オーストラリア一人旅の魅力


DSC_0029

 

絵の修行が目的でオーストラリアへ

一人旅をしにきたので、僕は毎日

ケアンズの大きな公園ラグーンで絵を描いていた。

 

 

 

ラグーンは海の前にある大きな公園だ。

芝生もプールもあるのでここは

ケアンズ市民の憩いの場となっている。

DSC_0023

 

DSC_1069

この公園で僕は毎日英語の勉強や絵の修行をしていた。

 

 

当時の僕は全くと言っていいほど英語を話す事が

できなかったが、絵を描いていると様々な国の人や

ケアンズに住んでいる人達が話しかけてきてくれた。

DSC_0346

 

IMG_1845

 

その中でも最もお世話になったケアンズ在住の

ジャッキーとオノと言う夫婦だった。

SONY DSC

 

彼らも僕が絵を描いている最中に話しかけてきてくれた。

 

絵の修行の旅をしている事や、

英語が全く話せなくて宿に泊まるのに

一苦労した話を片言の英語で必死に説明した。

 

 

 

この頃は英語の発音も未熟で通じているのか

通じていないのか僕もわかっていなかったが

ジャッキーとオノはずっと笑顔で僕の話を聞いてくれた。

 

すると突然ジャッキーが娘達に紹介したいからと言って

今日の夜一緒にディナーでもどうか?

と誘ってくれたので、僕はこの頃まで

外国に来て外国人とあまり深く関わってこなかったが

この夫婦は何故か安心感があり即答で行くと答えた。

 

 

 

ジャッキーとオノの家につくとディナーをごちそうになった。

 

 

 

オノがギターを引いてやると言って

何のジャンルなのかもわからない

下手くそなギターの演奏を聴きながら

お酒が進み、気持ちよくなってしまった。

DSC_0366

 

初めて出会う外国の人と話もまともに

できない僕にこんなに親切にしてくれる人も

いるんだなと、ほろ酔い気分で

考えているとなんだか安堵感と安心感の

両方が混じり合ったよくわからない気分になっていった。

 

 

 

居心地がいい・・・

 

 

 

そんな事を考えているとジャッキーが

今日からケアンズを出るまで

家に泊まりなさいと言ってくれた。

 

 

 

こんな事が日本であるだろうか?

 

僕は居心地の良さとジャッキーとオノの

優しさに甘える事にした。

 

 

 

外国の人との初めての深い交流だった。

 

 

ケアンズは知らない人でもすれ違う時

 

「Hi」

 

と軽く挨拶をするような治安の良い場所で

優しい人が多い場所だと感じる事もできるし

居心地も申し分ない。

 

 

 

僕はいつの間にかケアンズが好きになっていた。

 

 

 

この後、ここケアンズで思いもよらない出会いが

きっかけで一番最初の絵の仕事を得る事になる。

 

この仕事から海外での仕事の取り方を

学ぶようになるとは想像もしてもいなかった。

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ