旅で起きたトラブル!車の運転中にゴキブリと格闘した画家の日常


byronbay_chinramenkuu

 

前回のオーストラリアの記事で話した

トラブルから一夜が明けた。

 

真夜中・・・

 

寒い夜・・・

 

裸で大草原の真ん中で1人ぽつんと立っていた僕・・・

byronbay_warabi1dake

 

そんな状況に陥ってしまったが、

旅にトラブルはつきもの。

 

今回は僕のミスでこのトラブルが発生してしまった。

 

トラブルの詳細はこちらの

真夜中の草原で裸のまま閉め出された。

っと言う記事で書いているので

まだ見てないと言う人は読んでおいて欲しい。

 

 

 

こんな最悪の状況だったにも関わらず

僕は無事に今も旅を続けている。

 

旅をしているとトラブルが起きる度に

まわりの友人や旅の中で出会った人が

必ず助けてくれる。

 

不思議なほどに良いタイミングで

救世主が現れるのだ。

 

 

 

これは旅をしている人のあるあるで

困った時にこそ、そのような出会いは

必然的に起きる。

 

 

まず1つ目の必然的に起きた出会いは

ブラジル人でサウンドクリエイターをしている

リーフに出会った事。

byronbay_reefivent2

 

彼がいなければ僕は広い草原で

凍えるような寒さの中、裸で一夜を

過ごさなければならなかったであろう。

 

 

リーフのシェアハウスで一夜を明かした僕は

Tシャツを借りて町にでた。

 

車を開けてもらうために

整備士の所に行かなければ

ならなかったからだ。

 

鍵を開けてもらうだけであるが、

それだけでも恐らく50ドルくらいは

飛んでいってしまう・・・

 

なんてもったいないミスをしたのか・・・

 

そんな事を思いながら歩いていると

救世主と出会う事になる。

 

偶然ではなく必然の出会い

DSC_0635

 

以前ライブペイントをしている時に

ボスと言う犬と一緒に旅をしている

ブランキーと言う青年と出会った。

byronbay-brankiboss_0632

 

彼はキャンピングカーでオーストラリアの旅を

何年も続けており、僕の絵を気にいってくれたので

一枚購入して車内に飾ってくれている。

 

整備士の所に歩いている途中その

ブランキーと偶然出会ったので話しをしていた。

 

僕の落ち込んだ顔を見て

「どうしたの?」と訪ねてきたので

昨夜の事件の詳細を話すと彼はこう言った。

 

「俺、整備士だから開けてやるよ!」

 

 

 

耳を疑った。

 

 

こんな偶然あるのだろうか?

 

 

彼はキャンピングカーからハンガーを1つ

持ち出し、「さあ行こう!」と言う・・・

 

 

 

 

ハンガー1つで鍵が空くのか?

 

そんな事を思ったがブランキーの自信満々の

顔をみている限り、嘘をついているとは思えなかった。

 

彼を信じて僕の車がおいてある草原へと向う。

 

 

 

 

 

車は寂しそうにポツンと広い草原の

ど真ん中で僕の帰りを待っているようだった。

 

 

 

 

窓の隙間からハンガーをねじ込んだかと思えば

 

 

ガチャン、ゴゴ・・・

 

 

ガチャ・・・・

 

 

ガチャリ・・・

 

 

 

 

開いたー!!!!!

 

 

1分もかからず開けてしまった!

 

 

 

 

こんなに簡単に開けられては

僕の昨日の苦労がバカみたいに思えてくる・・・

 

 

 

その後車に乗り込み、ブランキーと一緒に

リーフの家でのんびりさせてもらう事にした。

byronbay_brankipaip

 

安心した僕はアボカドトーストを食べながら

今日はのんびり過ごす事にした。

byronbay_abokadotost

 

オーストラリアのアボカドは安くて大きくて

美味しいのでそのまま食べても味がする。

 

アボカドトーストは僕の定番の朝食になっていた。

 

ゴキブリパニック

byronbay_eigakan

 

無事に車の鍵を開ける事ができたので

安心してはいたが、実は僕にはもう1つ

かなり気になる事があった。

 

昨晩、車の中を徘徊していたゴキブリ・・・

 

 

 

車の中に入れないのをいい事に

僕が見ている前でゆっくり車の中を歩き回っていた。

 

車の中に放置していた食べかけのスナック菓子や

ゴミ袋を全て捨ててもまだ気味が悪いので

ひとまず車内全体を掃除機で掃除し、

奇麗な状態にした。

 

 

 

掃除中もゴキブリは見当たない。

 

どうやら昨晩の内に満足したのか、

僕の車から出ていったようだ。

 

 

 

安心した僕はそのままバイロンベイから

数分走った所にある丘の上に車を停めて

読書を楽しみながら一日のんびり過ごす事にした。

byronbay_marutaisu

 

丘の下には海が広がっており、

サーファーがサーフィンを楽しんでいるのが見える。

 

天気も良い。

 

風も気持ち良い。

 

 

気がつけば夕方までこの丘で寝てしまっていた。

byronbay_okauesirokuro

 

目の前には海の向こうに夕日が沈んでいる。

 

それが一日の終わりを告げる合図になる。

byronbay_okanouesunset

 

僕は車に乗り込みバイロンベイの町に

帰る事にした。

 

 

山道を走っている途中ラジオから流れる曲と

海に夕日が沈む絶景を横目に今日の晩ご飯は

何を食べるのかを考えていた。

byronbay_sunsetkumo

 

「今何時だ?」

 

 

そんな事を思ったのでケアンズで買った

自慢の腕時計で時刻を確認した。

 

 

 

 

 

時間は夕方の5時半・・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

「うぎゃーーーーーーーー!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

腕時計の横にゴキブリが止まっていた。

 

 

パニック!

 

 

 

手足をばたつかせるとゴキブリは

フロントガラスの前に吹き飛ぶ。

 

 

気持ちが悪い。

 

 

オーストラリアのゴキブリは動きが遅い。

 

 

窓を全開にしてタオルを拳に巻き付け

ゴキブリに左フックを叩き込む

窓の外へと吹っ飛んでいった。

 

 

 

掃除をした時はいなかったのに

どこに潜んでいたのか?

 

 

この車でいつも寝ていたので

気持ちが悪くて仕方がなかった。

 

帰りにオーストラリアのバルサン的な

殺虫剤を購入し、車の中に殺虫剤の煙で

一杯にする事に。

 

気持ちが悪いのと殺虫剤の煙で

僕も死にそうになったので、

その日はまたリーフのシェアハウスで

眠らせてもらう事になる。

 

これは僕の旅の中の事件でも

もっとも最悪な事件の1つになった。

 

画家として生活する方法を知らない常識人

zamami-mezamasi

 

ゴキブリ事件で最悪な気分ではあったが、

天気が良く心地よい風が吹くこの丘は最高の場所だった。

 

その丘の上には一軒の大きな屋敷が立っている。

 

恐らくオーストラリアのお金持ちが持つ家である。

 

僕もいつかこのような海の見える丘の上に

ホテルと個展会場を建ててのんびり自由気ままに

生活したいと思った。

 

 

現在はその夢の一歩手前まできている。

 

この当時はライブペイントと絵の依頼

だけでしか収入を発生させる方法を

知らなかったので日本に住むなのなら

絵で収入を得るための何か他の

方法を発見する必要があった。

 

僕はその方法をすでに発見してしまったので

夢の一歩手前と言えるのだ。

 

 

まだまだ億単位を稼げるような

絵描きにはなれていないが、それでも

生活するには十分すぎるほどの収入がある。

 

それに僕は億万長者になりたいのではなく

自分の好きな事だけをして生きたい。

 

 

ただそれだけなのだ。

 

 

絵を描いて生きるとはかなり幸せな

生活ができていると自分でも思う。

 

世の中にはその方法がわからずに

路頭に迷う若者が後を絶たない。

 

僕は思った事をすぐに行動に移すタイプだったので

その結果、今の生活を手にいれたのだ。

 

 

 

行動しなければ何も始まらない。

 

常識に捕われていては何も得る事ができない。

 

 

 

早くこの事に気付かなければ

絵を描く人生なんてものは手に入らない。

 

 

絵を描いて生きるなんて無理だと

バカにされる事もあったが、

それはその人の常識内での話。

 

知識と情報を頭にいれながら

行動すれば確実に絵を描いて

生活する方法はあるのだ。

 

それを現在の僕が証明している。

 

 

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ