座間味のレゲエイベントに火を操るホームレスのおじさんが来た!


座間味のキャンプ場に滞在して4日目が過ぎた。

 

今日はホームレスのようなおじさんと

ダブロッカーズと言うレゲエイベントを

している人達との出会いがあった日。

 

刺激的な一日であった。

 

これが僕の住み処となっているテント。

zamami-maytent

 

椅子やブルーシートはキャンプ場を

離れる人から頂いたものだ。

 

かなり居心地が良い。

 

これで一泊300円で

キャンプができるなら最高だ。

 

 

 

キャンプ場には家族連れや、

一人旅をしている若者が少しずつ集まっきた。

 

そして、このキャンプ場には主がいる。

 

最初はあまり関わりがなかったが、

ビーチで絵を描いていると話しかけてきた。

 

 

 

ホームレスのような出で立ちで

白いヒゲが特徴的なおじさんが

「朝ご飯食べる?」

と聞いてきたので僕は即答で食べると答える。

 

名前はジロウさん。

 

僕はジロウのおっさんと呼んでいる。

 

 

謎の多い人でもしかすると偽名なのかもしれない。

 

 

 

そんな噂がキャンプ場では広がっていたが、

僕はあまりそう言う事は気にしないタイプなので

そのままジロウさんのテントで朝ご飯を頂く事にした。

 

zamami-jirotent

 

ジロウさんのテントは完璧な作りで、

2つのテントの間にキッチンとテーブルが

完備されていた。

 

日差しも遮るブルーシートが

屋根の変わりを果たしており、

直接太陽が当たる事がないので

かなり居心地のいい作りになっている。

 

ジロウさんはキッチンで卵とベーコンを

焼いてそれをパンに挟んだサンドイッチを

僕に作ってくれた。

 

「昼飯もいるだろう?」

 

と言ってもう一つのサンドイッチを

アルミで包んで昼ご飯まで用意してくれた。

 

見た目はホームレスだが彼は座間味にある

小さな売店で働いている。

 

ジロウさんはその後仕事に出かけたので

僕はビーチでのんびりしながら

次に描く絵の構造を練っていた。

zamami_jirosandositagaki

 

まだ朝の10時なのにビールを飲みながら

昼ご飯と言って渡してくれたサンドイッチと

一緒に食べてしまった。

 

自然で食べるサンドイッチは

家で食べるサンドイッチの100倍

美味しく感じてしまう。

zamami_neachsando

 

こんなのんびりした生活が続いていたが、

今日中に大体の絵の構図を仕上げて明日から

絵を描き始めようと思う。

 

自由な時間に絵を描ける生活は最高だ。

 

 

 

絵を描いている人なら誰でも

僕のたどってきた道をそのまま

通ってくる事ができればこのように

絵を描いてそれで収入を得ることも、

好きな時期に個展もひらく事ができる。

 

 

日本の画家の地位は低く扱われがちである。

 

まだ日本では画家を援助する取り組みが

整っておらず、これから先もそのような

画家を支援する団体は日本でできるとは

到底思えない。

 

 

絵を描く仕事がしたい人が

この日本には大勢いる。

 

その中でも行動力のある人は

日本はダメだと海外へと進出し、

日本では有名ではないが海外で

活動して成功している日本人画家は

大勢いる現状がある。

 

僕はZiNARTメールマガジンで

画家になるための相談にも

のっているのだがその中で

一番多かった質問があったので

ここでその回答をしよう。

日本では画家になる事は難しいの?

世間一般的な常識で言えば

この答えにイエスと答える。

 

しかし、僕は日本でも画家になる方法を

発見できたので、その方法であれば

確実に多くの人に見てもらえる環境、

そして絵を利用した商品で収入を得る

事ができる仕組みを構築する事も可能。

 

必要なものはパソコンと絵を描く道具が

あれば、難しいパソコンの知識がなくても

誰でも構築する事は可能だが、継続して

物事を続けれない人にはできない。

 

 

継続できればこんなにも自由な暮らしができる。

 

その方法はZiNARTメールマガジン

順序良く説明しているので興味があれば

無料の登録フォームに登録して僕からの

秘密の情報を受け取ってほしい。

 

 

 

 

朝に昼ご飯も食べてしまい、

次に描く絵の構造もだいたい決まったので

明日から絵を描く事にした。

 

 

その作品は日本で個展をする時に

展示する予定なので気が向けば

個展に足を運んでもらえればと。

 

制作過程は随時この世界画家旅人で

公開していこうと思う。

 

 

 

ビールを飲んで下書きも終わった僕は

海で一泳ぎしてリフレッシュする。

 

これが毎日の日課である。

 

 

そんな時にある一家と仲良くなった。

 

 

旦那であるタクマさんはハナブサと

言うバンドで活動しており、

この座間味でもレゲエイベントを

するためにやってきていた。

 

 

今日の夜から「あかばなー」と言う

宿でイベントをするので僕も顔を出す事にした。

 

すでにお客さんも沢山入っており、

バンドメンバーも集結していた。

zamami-hanabusa1

 

するとそこに何故かジロウさんの姿があった。

zamami-hanabusaibento2

 

ビールを販売していたが、ジロウさんは

お金はいらないと言い、僕に内緒でビールを

握らせた。

 

座間味ではお金はほとんど使わない生活だったが

このように気前の良いおじさん達が

何故か僕を助けてくれたからだ。

 

 

 

ビールを飲みながら、

ハヤブサの流す心地良い音楽を聞いていた。

 

僕はクラブやイベントには行かないように

しているのだが、その理由が爆音を聞いてしまうと

気絶する癖があるからだ。

 

しかしそれは屋内での話。

 

このように野外でやるイベントは

何の抵抗もなく音を楽しむ事ができる。

 

 

そろそろ終盤に入ると思われた時・・・

 

ジロウさんが乱入してきた。

 

 

何をしているだ?

 

そう思っていたが彼は突然

鎖の先に火をつけ振り回し始めた。

 

後でわかった事だがジロウさんは

このパフォーマンスで海外をまわって

お金を稼いでいた時期があったようだ。

 

今は東京にBARを経営していて、

そのお店は従業員にまかし、

ジロウさんは自由気ままな生活を

送っているらしい。

 

 

 

 

僕も海外でライブペイントで収入を得ていたので

同じような活動をしている人がこんなに

近くにいたんだと親近感が湧き始めた。

 

 

旅に出ていると本当に様々な人と

出会う機会が増える。

 

その出会いは後に大きな人生の財産へと

変貌する事は世界を旅してきた中で感じたし、

画家活動にも大きく影響する事になる。

 

もしも、画家として人脈を広げたいなら

個展も良いが、旅をする方が何倍も

人脈を広げる効果があるのだ。

 

明日はいよいよキャンパスに絵を描き始める。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ