冬は寒くて活動できなくなる話


僕は冬が嫌いだとこの世界画家旅人で

何度も言ってきたが何も昔から嫌いだったわけではない。

 

小学校低学年の頃はよく家族でスキー旅行にも

出かける事がよくあったし、冬に雪が降れば友人と

雪だるまを作ったり雪合戦をしたりして

楽しんでいた。

 

いつから嫌いになったのかと聞かれると僕も

あまり記憶にないが恐らく中学生の時の冬のマラソン

が嫌で冬が嫌いになったのではないかと推測する。

 

夏なら朝起きる時も自然と目覚めるのだが、

冬になるとずっと布団の中でうずくまり

それが理由で学校を休むことがあった。

 

それほど冬が嫌いなのだ。

 

しかし冬が嫌いなのはただ寒いのが

苦手なだけであり、冬の食べ物や

ウィンタースポーツは好きだった。

 

中学生の頃は友人と泊まりで

よくスキーに出かける事もあった。

 

リフトで一番難しいコースの頂上までのぼり

かなり早いスピードで滑り降りた。

 

この時かなり汗をかいていたので寒さなんてものは

一切感じなかったが休憩を挟むと急激に体が冷え、

暖かい食堂にこもり、一日が終わる事もあった。

 

 

一度寒さを感じてしまうと動く気がなくなってしまうのだ。

 

 

もしも日本が冬だけの気候の国なら僕は

今のように活発に活動する気力すらうまれなかっただろう。

 

 

今まで世界中を旅してきたが、冬から逃げるように旅をしてきた。

 

ヨーロッパを旅した時は真夏で気候も良かったが何ヶ月も

旅をしているといつの間にか冬が近づいてきていたので、

まだ夏の中東を旅し、冬が近づいてくるのでさらに南の

アフリカを旅していた。

 

旅中一度も冬の国を旅する事はなかったが、

標高が高い土地では冬のような気温の場所も

あった。

 

とにかく冬は活動できなくなるので

僕は夏の国を旅してまわりたい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ