自分で描いた絵画で稼げない日々の始まり


paint_sekai2

 

独自のスタイルから生み出される絵画で

人を魅了し、なおかつそれで収入を

得られたなら最高の人生を送れると思わないだろうか?

 

 

僕は現在、画家として活動しているが

その夢の生活を手にいれるまでかなり

時間がかかったがようやく形にする事ができた。

 

今まで本当に絵を描く仕事をするために

活動してきて良かったと思っている。

 

その苦労のおかげで画家という

仕事の流れと言うものも理解できたので。

 

 

 

 

今では世界を旅しながら絵を描いて

のんびり自由気ままに生活している。

 

 

 

もちろん日本に滞在しながらでも収入は入ってくる。

osaka_hotelpaint

 

その僕が歩んできた道は

ZiNARTメールマガジンで配信しているので

興味がある人は是非読んでみて欲しい。

 

 

 

旅の始まりの頃は自分では納得いくほどの

スキルはまだ持っておらず、ましてや収入を

得る方法なんてものも知るわけもなかった。

 

 

旅はオーストラリアのケアンズから

始まり、そこで出会った人達と交流を

かわし、日にちが経つにつれてどんどん

絵で収入が入ってくるようになっていった。

 

 

オーストラリアの東部に位置する

バイロンベイでは絵を描いて収入を得る方法を

発見し、毎日それで貯金もできていたし、

車も購入できるまでに成長していた。

byronbay_umikuruma

 

しかし、僕の人生の分岐点とも言える土地

バイロンベイから離れなければならない。

 

当時ワーキングホリデーVSIAを使って旅を

していたのだが、どうしてもセカンドVISA

が欲しかったのだ。

 

 

セカンドVISAと言うのは普通1年間滞在できるVISAを

最長2年間滞在できるようにするVISAの事を言う。

 

それを手に入れるには指定された農場で

最低3ヶ月間働かなければならない。

 

 

このた僕の絵画を見てもらう事も

人に認めてもらう事も収入を稼ぐ事も

できなくなってしまう。

 

もちろん一時的にではあるが

画家活動を開始してから絵画と

離れた時期がなかったので多少の不安は残る。

 

 

 

 

しかし、オーストラリアに

2年滞在する事ができれば

それだけお金を貯める事ができ、

なおかつ世界で僕からしか生まれない

絵画を量産できると言う事になる。

 

後の事まで視野に入れると

絶対に3ヶ月我慢して農場で

働いた方が良い方向へ向うと感じていた。

 

 

が・・・

 

 

この農場生活では予定外の災難が起こり、

その計画も水の泡と化してしまうのだが、

当時の僕はそんな事を知るよしもなく

住み慣れたバイロンベイを離れて、

農場の仕事を探す旅にでる事にした。

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

僕は車の修理工場にいる。

 

前回の記事でも話したが、

オーストラリアの山奥で突然

車が故障してしまったのだった。

byronbay_kuruma-si

 

普段から車に寝泊まりしていた僕は

修理工場のお兄さんに頼み込んで

一夜をそこで過ごさせてもらった。

 

 

車が故障してから約24時間後・・・

 

無事に修理も完了し、やっとこさ

農場地帯であるスタンソープへと向う事ができた。

 

 

 

これから農場の仕事を探すため、

絵画を描いて稼ぐ事ができない日々が続く・・・

 

 

僕は昔から会社や組織のようなものに

入って働く事が苦痛で仕方なかった。

 

就職した時も毎日が苦痛で

鬱病にもなってしまったほどである。

 

 

 

一般的にみればただの社会不適合者ではあるが

その性格のおかげで現在の僕の生活を

手にする事となったのだ。

 

 

 

しかし、セカンドVISAがどうしても欲しい・・・

 

 

 

そんな強い思いが僕を突き動かした。

 

 

まずは友人に連絡してスタンソープで

農場の仕事の情報を聞き出す事に。

 

 

 

すると・・・

 

 

ものの2分で農場の仕事が決定してしまった。

 

 

運よく友人の働いている農場で人手が欲しいとの

事だったのでそこで働かせてもらう事になったのだ。

 

 

 

すぐに仕事が決まりすぎて

やる事がなくなってしまったので、

スタンソープを探検する事に。

stanthorpe_warabii

 

少し山の中に入るだけでワラビーが大量にいる。

 

日本で言う猫のようなもので

道ばたにもたまに車に引かれたワラビーが

転がっているのを目にする機会が多かった。

 

 

そして何と言う場所か忘れたが、

この町の遺産のような場所があると

聞いたので車で向う事にした。

 

 

これは大昔に落石があり、

雨や風に少しずつ削られたため

このような形になったらしい。

stanthorpe_iwayama

 

 

気がつけば夕方になっており、

夕日を見るために町の丘の上に行く事にした。

stanthorpe_yuhizin

 

 

 

 

 

奇麗な夕日を見ながら僕は思った・・・

 

 

 

 

 

カップルが邪魔で見えない・・・

stanthorpe_jyama

 

これから始まる農場生活の事を考えると

憂鬱にはなるが、また新しい出会いが

待っているかもしれない。

 

そう自分に言い聞かせるようにして

3ヶ月の農場生活に気持ちを備えていた。

stanthorpe_artpicmeigen

 

 

3ヶ月経てばまた僕からしか生まれない

絵画を利用して収入を得る事ができる。

 

 

っとこの時は思っていたが、

この後、ある事がきっかけで最悪の

結末を迎える事となる。

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ