正月前のケアンズの街はゾンビ映画のようだった


ケアンズの高級マンションに運良く泊まる事ができた。

 

ケアンズはもうすぐ正月を迎える。

 

正月が近づくにつれて世界中から多くの

観光客がこのケアンズにくるので宿を確保するのが

困難になってくる。

 

そんな中僕は運よく高級マンションをレンタルする事ができた。

 

 

しかし正月が近くなり街の宿はどこもいっぱいなのに

街には人がいない。

 

 

オーストラリアは土日祝日はどこのお店も休みなので

皆どこかへ行っているようで街はまるで

ゾンビ映画の始まりのよう静まりかえっていた。

 

 

しかし僕の目的は絵の修行。

 

 

しかも絵の仕事を旅の初日で頂いたので

人がまわりにいなくてもやる気だけは十分だった。

 

ケアンズに来て1ヶ月経ったがまだ2作品しか完成していなかった。

 

次はパロネラパークからの依頼で描く作品の下書きを始める。

paint_sitaous

 

絵を描く時は基本的に下書きをしないようにしているが

依頼の絵を描く時は間違いがあってはいけないので

簡単に下書きをしてから描き始めるようにしている。

 

この日は下書きを描いた時点で満足してしまったので

高級マンションに戻って晩ご飯を作る事にした。

 

帰りにスーパーによって食材を買い、

今夜の晩ご飯を何にするか考えながら歩いていると

ケアンズの街の至る所にスーパーのカートが放置されていた。

cairns_kaimono

 

スーパーで買い物をしたお客さんが

自分の家の近くまでカートで荷物を運んで

そのまま放置するようだ。

 

それを回収しにくるスーパーの店員の

気持ちを考えると可哀想になってきた。

 

 

僕もカートで食材をマンションまで運び

一旦スーパーに戻ってカートを元の位置に

戻しておこうと思ったが面倒になったので

入り口付近に放置してしまった。

 

 

 

申し訳ない。

 

 

 

マンションのキッチンでトマトチーズハンバーグをつくり

何を言っているのかわからない英語のテレビ番組を見ながら

ビールを飲んだ。

cairns_hanbagu

 

1ヶ月以上たってようやくケアンズの街に

慣れてきた所であったが、年があけたら

ケアンズを出る事を決意した。

 

同じ場所にずっといても刺激がなくなってきてしまうからだ。

 

それにこの頃はまだ画家としてどう活動すればいいのか

検討もついていなかったので新しい街に行けば

何か発見できるかもしれないと思っていたからだ。

 

 

ケアンズを出る前にこの高級マンションを堪能しようと

僕は毎晩プールに飛び込んで楽しんでいた。

cairns_zeitakupool

 

お金持ちになった気分だ。

 

プールで仰向けになって浮かびながら

空を見ると満点の星空がそこにある。

 

恐らくこの生活もあと2週間と言った所か・・・

 

ケアンズでは最高の出会いがあった思い出の街になった。

 

次はどんな出会いがあるのだろうと

心を踊らせながら冷えた体を暖めるために

シャワーを浴び眠りにつくのだった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ