空き缶をコップに変えるサバイバル術を旅する画家が学ぶ


zamami_nicetent

 

画力を上げるため、そして画家になる方法を

学ぶため、様々な国を訪れながら絵を描いてきたが、

旅の中で絵以外にも学ぶ事が沢山あった。

 

僕は日本に一時帰国する時に沖縄の座間味に

滞在してキャンプペイントをする事にしている。

 

その中で島に住んでいる人から、

サバイバル術を学ぶ事になる。

 

空き缶をコップに変える方法

 

まずはこの動画を見て欲しい。

 

見ただけではかなり難しいと思うので

文字でも説明していこうと思う。

 

 

 

まず必要なのが空き缶とライター。

 

そして空き缶のふたを外す。

 

ライターの火がつく方を手の平にあて、

そのまま空き缶の飲み口とは逆の方向

押しつぶすように一気に広げるようにする。

 

それから空き缶の淵を手で固め、

スライドさせるように空き缶を広げていく。

 

これで空き缶の淵は中に入り込むので

口を切る事もない、安全なコップが完成する。

 

キャンプをする時や急遽コップが必要な時は

この方法でコップを制作すると必ず驚かれる

ので気持ちがよい。

 

 

旅をしていると絵以外にも

このようなサバイバル術や、格安で

旅をする方法、英語の勉強法などを

学ぶ事ができた。

 

何か学びたい事がある時は海外や

国内の行った事のない場所で生活していると

嫌でも何かを学ぶ事がある。

 

最高のライフスタイル

zamami-gokurakubeach

 

冒頭でも話したとおり僕は日本に滞在する時は

必ず沖縄の座間味に滞在する事にしている。

 

毎朝波の音を聞きながら太陽が登る時間に

目が覚め、そのまま海に飛び込みウミガメと泳ぎ、

朝食を食べながらコーヒーを飲む。

 

 

そんな生活の中で僕の仕事でもある

絵を描く作業に没頭する。

 

 

旅を始めた当初から考えると

僕はこのような自由な生活を5年以上繰り返している。

 

 

 

好きな時に絵を描き、好きな時に旅にでる。

 

仕事は絵を描く事なので場所は決まっていない。

 

どの国に滞在していても

どれだけ旅をしても収入より旅費が

上回る事はない生活。

 

画家にとって憧れの生活を僕は手にいれた。

 

僕は普通の絵描きが過ごすような人生は

歩んではこなかった。

 

本当に旅をしながら絵を

描いてきて良かったと思っている。

 

島でのZiNの絵の描き方

3yamazamami

 

よく質問でZiNさんはどのようにして

絵を描き上げていくのですか?

と訪ねられる事がある。

 

なのでどのようにして絵を描いているのか?

どのようにしてキャンパスを持ち運びながら

絵を描いているのか?

 

と言う事を少しだけお話しようと思う。

 

持ち運び可能なキャンパス

キャンパスは1456×2160の大きなサイズ。

zamami-campas

 

これはB1(728×1080)サイズのボードを2枚

折り畳めるように制作したボードを用意している。

 

そのボードを広げて固定し、紙を張ると大きな

ボードが完成する事になる。

 

絵を描く下準備

zamami_sitagaki

 

まずはノートにざっくりと下書きをして、

大まかな形を固めていくようにする。

 

影のつき方を確認する

zamami_nendo

 

僕が影をつける時によく愛用しているのが

小麦粘土と言われるもの。

 

これをさきほど描いた下書きのメインとなる物の

形をつくり、左上から光を当てるようにする。

 

これを写真に取り、後はキャンパスに

直接描いていくだけである。

 

 

ちなみにキャンパスに絵を描く時は

そのまま絵具をのせるようにしている。

 

下書きをしてしまうとそこから

自由な発想が生まれなくなってしまい、

面白みのないアートに仕上がってしまうからだ。

 

 

 

こちらはまだ制作過程の作品だが、

影をつけた事により浮かび上がるような

作品ができあがる。

zamami-paintart

 

これが僕の絵を描く時の基本的な流れである。

 

ホラ貝を食す!

zamami-bbq2

 

座間味に滞在していると

島に遊びにきた人達と必ず仲良くなる。

 

たまに島の人がとってきた海の幸を

食べる事もあるのだが、そこで初めて

ホラ貝を食べる事になった。

zamami-horagai

 

ホラ貝は少しずつ中身を出す必要があり、

大きな針に引っ掛けて中身がでるまで

待たなければならない。

 

1時間ほどかかって中身を取り出し、

それを裁いて炭火で焼き上げる。

 

味はアワビのようにコリコリしていて

いその香りが口の中で広がり、かなり美味しい。

 

皆、初めてのホラ貝に興奮しながら

我先にとたいらげていた。

 

旅を辞められない理由がここにある。

zamami-bbq

 

旅の中で出会う人と親密になり、

そこで絵の仕事なども頂く事がよくある。

 

世界を旅していてもこのような

出会いは数多くあり、それが僕の絵を描く

原動力となっている。

 

絵の事で悩んでいる人や、

将来の不安で押しつぶされそうになっている人を

僕は何人も会ってきたが、それを解消する

1つの方法が旅をする事だと考えている。

 

 

 

 

しかし、旅に出る事が怖いと言う人も

数多くいる現実があり、その人達を救済するために

立ち上げられたのがこの世界画家旅人なのだ。

 

今現在、絵を描く事で何かしら

不安があるのなら僕に相談して欲しいと考えている。

 

 

 

僕はこの日本で活躍できる絵描きを

増やす事を目的とした活動もしているので。

 

人はいつか未来の自分がするだろうと

思い、今この瞬間は行動せずに時の流れに

身をまかせる人も多いようだが、それは

決して良い事ではない。

 

将来の不安を解消したいのなら

未来の自分に託すのではなく現在の自分が

行動するしか方法はないのだから。

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ