パナマで強盗に遭う!


IMG_1571

パナマへ到着してすぐ強盗に遭ってしまった。

 

しかも荷物をすべて持った状態で・・・

 

 

 

 

旅の途中に日本人の友達がパナマで働いていて、

会う事になったので急遽パナマへ行く事にした。

 

日本でよく遊ぶ友達と海外で

会うとなると何故かワクワクした。

 

 

パナマ空港に無事到着してから

前もって調べておいた宿の場所を

確認すると空港から近かったので歩いて行く事にした。

 

 

しかし・・・

この考えがうかつな行動だったと

後で後悔することになる。

 

 

実は空港から宿に行くまでに

スラム街があったのだ。

 

 

その事にまだ気づいていない僕は

大きめのバックバックを背負い、

体の前には小さいリュックをかけながら、

右手には大きいキャンパスと絵の具が

入った箱を持っていた。

 

 

 

 

30分くらい歩いたあたりから

町の雰囲気がおかしくなってきた。

 

 

 

ボロボロの家やアパートが並び、

黒人がたむろしている。

 

地図上を確認すると

このスラム街を越えて少し歩くと到着する。

 

すべての荷物を持ったままその中を歩いていった。

 

 

 

 

そして大通りに出た時に後ろを振り返ると

高校生くらいのスラッっとした背の高い

黒人2人と中学生くらいの黒人2人が歩いていた。

 

 

立ち止まって後ろを振り返ると

その4人は角を曲がった。

 

 

 

再び歩きだしてまた後ろを

振り返るとまた4人がいる・・・

 

 

 

 

完全に狙われている事に気がついたが、

荷物を全部持った状態では走って逃げる事は不可能だ。

 

 

 

どうするか考えていたその時。

 

 

 

 

 

道の斜め前方に車の修理屋さんが見えた。

 

休憩中なのか男5人くらいがイスに座っている。。

 

 

 

 

 

ここに一旦非難しよう!

 

そう思った瞬間・・・
後ろにいた男が全速力で走ってくる音が聞こえ、

振り返る間もなく背中に背負っていた

バックバックを引っぱり倒してきた。

 

 

 

 

バックが重すぎて亀のような状態で倒れこんだ僕。

 

 

 

 

すかさず残りの3人が体の前にかけていた

小さいリュックを必死に引っ張り奪おうとしてきた。

 

 

 

しかし、なかなかリュックを盗る事はできない。

 
それもそのはずこの時僕はまず、

小さいリュックを前にかけてから

バックパックを背負っていた。

 

 

なので小さいリュックを奪いたければ

まず最初にバックパックを肩から

外さないと前にかけた小さいリュックを

盗る事はできないのだ。

 

 

 

そんな事はお構いなしに亀状態の僕から

リュックを3人がかりで引っ張ってくる。

 

中には一眼レフカメラ、PC、iPhone、iPad、

これまで撮ってきた世界中の写真が

入ったハードディスク、が入っていた。

 

写真がなくなってしまえば

これから計画している事も

出来なくなってしまう。

 

 

 

 

絶対に渡さないと叫びながら

リュックを必死に抱き抱えている最中

車の修理屋さんの5人組を思い出した・・・

 
「助けて」という意味も込めて

車の修理屋さんの方をチラっと確認すると・・・

 

 

 

 

そこには男5人がイスに座り、

コーヒーを飲みながら襲われてる僕

をのんびり観察していた。

 

 

 

 

正直腹が立った。

 

 

 

 

5メートル手前で人が

襲われているのに何もしない人達。

 

もし僕がこの立場なら警察呼ぶなり

なんなりするが、何もしないで

観察しているだけのその態度に

強盗よりこの5人に腹が立ってきた。

 

 

 

強盗してきた4人組もまだ僕から

リュックを奪えない事にも段々

腹が立ってきたその時、

リュックを奪おうと必死の左側にいた

背の高い黒人が僕の顔面を殴ってきた。

 

 

しかし、その時僕は尋常じゃないくらい

汗をかいていたのでそのパンチは

僕の頬を滑るように流れていった。

 

 

 

 

なのでパンチは全く痛くなかった。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

そのパンチが僕の怒りを

爆発させる原因となった。

 

 

小さいリュックの前のポケットに

入れておいたナイフを取り出し、

日本語で罵声を浴びせると、

初めて奪おうとする手が止まり、

僕のナイフ確認したとたん彼らは逃げだした。

 

 

普通強盗するならナイフやピストルは

持っていそうだが彼らは何も

持ってはいなかったようだ。

 

 

 

 

幸いな事に荷物はすべて無事だった。

 

これから僕の人生に大きく関わる

写真や絵も守れたのでホッとした。

 

 

 

 

後から聞いた話だがこんな事はよくある事で

警察に言ってもほとんど動いてくれないらしい。

 

 

 

パナマ初日は刺激的な一日で終わった。

 

 

 

しかし、今ではこんな事件ですら

こうしてあなたに話せるのだから

経験してよかったと僕は思っている。

 

 

 

 

PS.

僕の計画していたと言うのは

この世界画家旅人を立ち上げると言う事だ。

 

 

無事に写真も動画も全て守れたので

今こうして伝える事ができているのだが、

もしも全て奪われていたらと想像すると

ゾッとする。

 

しかし、いつも神様は僕の味方をしてくれる。

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メール登録 *
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ