海外で絵の上達をしながら収入を得る方法


絵の上達、自分からしか生まれる事のない絵を

描けるようになり、その作品で人を魅了して

収入を得るようになる

 

これは絵描きにとっては

永遠の課題なのかもしれない。

 

しかし、それらを同時に、しかも

英語のスキルも付ける方法がある。

 

僕は世界を旅する画家として

これまで様々な国で絵の仕事をしてきた。

 

そして、一番最初のオーストラリアの

絵の修行の旅をしていた時に

これらすべてを叶える方法を発見する事ができた。

 

 

僕はその時、シドニーとメルボルンで

その方法について考えていた。

sydney-keikaku

 

 

以前、オーストラリアの東の海岸沿いにある

アーティストが世界中から集まる小さな町

バイロンベイで路上ライブペイントをした時に

初めて収入を得る事ができたが、さらに

稼ぐためには何か効率の良い方法を

発見する必要があった。

byronbay-hajimetebasukingu

 

ライブペイントをしていると

数多くの人が話しかけてきて、

絵を描いているだけで僕のお金入れに

お金を投げ込んでくれる。

 

ちなみにその時の詳細はこちらの

ライブペイントで収入を得る事に成功した日

と言う記事で細かく語っている。

 

 

 

 

 

ここに目をつけた僕はさらに稼げるように

なるため、とりあえずシドニーとメルボルンに

向かい、その方法を真剣に考えていたのだった。

 

得にメルボルンではバスキングと言われる

路上パフォーマンスで稼いでいる人が大勢いた。

 

僕もここでしようかなとも考えたが、

やはり僕は大都会があまり好きではない。

 

なのでバイロンベイに戻り、

路上ライブペイントでお金を稼ぐ事にした。

byron_zekkei

 

今回はその一番効率の良い

方法について語っていこう。

 

描き始めは誰も立ち止まらない

byronbay_comeback

 

バスでバイロンベイに戻った僕は

とりあえずアーティストが集まる宿、

アーツファクトリーに再び宿泊する事にした。

 

アーツファクトリーには中のよい日本人や

ここで出会った友人が滞在しており、

 

「戻ってきたのか!おかえり!」

 

と僕を迎え入れてくれた。

 

そしてすぐに路上ライブペイントを

開始したのだが・・・

 

 

誰も立ち止まらない。

 

その理由は簡単で絵の描き始めは

何を描いているのかわからないもの。

 

 

ほぼ真っ白なキャンパスに

興味がある人はあまりいない。

 

なのである程度どのような作品なのかが

わかるまでアーツファクトリーで絵を描く事にした。

DSC_2235

 

僕だけのタッチを極めながら絵を描いていると

全体の20%くらいを描きだした頃に

アーツファクトリーに滞在している人達が

話しかけてきてくれるようになった。

 

そしてさらなる収入を得ようと

僕はメルボルンで考えていた方法を

実行に移す事にした。

 

ポストカードで収入アップ!

paint_postcard

 

普通にライブペイントをしているだけだと

2時間で2000円程度の収入しか入らない。

 

これだと妥当な値段と思うだろうが、

メルボルンで見たアーティストは

数分で数万円を稼ぐ光景を目の当たりに

してしまったので、僕も何かもっと魅せる

事ができればさらに稼げるのではないか?

と考えた結果であった。

 

 

 

海外では日本と違い、チップを払う習慣が

根付いており、日本人よりもパフォーマンスに

対してお金を払う事に抵抗がない。

 

この事から海外で絵を描いて収入を得る事は

日本で絵を描いて収入を得るより簡単な事だと

言う事は理解できていた。

 

 

バイロンベイはアーティストの町。

 

町のはずれに印刷屋があり、

ポスターやポストカードを安くで

作成できる場所を宿のオーナーに

教えてもらい、すぐに作る事にした。

 

これを1枚100円で販売する。

 

販売する用の作品も描く

austrippaint

 

ライブペイントで描いている作品は

以前ケアンズのパロネラパークのオーナーから

依頼された作品なので販売する事はできない。

 

なので販売する用の小さな絵も描く事にした。

 

これでライブペイントの見栄えも良くなり、

商品もそろったので、後は立ち止まってくれる人

との会話を大切にして絵を描くだけで良い。

 

ちなみに英語は話せなくても外国人と

コミュニケーションをとる方法があり、

しかも英語も上達できる。

 

 

その方法はこちら

英語を話せない絵描きが外国人と

コミュニケーションをとる方法

と言う記事でその詳しい方法を

紹介しているのでこれから海外で

絵の活動をする人は読んでおいて欲しい。

 

収入はいくら入るのか?

byronbay_nesanusagi

 

とにかくすぐ収入が入るのか確かめたかったので

とりあえず路上にキャンパスをおいて

BGMとして音楽を流しながら絵を描き始めた。

 

すると、ものの数分で観光客が立ち止まり、

僕に話かけてくれるようになった。

 

ウサギを飼っている男性が

ウサギに絵を見せている。

byrobay_usagiman

 

可愛いですねと言うとおじさんは

自慢げにウサギを僕に手渡した。

 

するとそのウサギに釣られてきたのか

はたまは僕の絵に引かれてやってきたのか

お姉さんが隣に座り、写真を一緒に撮ろうと

言うので記念撮影をする事にした。

 

おじさんはポストカード5枚を購入して

ウサギとともに去っていった。

 

 

 

お姉さんと話しているとどうやら

アクセサリーを路上販売しているようで

僕がどのように絵で収入を得ているのか

気になっていたようだ。

 

色々話している内にお礼にポストカードを

5枚購入して僕に名刺を渡して去っていった。

 

 

 

 

ライブペイントを開始して10分程度で

1000円も稼いでしまった。

 

僕の考えは正解だったのだ。

 

 

 

 

それから3時間程ライブペイントをして

様々な国のお客さんと話をし、

気がつけば僕のお金入れの中には

大量のコインとお札が貯まっていた。

 

 

 

アーツファクトリーに戻って計算する事に。

 

 

ポストカードが思いのほか売れ、

ライブペイントのパフォーマンスに対して

通りすがりの人が投げ入れてくれたお金も

合わせると、この日の売り上げは

トータルで7000円弱。

 

 

この時、僕は海外で絵を描いて

生きていける確信を持つ事となる。

 

その後もライブペイントをする日が続き、

稼げる日と稼げない日もあったが、

最低でも3000円は稼いでいた。

 

 

 

 

この時は海外で絵を稼げる方法を探していたので

目標は達成されたが、これは日本でする事はできない。

 

なぜなら路上パフォーマンスをするのに許可がいり、

日本人はチップを渡す習慣もなく、しかも

絵に対しての価値が外国人に比べてあまりない。

 

 

 

 

この数年後、僕はキャパスと絵具道具を持って

世界中を旅する事になるのだが、そこで学んだ知識

を生かして日本でも海外でもどこにいても

絵を描いて収入を得る方法を発見する事となる。

 

 

日本でも絵で生きる方法については

ZiNARTメールマガジンで書いていこうと

思っているので興味がある人は下の無料登録

できるメルマガからその情報を受け取って欲しい。

 

そして僕は絵の上達法、僕だけの絵のタッチの

描き方を伝えるオンライン絵画教室ZiNART

たまに開講しているので、もしも現在

あなたが絵の上達に悩んでいるのなら

僕が独創的な絵の描き方を伝えているので

これも興味があれば参加して欲しいと思う。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ