『言霊』という神秘の力は実際に存在する。


この世界には人知を超える存在が数多くの人に確認されている。

 

例えば幽霊や異次元空間の歪み・・・

 

物体で言えばUFOや宇宙人・・・

 

あなたがそれらを信じているのか

信じていないのかは問題ではない。

 

大切なのはこのような考え方や存在が

この地球上を住処としている人間達によって

認識されているという事である。

 

そしてこのような不思議なものは

存在や物体だけではない。

 

それは人間の内に秘める神秘の力。

 

『言霊』である。

先に話しておくが今回の話は

事実に元ずく話であり、宗教的な話でも、

何か怪しいものに勧誘する話でもない。

 

それは誰にでも秘められた力であり、

人間の脳の仕組みが生み出す

神秘の力について語るだけである。

 

あと、今回語る事をあなたが

信じようが信じまいが僕には関係ない。

 

なぜなら

「実際に僕が体験したこと」という事実は

決して変える事は出来ない現実だからである。

 

なので誰がどう思おうが

何を言おうが事実は事実。

 

変えようのない現実の話なのである。

 

人に伝えると現実にしようとする力が溢れる

僕は実際に画家として絵を描く生活を手に入れるために

ずっと昔から言葉に出し続けてきた。

 

例え誰に何を言われようと

 

「ここでこうなってこうして画力を上げる!」

 

「来年はこれをこうして絵を描く事を仕事にしていく!」

 

「あれをしてこれをして画家になる!」

 

と言い続けた結果、今の生活を手にいれたのである。

 

 

そしてそんな生活の中で僕は

日本の夏には座間味という島で

キャンプペイントをする事にしているのだが、

そこで1人の青年と出会った。

座間味島のキャンプ場に何ヶ月も滞在している

じろうのおっさんと言うホームレスのような

出で立ちのおじさんがいたのだが、

そこには毎晩のように入れ替わり立ち代りで

島に観光に来ている人達が訪れており、

彼らと夜遅くまで語り合いながら

飲み明かす日々を送っていた。

彼はその中の1人で肌は健康的に焼け

綺麗に並んでいる白い歯が印象的な

まだ10代の青年だった。

 

「これからちょっと色々成功している人と会って

話を聞いて自分も何か成功させうようと思っている」

 

このような事をずっと話してくれた。

 

その数ヶ月後に彼は大阪の梅田に

今までにはない新しいスタイルの

Barを経営して雑誌にも取り上げられるようになった。

 

知っている人がいるかもしれないが

店内には砂がひかれ、まるでビーチで

飲んでいるかのような感覚になる

オシャレな空間のお店。

 

今度彼のお店に遊びにいくので

そのお店の話はその時する事にしよう。

 

 

 

つまり、僕が言いたい事は

現に言葉に出し続け、それを人に聞かせる事で

それが現実になったという事実。

ひと昔前まではこの力を『言霊』と言っていただが、

この力は脳の仕組みが大きく関係している事がわかっている。

 

人は言葉に出し続けた事と

実際の行動に一貫性を持たせようとする

習性があるのだ。

 

言葉に出し続け、それを人に言う事で

脳の中ではまるでそれを実行する事が

当然であるかのように認識する。

 

 

逆に一度言った事を実行に移せない人というのは

常に言葉にしていない人、

つまり頭の中で考えるだけに

留めてしまっている人なのである。

 

考えるだけに留めてしまうと

時間が経つにつれて必ず

「不安」「恐怖」「心配」という

邪念が生まれてきてしまう。

 

その邪念を誕生させないために

『言霊』という概念が生まれたのである。

 

 

 

この神様が人間に与えた

神秘の力を信じるか信じないかは

あなた次第であるが、まずはそれが

現実に起きているという事実を

心に留めておいて欲しい。

 

イイねをくれる人の繋がりは必要

言葉にすると言う事を実際に続ける事で

人の深層心理の奥深くでは

それを現実にしようとする

働きがある事はわかった

 

しかし、これを続ける事は以外と

難しいという人も中にはいるのかもしれない。

 

そのように思う人はまわりのサポートが必要である。

 

人間は否定され続けると

邪念を生みやすくなる特徴がある。

 

これを防ぐにはまずはあなたの味方をしてくれる

仲間や、あなたが言う事を理解してくれる人を

まわりにおいておく必要がある。

 

 

今この時代に生まれた人は得をしている。

 

っと言うのも今の時代ではSNSなどを使って

ネット上でそういう人達と簡単に

出会える環境に恵まれているからである。

 

よく知らない人でも顔も全く見た事がない人でも

SNSを利用すれば簡単に支持してくれる人と繋がれる時代。

 

そこで、これから目指す未来を言葉にした時に

イイねを押してくれる人というのはその中でも

得に大切にしておいた方がよい人々である。

 

 

なぜなら、その人達はあなたが言葉に出し続けるために

必要な気力や勇気やモチベーションといったものを

与えてくれる存在になるからである。

 

 

僕も実際これからする事を

SNSで言葉にするとイイねを沢山頂ける。

【traveling painter ZiN】 in progress ZiN new world. #絵描き #進行中 #仕事 #ZiNの世界 #アーティスト#アクリル絵画 #世界画家旅人 #画家 #日本人 #zinart #trip #traveler #pictures #world_pictures #artist #japanese #painter

ZiN ART (Painter)さん(@painter_zinart)がシェアした投稿 -


っという事はイイねをもらえた数だけ

実際に僕が言った言葉(ここでは文章)を

目にした人の数であり、それだけの人に

見られたという認識を脳の中に強烈に埋め込む事ができている。

 

そうするともう何が起きようと

やるしかない状況が生まれ、

「絶対に実現する」という気力も

継続して生まれるというわけなのだ。

 

この力の存在を今この瞬間から僕が証明する。

それでは僕が言霊という力の存在を

今この瞬間から証明してみせよう。

 

あなたにも言霊の力が実際にあるという

証人になって欲しいと思うので、

これから僕が叶える未来に一度目を通して欲しい。

 

【その1】

僕の絵を観覧できる個展会場と合体した

少数人だけが泊まれるホテルを建設する。

 

【その2】

リラックスした空間にいながらも

ゆっくりアートを感じ、そこでは

人と人との繋がりを毎日生み出す事ができる

環境を提供し、なおかつ僕自信も楽しみながら

画家活動をしていける場所にする。

 

【その3】

毎日ビーチで絵を描き、そこには

僕に会いにきてくれる人達が

ひっきりなしに訪れる場所にする。

 

【その4】

毎年ハワイのお正月でライブペイントをして

人を魅了し、この活動から僕は飛躍的な活躍をみせる。

 

【その5】

世界中で個展をする。

 

【その6】

『おい!冒険いくぞ!』と言って

世界中を一緒に飛び回りながら

成長に必要な経験を与える事ができる父親になる。

 

【その7】

生きすぎてギネスブックにのる。

 

【その8】

冷凍保存されて未来の火星で目覚め、

火星から地球を見る。

 

 

っとまぁこのような事を

実際にこれから言い続けていこうと思う。

 

これらが一つ一つ現実になっていった時は

あなたがその証人になって欲しい。

 

 

まぁギネスブックや火星で目覚めるのは

証人になって頂ける可能性は非常に低いが・・・

 

まずは手前の夢から現実にしていこう。

 

 

時間がかかるものもあるが、

1〜6に関しては全て10年以内に達成してみせよう。

 

今この瞬間からあなたは僕の証人になったので

これから僕の動向を厳しく確認しておいて欲しい。

 

そうすれば、あなた自身も本気で

言霊の力を信じる日もくるだろう。

 

 

 

PS.

先ほど話した座間味のキャンプペイントでは

多くの人と共に過ごしながら自然を満喫して

充実した日々を送りたいと思っている。

 

座間味島は本当に僕がお勧めする

日本の中でも最高の島。

 

その魅力を記事にしたので

興味がある人は読んでおいて欲しい。

 

座間味を100倍楽しめる観光の仕方を画家が語る


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ