ショック!あれを車で引いちゃったオーストラリアの旅・・・


stanthorpe_oyakowarabi

オーストラリアでは日本では見る事ができない
様々な種類の野生動物を見る事ができる。

 

 

都会にはあまりいないが
少し離れた田舎町の草原や森に行くと
カンガルーやワラビーを頻繁に見る事がある。

stanthorpe_warabii

 

最初に見た時は凄い凄いと興奮していたが、
あまりにも見かけるので慣れてきてしまい、
あまり興味をしめさないようになっていた。

 

 

 

日本では道端の横でよくネコの死骸を
見る事があるが、ここオーストラリアでは
道路の道端によくカンガルーやワラビーの
死骸が転がっているのを目撃した。

 

 

 

それほど身近にいる動物なのだ。

 

 

 

 

僕はそんなオーストラリアで
絵を学ぶため、画家になる方法を探すために
旅をしていて、思っていたより簡単に
その方法を発見してしまった。

byronbay-higeojisan

しかし、その後セカンドVSIAを
手にいれるために農場で
働かなければならない事に。

 

 

絵を描いて自由に生活する日々を捨てて

スタンスソープという有名な農場地帯で
働く事になったのだが、やりたくもない
農場の仕事をしているとどうしても
休みたい日がでてきてしまう。

stanthorpe_hatake

 

 

 

それはそうだ。

 

 

 

僕は絵を描くために、そして画家になるために
オーストラリアを旅していたのだから。

 

 

専門学校に入学した22歳の時から
毎日毎日絵を描く日々を過ごしてきたので
少しでも描けない日々があると不安になってしまうのだ。

 

 

 

 

しかし、ハードワークに慣れていないためか
朝から夕方まで農場で働いてシェアハウスに
帰宅するとクタクタで疲れきってすぐに寝てしまう。

 

 

そんな日々に嫌気がさした僕は
一度仕事を休んでゴールドコーストの
ビーチまで車を走らせ絵を描きにいく事に。

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに絵を描く事ができたので
夢中になり、気がつけば夕方になっていた。
surfer_yuuhihatu

 

 

 

 

また明日は農場の仕事をしなければならない・・・
surfer_sunayawaraka

 

嫌で仕方なかったがセカンドVISAを
手にいれる為にはどうしても3ヶ月間
働かなければならない。

 

 

ゴールドコーストにある
サーファーズパラダイスのビーチの砂を
触りながらそんな事を考えていた。

 

 

 

 

 

暗い気持ちのまま再びスタンソープへと
車を走らせる事に。

 

 

 

あたりはしだいに真っ暗闇になり、
オーストラリアの森の中にのびる
ハイウェイの上を音楽を聞きながら
走り続けていた。

stanthorpe_ie_yuugure

 

 

スタンソープへと続くのハイウェイは
日本の高速道路とは違い、普通の道路の
ようなつくりになっているので
スピードは出しながらも森の中を
駆け巡る感覚を味わえる。

 

 

 

 

時速80キロは出していただろうか?

 

 

 

 

このスピードだと1時間でついてしまうな・・・

 

時刻は夜の11時をまわっている。

 

スタンソープへの到着は深夜になる予定だ。

 

 

 

 

 

そんな事を考えながら前方を照らす
ヘッドライトの光を見ながら走っていた。

 

 

 

 

 

 

すると突然

 

ハイウェイの右側にある
森の奥から大きな物体が僕の車の
前方へと飛び出してきた!

 

 

 

 

「このスピードでハンドルを切ってしまえば横転する!」

っと瞬時に判断した僕はハンドルを切らず
できるだけゆっくりブレーキをかけたのだが、
飛び出してきた場所が3m手前だったので
間に合わなかった。

 

 

 

 

 

「っドン!!」

 

 

 

 

 

それは車のバンパーにぶつかり、
回転しながら左のフロントガラスに
ワンバウンドして後方に飛んでいくのを確認。

 

 

 
僕は一人車の中で絶叫した。

 

「やってもうたぁぁぁぁぁあああ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

人ではない事は理解できた。

 

 

こんな山中の真っ暗闇の中を
あんなに高速で走る人間はいない。

 

 

 

 

僕はカンガルーを引いてしまったのだ。

 

 

 

最悪だ・・・

 

 

 

明日の仕事が嫌で落ち込んでいた
僕の心に罪悪感という魔物が新たに
誕生した瞬間だった。

 

 

 

 

ハイウェイなので引き返す事ができないし、

見るのも怖かったのでその気持ちのまま
冷や汗を垂らしながらスタンスソープへと
車を走らせていたが、動揺していたのか
何度も道を間違え結局夜中の3時に到着した。

 

 

シェアハウスの皆は帰りが遅い僕を
心配してくれていたようで部屋の明かりを
つけたまま僕の帰りを待っていてくれた。

 

 

 

 

 

友人にカンガルーを引いてしまったと言い
車が壊れていないか確認しようと言うので
ガレージに止めた車のバンパーを見ると
毛がついていた。

 

 

皆はオーストラリアではよくある事だから
気にするなと言うがそんなに簡単に受け入れれる
ものではない。

 

 

 

 

 

僕は次の日も仕事を休んだのだった。

 

 

 

 

 

 

 

PS.
後にこれが原因なのかは不明だが、
僕の愛車はバラバラになりこの世から消え去る事となる。

 

 

 

 

旅をしてると日本では体験しない事が
頻繁に起こるようになる。

 

 

 

 

そして僕はその経験のいい事も悪い事も
全てこの世界画家旅人で語り、
これから画家を目指す人の道しるべを
していこうと考えているのだ。

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ