるようになる。

 

描き方一つで絵の見せ方も変わる。

 

絵の描き方は無限にあるからだ。

 

 

この無限にある描き方を学び、

さらに日本でも海外でも絵を描いて

収入を得る知識さえあれば僕と同じような

生活を手にする事ができる。

 

好きな時に絵を描き、

 

好きな時に眠り、

 

好きな場所に旅行にいき、

 

そこで個展のための絵を描き貯める。

 

もちろん絵を描いているだけで

収入は十分に入ってきている。

 

 

画家を目指す多くの人は

公募展やグループ展などに出展して

一発逆転を狙ったり、あるいは大きな

会社に引き抜かれる事を望んでいるが、

それでは第3者に絵描き人生を託している事になる。

 

 

はっきり言っておくが

その方法では絵で収入を発生させる事は不可能に近い。

 

絵を描いて生活するのなら

自分でその仕事を構築するしかない。

 

もしも海外に行けばチャンスは沢山あるが、

現在の日本ではまだまだ画家に対する

支援がされていないし、2013年に公に

なったので知っている人もいるかもしれないが

公募展などには裏がある事が判明している。

 

もちろん全ての公募展に裏があるわけではないが、

誰でも知っているような大きな公募展の受賞者は

審査員の愛弟子であったり、

裏の取引が明らかとなっている。

 

 

どの公募展なのかはさておき、

そのような事が普通となっている

今の日本のアート業界では

普通のやり方では絵を描いて

生きていく事は難しいのだ。

 

 

どうすればいいのかは

僕の歩んできた道をそのまま

歩んでもらえれば自然とわかってくる。

 

僕は絵を描いて生きていきたいと

考えている人の手助けをする事も

活動の1つとしている。

 

興味のある人は是非

無料のメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ