毎日出会いがある!?画家になりたいから海外で活動する話


出会いとは人を大きくするもの。

 

画家になりたいと思った時から

漠然と考えていた海外活動。

 

それを実行に移していると思うと

僕は成長したんだなと思える。

 

そんな旅をしている中で多くの人と出会い

触れあう事で自分にも自信が持てるようになった。

 

僕はバイロンベイと言う街に滞在している。

byron-yu-saki

 

オーストラリアの東にある大陸が海へと

突き出した地形であり左右は海で囲まれている。

 

 

風は心地よく、世界中から来るアーティストの

なま歌を聞きながら今日もビーチの前の公園で

絵を描いていた。

 

 

外国人は絵に興味がある人が多いためか

公園で絵を描いているだけで食事に誘われたり

遊びに行こうと誘ってくれる人が一日で何人も

話しかけてきてくれる。

 

 

 

 

画家活動で大切なのは絵の上達に注ぐ情熱と

人との繋がりを増やす事だと僕は思う。

 

その繋がりこそが画家として

有名になる条件の一つなのだ。

 

現在世界で活動したきた経験から
画家として有名になる方法も語っている。

 

気になる人は上の記事を読んでおいて欲しい。

 

 

 

 

今日も3時間公園で絵を描いていると

兄弟で旅行に来ているカナダ人に夜BARで

一緒に飲みにいかないかと誘われた。

 

夕方になり、満足いくほど絵を

描き進める事ができたので宿に戻り、

荷物をおいてから彼らとの待ち合わせ場所である

海の前にある大きめのBARに向かう事に。

 

BARの入り口付近でお兄さんが待っていてくれた。

byron_ani

 

妹はすでにベロベロに酔っぱらっている。

byron_imouto

 

妹の友人もすでに酔っているが

この子はこれで17歳だと言っていた。

byron_imoutotomo

 

外国人の若い子はすでに色気を放っている人が多い。

 

日本人が世界では若く見られるようだが、

世界基準ではこれが普通なのである。

 

 

 

 

数時間BARで飲んでいたが突然睡魔に襲われた。

 

BARでは音楽ライブが開催されており、

僕は爆音が流れる密集した空間にいると

気絶してしまう癖があるのだ。

 

 

体が少しずつ重くなっていき、

意識も遠のいていくのを感じたので

兄にそろそろ帰るよと言いBARから

脱出する事にした。

 

 

 

 

外に出ると海から吹く風が心地よい。

 

少し風に当たって目が覚めた僕は

宿に戻って再び絵を描く事に。

 

 

僕の滞在している宿は世界中から

アーティストが集まる宿で、絵描きや音楽、

ヨガのインストラクターなどなど・・・

 

様々なジャンルのスキルを持った人達が集まってくる。

 

 

そこは自然と合体したような宿で

コテージもあり、奥にはキャンプサイトも

設備されている。

 

 

キャンプサイトの方から爆音が流れているので

行ってみると、ここでも音楽イベントをやっていた。

SONY DSC

 

外国人は本当に踊るのが好きであるが、

僕はそのノリにはついていく事はできなかった。

 

 

中には池があり、その横にバレーコートや

卓球台がおかれている場所がある。

 

そこはまだ静かだったのでキャンパスを広げて

描きかけの絵を広げて再び作業を再開した。

 

 

ケアンズのパロネラパークと言う文化遺産を

管理しているオーナーに頂いた依頼だったので

早く描きあげなければならなかったのだ。

 

 

集中しながら絵を描いていると

通りかかった外国人がほぼ100%の確率で

僕に話しかけてくる。

byron_atumaruhito

 

 

その中でも僕の絵に興味をもったマイケルが

皆に見せたいと僕を爆音のする音楽イベントへと

つれていき、そこで皆に紹介してくれる事に。

 

 

「こいつスゲー絵描くんだよ!」

と自慢げに話すマイケルを見て僕は嬉しくなった。

byron-maikel1

 

僕の絵でこれだけ喜んでもらえるとは想像してもいなかった。

 

 

 

外国人は日本人が英語を話せない事をよく知っている。

 

 

 

しかしそんな事は関係なく話しかけてくれるので

英語が勉強したいのならやはり海外にでて外国人と

直接触れあう方が効率も良いし外国人の友達もすぐにできる。

 

当時の僕はまだまだ英語での

コミュニケーション能力はなかったのだが、

マイケルが僕の思いを通訳してくれると言って

多くの人へと絵を描いている事をアピールしてくれた。

byron-maikel2

 

彼にも英語で話さなければならなかったが

ちゃんと理解しようと聞いてくれていたので

恐らく僕の思いは彼には届いていたようだ。

 

 

現在は世界を旅しながら絵を描いた経験から

何の問題もなく自分の意思を伝える事ができる

ようになったのでマイケルとも連絡を未だに取り合っている。

 

このような出会いが旅では頻繁に起こるので

僕は画家になりたいのなら海外へ行く事をお勧めしているのだ。

 

 

 

 

 

ちなみに海外に行くときに

用意しておいた方がいい事がある。

 

僕はその用意をしていなかったので

後になって後悔する事となった。

 

その事については

海外で絵の活動をする時に準備した方が良い事

と言う記事で語っているので、

もしも海外で絵の活動をすると

決めているのなら読んでおいて欲しい。

 

 

 

 

 

一通り絵も描き終えたので、

この日の作業はこれでおしまいにして

2階にあるキッチンで夕食を作っていると

日本人のヨシ君が宿に戻ってきた。

 

今思えば彼らとばかり話をしていたため

英語の上達が滞った原因の一つとなっている。

 

もしも外国人とだけ接していれば恐らく3ヶ月

もあれば普通の会話はできるようになっていただろう。

 

しかし日本人はどこの国にもいるし、

ここバイロンベイは日本人が思っていたより

多かったように思う。

 

 

 

ヨシ君と話をしながらキッチンの横のテーブルで

ビールと一緒にチキントマトハンバーグを食べていた。

 

 

今日一日はかなり濃い出会いが沢山あった。

 

この出会いこそが僕の財産であり、

絵の仕事にも大きく影響してくる事を

この時の僕はまだ気付いていなかった。

 

 

明日は何をしようか?

と言う話になりバイロンベイから少し離れた

ニンビンと言う田舎街へ行く事にしてその日は

自分の部屋に戻って寝る事にした。

 

ニンビンでは驚愕のカルチャーショックを

味わう事になるが、それはまた

次回のオーストラリア修行の旅の記事でしようと思う。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ