サンタクロースを信じていた子供時代の僕が体験したトキメク話。


 

毎年この時期になるとワクワクする・・・

 

 

朝起きると赤い靴下の中の横に

僕が欲しくてたまらなかった
ボクシングのおもちゃのゲーム

「拳闘志」が入っていた。

 

朝起きてそれを目にした瞬間から

トキメキが止まらない。

 

 

あのワクワク感は子供の頃にしか体験できないだろう。

 

今回はそんな子供時代の話。

 

意味のわからない事を言う母

 

保育園からの帰りで母が車を運転して
僕はその後ろの席のど真んを一人で占領して
気分よく座っていた当時の僕は4歳。

 

 

クリスマスの日を迎え、

今夜サンタさんが来ると思うと

ワクワクが止まらない。

 

 

早く家に帰りたいと思っていたが、
なぜかその日はいつもと帰る道が違い
母はちょっと買い物してくると言い残し、
僕は車で留守番する事になった。

 

 

 

車の中ではサンタさんへの思いが止まらない。

 

 

 

家には煙突がない・・・

 

その場合は少しだけ窓を開けておかなければ
サンタさんはこないと父に言われていた。

 

「寝る時は窓をちゃんと開けて

あとサンタさんに何かプレゼントを渡そう。」

 

当時4歳の僕はそんな事を考えていた。
窓の外を見ると母が車に戻ってくる姿が見える。

 

 

何故か大きな荷物を抱えている。

 

 

母はその大きな荷物を後ろの
トランクに入れようとしている時に
僕は見てしまった・・・

 

 

それは僕が欲しくてたまらなかった

拳闘士だった・・・

 

 

 

なぜだ?

 

 

 

拳闘士はサンタさんにお願いしたはずだ。

 

 

 

なぜ母が持っているのだ?????

 

 

 

僕は純粋に「なんで!!??」と母に訪ねた。

 

 

 

すると母は
「サンタさんに送るやつやで!」

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

あぁ?

 

 

 

 

 

 

サンタさんに送るやつ?

 

 

 

 

 

 

意味がわからない・・・・

 

 

 

 

 

サンタさんに拳闘士を送ると
サンタさんも拳闘士をプレゼントしてくれるのか?

 

 

 

 

 

なんて解りにくいシステムだ。

 

 

 

 

 

まぁプレゼントをもらえるなら

母の拳闘士はどうでもよい。

 

 

 

 

 

その事については得に気にする事なく、
とにかく僕はサンタさんが来るのが楽しみで

仕方なかった。

 

サンタさんにプレゼントをあげよう!

 

サンタさんへのお礼ととして
折り紙で作った風船をプレゼントしよう!

 

 

そう考えつき、家に返って晩御飯を
食べた後、すぐに折り紙風船を3つ作って
2段ベットの下の手すりにテープで

紙風船をとめてサンタさんへの手紙を書いた。

 

 

 

お風呂から上がった後、
サンタさんが必ず入ってこれるように
窓を少しだけ開け、サンタさんへの

プレゼントである紙風船も確認し、

準備万端で寝る準備をした。

 

 

 

 

しかし、そう簡単に眠れない。

 

 

 

もしもサンタさんが入ってきた時に
目を開けたらサンタさんはどんな反応をするのか?

 

サンタさんをこの目で見たかった・・・

 

 

 

しかし、それから1時間経っても
サンタさんは現れない・・・

 

 

 

待ち疲れたのか次に気がついた時は
辺りはすでに明るくなっていた。

 

 

 

 

 

ベットの手すりを見ると紙風船が消えている。

 

その代わりに一枚の手紙が残っていた。

 

サンタさんの文字は今まで見た事がない
蛇のような形をしていたが、何故か美しかった。

 

 
この数年後、これが英語の筆記体という
文字だという事を知る事になる。

 

 

 

手紙を見ても何て書いているのかわからない。

 

 

 

そのまま目を横にやると・・・

 

 

 

そこにはあからさまにプレゼントだというような
大きな箱がおかれていた。

 

 

靴下を用意していたが、入らなかったのだろう。

 

 

 

僕は父と母に「サンタさんきた~!!」
っと叫びながら一階に降りていった。

 

 

 

 

いよいよプレゼントを開ける・・・

 

 

 

包み紙を開いていくとそこには
僕が欲しくてたまらなかった拳闘士が!

 

 

 

すぐに兄とど付き合いの拳闘をした。

 

 

 

楽しくてたまらない。

 

 

 

 

サンタさんありがとう!!

母から貰った拳闘士でサンタさんも楽しんでね!

 

 

 

 

 

 

 

そんな夢のような朝が年に1回4年ほど続く事となった。

 

 

 

 

そしてそれから20年ほど経過した現在。

 

 

 

 

僕もそろそろサンタさんになろう。

 

 

 

 

 

僕の仕事は絵を描く事。

 

旅する画家とは言っているが、
海外に永住する気はない。

 

 

沖縄に移住して絵を描いてのんびり暮らし、
クリスマスはサンタになれれば最高だ。

 

 

 

 

これは夢物語ではない。

 

 

そして夢でもない。

 

 

当たり前の現実である。

 

 

 

 

僕が想像した事は確実に現実になる。

 

 

 

 

これまで強く思った事は全て現実になってきた。

 

 

なのでこれも簡単に

現実にしてしまう力がある。

 

 
サンタさんに変身する時が来るのが楽しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ