中国人の若者は日本人を尊敬している?


世界を旅していると様々な人種と出会うが僕が

日本に一時帰国したときハワイで出会った中国人

の友人が大阪に遊びにきた。

 

僕は宮崎で生まれたのだが、

大阪で30年間育ったので

外国人を大阪のどこへ連れていけば

楽しんでくれるのかがわかる。

 

日本人で中国人が嫌いだと言う人も多いが

旅中に出会った多くの中国人の若者は

日本人を尊敬してくれている人が多いと

言っていた。

 

 

日本人はニュースやネットの情報を見てイメージだけで

考えてしまうが、その情報に洗脳されてしまい

事実とは違う怒りの感情が作り上げられてしまう。

 

 

情報ではなく自分の目で直接確かめていかなければ

大きな思い違いで人生そんをしてしまうのだ。

 

 

その友人はレンと良い女の子の友達と日本を旅行

している最中に中国ではありえない日本の文化に

遭遇してやはり日本は凄い国だと言っていた。

 

日本と中国の違いに驚く

大阪を案内し、最後にミナミのゲームセンターに

遊びに行った時の事。

 

レンの友人の女の子がUFOキャッチャーで

中国でも大人気のワンピースのフィギュアをとりたい

と言う。

 

そして中国では高額な最新のiPhoneを

UFOキャッチャーのコントロールの上へ置き

トラファルガー・ローのフィギュアを必死に

狙っていた。

 

しかし中々とる事ができず、諦めて

ゲームセンターを後にした。

 

その後数分間ミナミの街を歩いていると

女の子がiPhoneが無くなったと騒ぎだした。

 

彼女は取り乱しながらさっきのゲームセンターに

置き忘れてしまったと言って動揺していた。

 

それもそのはず、中国ではiPhone6を買うとなると

10万円ほど払わないと買えない高価なものだ。

 

急いでiPhoneを置いたはずのUFOキャッチャーへ

向かったがそこには何もなかった。

 

彼女は絶対に盗まれたと思ってかなりショックを

受けていたが僕は一応店員に聞いてみようと

思い、iPhoneの忘れ物がないかゲームセンターの

受付に行く事に。

 

彼女はショックでかなりうつむいていた。

 

買ってすぐの高額な物をまだまだ若い

18歳の女の子が無くしてしまったので

それも当然の反応だ。

 

受付のお兄さんにiPhoneの落とし物を確認すると

すぐに「これですよね?」

と言ってiPhoneを取り出してきた。

 

彼女は信じられないと言ったような顔で

喜びながら

「もし中国でiPhoneを置き忘れると5分でなくなるのに

日本は何ていい国なんだ!」

と日本を大好きになったと言う。

 

日本では落し物を届けると言う日本人の国民性を

中国人の若者たちは支持しているようだ。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ