沖縄のビーチで毎日絵を描いて生きていく画家


4月1日からついに長年の夢だった
南国に住んで画家活動をする
という夢の生活を開始する事になった。


数年前までは1人で行動する事が好きで
自分1人で沖縄に移住して自由気ままに
過ごす妄想を膨らませていた。

しかし、そんな僕でも昨年結婚して子供もできて
家族で沖縄に移住するなんて昔の僕からすると
想像すらできなかっただろう。

 

 

大切なものができると
人間変わるものなんだなと痛感している。

 

今は1人の時間よりも家族と過ごす時間の方が
大切になってしまった。

 

 

さて、
今現在僕は沖縄の那覇市の
マンスリーマンションに滞在しているが、
ここには1ヶ月だけ住む予定になっている。

毎日マンションのテラスでテラスハウスを見たり
(今さらNetflixでハマって観ている)
絵を描いたり、たまりすぎていたメールを
返信したり、部屋から見える夕日を
ボーッと眺めたり、とにかく沖縄タイムを満喫している。

マンスリーマンションに1ヶ月間
滞在している間にこれからずっと住む
物件をトロピカルビーチの近くの宜野湾市
近辺で探していく事にした。

 

沖縄にギャラリーを建てるまでの間は
毎日トロピカルビーチでBBQをしながら
絵を描いたり、ドローンを飛ばしたりして
ゆったりした時間を過ごす予定なので
沖縄に旅行に来る時は是非

トロピカルビーチまで遊びにきてほしい。

 

ギャラリーはまだどこに建てるのか決めていないが
できればモノレールに乗っていける場所に
今年中に作って誰でも気軽に遊びに来れる
オシャレ空間にしようと思うのでギャラリーの方へも是非。

 

沖縄のご飯不味いという人は噂に流される人

沖縄に移住する事を話すと
「ご飯不味いけど大丈夫?」
「沖縄の飯美味しくないから移住考えてたけど辞めた」

っと言う人がいた。

 

 

実際、沖縄には当然コンビニもあるし
マクドナルド、吉野家、くら寿司、
びっくりドンキー、鎌倉パスタ、
牛角などなど・・・

 

東京や大阪にある大抵のチェーン店は
ほぼ全てあるし、居酒屋も美味しいお店も多くて
僕も大好きなオリンオンビールも
たった100円で飲める居酒屋もある。

 

 

沖縄のご飯がまずいと言う人は
噂に左右されすぎではないか?

 

それとも沖縄のご飯は
ゴーヤチャンプルとサーダアンダギーしか
ないと思っているのか?

 

 

どちらにせよ、噂に流されて
それがさも自分の意見のように
「ご飯がまずい!」っと言い切ってしまう人は
知ったか丸出しだな〜っと思ってしまった。

 

 

なのでご飯がまずいの一言で
沖縄移住や沖縄に行くのをためらっている人が
いたとしたら、そんな根拠のない
知ったか丸出しの話は嘘なので
気にする必要はないと僕は思う。

 

なんなら僕が美味しいお店を紹介しよう。

 

あと、沖縄では野菜がかなり高いと
聞いていたが、実際大阪よりもかなり安くで
野菜が売っているスーパーを発見した。

 

僕も移住する前は沖縄の野菜は高いと
思っていたが、色々見ていると
大阪よりも遥かに安い。

 

 

やはりネットや噂を鵜呑みにしても
いい事はないなと実感している。

 

 

これからこのような沖縄情報ブログも
おもしろ可笑しく立ち上げていくので
沖縄に旅行に来る時はそのブログを
参考にして頂ければと思う。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ