3ヶ月で誰でも英語が話せるよになる農場生活


stanthorpe_kaoaru

 

海外を旅するのに便利な能力と言えばやはり

英語力を身につける事なのだが、日本人で

英語を話せる人は少ない。

 

近年では小学校でも英語の授業を取り入れるなど

日本政府もやっとそこに力を入れ始めたようだが、

日本の学校の授業ではほとんどの人が

英語を話す事ができずに卒業してしまう。

 

現在僕は画家として海外をまわりながら生活を

しているのだが、旅の始まりであるオーストラリア

についた時には外国人と話せなさすぎて宿の

予約すらできなかった・・・

 

 

高校の時に学校で英語のテストがある日は

どうせ受けてもわからないので大学の広場で

テストが終わるまでのんびりハトに餌やりを

していたほど苦手だったのだ。

 

 

 

 

しかし、そんな僕でも急激に英語力が向上したと

実感できる瞬間があった。

 

そして画家として生きるのに英語をマスターすれば

確実に役に経つし、海外からの依頼にも

対応できるようになる。

 

 

実際僕に絵の仕事をまわしてくれる人は

ほとんどが外国人である。

 

 

 

この方法を実践できれば誰でも3ヶ月で

話せるようになるし、画家活動にも

拍車がかかる事をお伝えしたい。

 

自分を追い込む生活

stanthorpe_ie

 

そもそもなぜ旅をする決断をしたのかと言うと

僕は画家として生きる事を目的としており、

海外で絵を描いて収入を得る方法、

そして絵の修行をするために旅にでたのだ。

 

 

 

結果的に絵で収入を得る方法を発見し、

1年前とは明らかに違うスキルを手にいれた。

 

 

お金も貯める事ができる生活をしながらも

毎朝海で泳いで目お覚まし、ビーチで

日光浴をしながらのんびり読書をする。

 

そのような生活も手にいれたのだが、

どうしても他に手に入れたいものがあった。

 

それはオーストラリアに2年滞在できるという

セカンドVISAである。

 

 

これを手にするに指定された農場で

3ヶ月働かなければならない。

 

 

そんな理由から仕方なしに農場の仕事を

する事にした。

 

 

スタンソープという有名な農場地帯があるのだが、

僕はそこで3ヶ月働く事になる。

 

最初は達也さんと言う30歳の男性と

一緒に農場の近くにある、キャラバンといわれる

小さなキャンピングカーのようなものを

宿とする場所に滞在していたが、

途中からシェアハウスに映る事にした。

 

そこで達也さんとは別のシェアハウスに

行く事になるのだが、僕が止まったシェアハウスには

韓国人、香港人、台湾人が滞在しており、

日本人は僕1人だけであった。

 

最初は英語が話せなかった

stanthorpe_oyakowarabi

 

旅をして英語の勉強も一応していたが、

オーストラリアには旅をしている日本人が

多く、僕はほとんどの時間を彼らと過ごして

しまっていた。

 

なので英語の発音も日本語英語になり、

あまり自分の意思を伝える事も上達できずに

悩んでいたのだ。

 

 

その状態のまま日本人1人のシェアハウスに

滞在すると当然日本語を話す機会というものが

なくなってしまう。

 

 

かなりのストレスではあったが、

シェアハウスに滞在する皆は親切で

時間が経つにつれて仲良くなっていった。

 

農場で働いて1ヶ月経つ頃・・・

stanthorpe_niji1

 

朝6時に目を覚まし、シェアハウスの皆で

農場へと向う。

 

そして夕方までイチゴを刈る仕事をして

クタクタの状態になりながらも

皆で食事をつくり一緒に食べる。

 

そのような生活が続いていた。

 

気がつけば冗談を言えるほどまでに

英語力が上達し、自分が思っている事も

普通に伝える事ができるようになっていた。

 

 

日本で英語を勉強しようとしても

どうしても日本人が近くにいる環境なので

なかなか実践する場所が少ない。

 

そのため日本で勉強しようとしても無理があり、

英語脳になる事もできない。

 

英語脳の作りかた

stanthorpe_syeanakama

 

普段日本語を話す時は深く考えずに

話す事ができると思う。

 

それはそうだ。

 

日本で育ったのだから

自然と日本後がでてくるのが

当たり前である。

 

 

僕もそうだったのだが、

まだ英語が得意でない人が

英語を話す時、まず頭の中で日本語から

英語に翻訳して話す人が多い。

 

 

しかし、そんな人でも1ヶ月外国人と

話していれば嫌でも日本語を考える前に

英語の文章がでてくるようになる。

 

 

後はわからない表現の仕方があれば

その事について聞けばいいだけである。

 

 

例えば「コップ」という単語を忘れたとしよう。

 

その場合は

「あれ忘れた。コーヒーとかジュースを飲む時に使うやつ」

っと伝えれば相手はコップの事だと理解してくれる。

 

このように相手に訪ねる状況に

自分を追い込む事で英語脳という物が

発達していくのである。

 

 

もちろんこの質問ができる状態になるのに

1ヶ月〜2ヶ月は外国人だけと生活する必要が

あるのだが、これは誰でもできる事である。

 

3ヶ月経つ頃には英語で相談にものれる

stanthorpe_ienomae

 

2ヶ月間外国人と生活するだけで

英語にも慣れ、ある程度の日常会話は

できるようになる。

 

そして3ヶ月が経つ頃には

相手の相談にものれるまでに成長できる。

 

完全に英語脳になってしまえば

もしもわからない単語を相手が使ったとしても

その前後の文脈で大体どんな意味なのか

理解する事ができるようになるためである。

 

 

 

これは英語を勉強している人あるあるで、

ある日突然理解できるようになると言う。

 

 

 

実際、僕も英単語はそれほど知らなかったのだが、

話の流れや文章の組み立て方で相手が

何を言っているのか全て理解する事ができた。

 

 

 

 

こうして僕は英語脳を着実に育てる事に

成功し、3ヶ月で全くダメだった英語を

話せるようになったのだ。

 

 

今現在英語を話したいと考えているのなら

外国人とだけ接する生活をするように

した方が効率もよい。

 

 

英語教材や英語塾ではその瞬間は覚えていても

普段の生活で使わないのであれば

すぐに忘れてしまい、身に付く事はないだろう。

 

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ