勉強嫌いだった僕が変わった理由


僕は小学生の頃から勉強より遊ぶ事の方が
重要な事だった。

 

勉強する事が将来何の役に立つのかもまだ
わかっておらず、毎日勉強そっちのけで
毎日外で遊びまわっていた。

 

夏休みの宿題も夏休みの最終日に一気に終わらす
ような子供だったし、絵日記も毎日書く事はせず
最終日に思い出しながら書いていたが結局いつも
友達と遊んでいた事を嘘を交えながら書いていた。

 

それほど勉強が苦手だった僕がまさか大人になってから
様々な事を勉強しだすとは夢にも思っていなかった。

 

グラフィックデザインの勉強やWEBデザイン。

 

それに絵の勉強や英語の勉強。

 

そして最後には画家になる方法を世界をまわりながら
勉強する事になる。

 

ここまで勉強するようになったのも全て自分の人生に
大きく関わってくるものばかりだった。

 

僕は楽しいと思える事しか勉強はできな正確だが、
一度勉強すると、とことん追求してしまうので
人よりはワンランク上のレベルまで到達する事が
できた。

 

その中でも群を抜いて上達できたのが絵の勉強だ。

 

絵を描くのは好きだったが素人以下の絵しか
描けなかった僕が画家になって僕の頭の中の世界を
描いていくという目的をもった瞬間から本気で
勉強をし始めて現在のレベルまで到達する事が
できた。

 

絵の才能なんてなくても上手くなる

それは上の記事で証明済みだ。
何事も本気になって勉強すれば上達する事ができるのだ。

 

しかし絵を描く多くの人は途中で挫折してしまうため
中途半端に上達した状態でやめてしまう事が多い。

 

そのまま続けていれば他の人には生み出す事ができない
独創的な作品を描けるようになる事もしらずに。

 

僕が言いたいのは途中で辞めてしまうくらいの情熱なら
最初からもっと他の情熱を注げるものを
選んだ方がいいと言う事だ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

メルマガ読者の声

 画家として生活するために必要な考え方    ZiNARTLIVEPAINT

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ