愛車を手放した時の話


僕は車には興味はなかったが当時就職していた会社
は車で行く方が便利だったので18歳の時に始めて車を購入した。

 

就職してからローンで約90万円の新古車で水色のEKワゴンを
購入したがそれが僕の生活に大打撃を与えてしまった。

 

高卒で手取り18万円と聞いていたが話とは違い
月の給料は13万円〜16万円程度しかなかった。

 

絵の学校の学費をためるために働いていたが、
車の支払いや生活費で思うようにたまらなかった。

 

しかし車がある生活を一度してしまうと手放す事ができない。

 

1人でのんびりしたい時は和歌山の海に1人で釣りにいったり、
夜中暑くて眠れない時も1人でドライブにでかけたりと
時間が経つにつれて愛着がわく車へと進化していったのだ。

 

しかしそんな愛車も手放さなければならない時がきた。

 

学費がたまらず精神的に弱っていた僕は沖縄に逃亡し、
本気でお金をためる方法を考えていくと
必然的に車を売らなければならなかった。

 

人気のない水色のEKワゴンなんて売っても
数万円でしか買取してくれる所しかなかったので
友人に相談すると30万円で買ってくれると言う。

 

今でもその友人は僕の愛車に乗っているようだ。

 

次に車を購入したのはオーストラリアに滞在していた時だ。

 

わずか5万円で購入したスバルの年式がかなり古いタイプだった。

 

オーストラリアで生活している時はこの車に寝泊まりしていて
かなり快適に暮らしていた。

 

夜は海の前に止めて寝たり、大きな牧場の上に光る満点の星空を
眺めながら寝たりしていたので、この車にも愛着がわいていたが
別れは突然訪れた。

 

ハイウェイを走っている途中、動かなくなりハンドル操作も
できなくなってしまったのだ。

 

偶然にもガソリンスタンドの近くだったので無理やり
路肩に止めて修理屋さんを呼んだが、修理してもまたすぐ
動かなくなるかもしれないと言われた。

 

実はこれまでにこの車には修理代で40万円ほど
かかってしまっていたのだ。

 

仕方なく車をスクラップにする事にした。

 

外国で車を買う時は最低でも20万円のものを購入した方がいい。

 

安すぎると修理代で逆に高くついてしまうからだ。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ