「自分には人に語れるような絵の知識も実績もない」という人達へ・・・


「絵を描いて生きていきたい」

 

もしも、今あなたがこの文章を読んでいて、

すでにそんな思いを少しでも持っているのなら・・・

 

いつか必ずと言っていいほど

大きなモンスターがあたの目の前に現れる。

 

そのモンスターを「不安」と呼ぶ。

 

この最強最悪のモンスターは

あなたが通る未来に現れる。

 

 

 

しかし、このモンスターが現れる事なく

そのまま人生を上手く進めていく人も大勢いる。

 

 

その人達の特徴としては

自分の未来のイメージまでに

到達するための道や方法、

そしてそこまで到達する

プロセスというものを常に

頭の片隅においているという事。

 

 

しかし、これが出来ていない人は

必ずと言っていいほど「不安」という

モンスターが目の前に現れる事になる。

 

そもそも不安とは何なのか?

 

例えば、

僕は常日頃から言っている事がある。

 

それは

 

「絵を描いて生きていきたいなら

出来るだけ多くの人と出会える環境を作り出せ」

 

と言う事。

 

僕の場合は海外でのライブペイントや

この旅ブログの世界画家旅人などを利用して

多くの人と出会う環境を作り上げた。

ここで、「不安」というモンスターを

心に飼ってしまっている人にこの話をすると・・・

 

「自分には今何のとりえもないのですが大丈夫でしょうか?」

 

「私は旅に出た事がありません」

 

「ブログで自分を発信したいけど話す事がないので無理です」

 

っと言うような相談メールが後を経たない。

【相談メール】 Tさん/アーティスト

 

自分を世の中に出すという発想を忘れていました。

 

ZiNさんのブログは旅の記事を読み進めている内に

ZiNさんがどんな人なのか伝わってきます。

 

私にもZiNさんのような楽しいブログを作れるのでしょうか?

 

これまでのアーティスト活動の中で

人に語れるよう話がありません。

 

知識も何もないのですが、

そんな私でもZiNさんのように

注目されるようになれるのでしょうか?

 

そこが不安です。

正直僕はこの質問を聞いて

「なぜそこから考えるの?」と思ってしまう。

 

未来の自分の姿までのプロセスを

完全に無視しているとしか思えない。

 

この答えを分かりやすく解答した

相談メールを掲載しておくので

「私にもできますか?」と思う人は

絶対に読んだ方が良い。

 

これを読んで今のあなたの状態に

早めに気付いて欲しいと思う。

自分の今ままでのアート活動の中で

人に語れるような事をやってきませんでした。

知識も何もないのですが私でも

画家になれるでしょうか?

こんな私でも大丈夫でしょうか?

こんにちは〜!ZiNです!!^^

 

語る事がないのならこれから
知識を詰め込めばいいのですよ!

 

なぜかはわかりませんが、

語る事がないという人は
今持っている知識やスキルだけで

勝負しようと思い込む傾向にあります・・・

 

この考え方と言うのは

 

「カレーのルーも具材もないのですが
今用意できる水だけで美味しいカレーは作れますか?」

 

っと言っているようなものです。

 

具材とカレーのルーを買いに行く

というプロセスの考えが抜けているわけですね^^

 

これの解決方法は

具材もカレーのルーも買いに行けば良いだけの事。

 

なので、

「人に語れるような事がないから無理」

「それほど目立つ経歴がないから無理」

っと考えている人の解決方法は

知識を詰め込んで行くと言う事だけです。

 

それをするにはまず、これから

本屋さんに立ち寄って興味のあるものや

ためになる本などをパラパラと読んで

印象に残った言葉や知識を一度自分の

頭の中に入れてみてください。

 

そして帰ってその意味を理解しながら
自分の言葉でメモをするように
スマホやPCのメモ帳に書き移していってください。

 

こうする事により知識が増えていきます。

 

1日たった1つの知識を詰め込むだけで
1年後には365個の知識となり、それが
自分の武器になります!!

 

本を10冊読めばそれなりの知識が身に付き、
本を50冊読めば人に教える事ができるほどになり、
100冊読めば専門家レベルになれると言われていますが

本当にその通りですよ!

 

僕もよくこの手は使っていますし
僕の場合はブログ記事にしてしまうので
ブログ記事の量産+自分の知識となって
一石二鳥なんです^^

 

学びましょう!

 

カレーを作りましょう!

 

 

 

理解できただろうか?

 

語る事なんてこれから

作り上げていけば良いのだ。

 

遅過ぎるなんて事はない。

 

「本気」という意味に

頭ではなく心で理解できれば

1年経てば人は劇的に変わる事ができる。

 

全てはあなた次第。

 

 

 

PS.

先日、ZiNARTメールマガジンを

読んでいる方から

「ZiNさんのメルマガを読んでいると

この画像を思い出しました」

とメールを頂けた。

 

その画像がかなり共感できたので

ここに記録しておこう。

 

僕は他の事についての相談も

数多く受けており、そこで

様々な事を語っている。

 

今回の話は氷山の一角。

 

相談されて感じた事を

ZiNARTメールマガジンで配信しているので

何かわからない事や、相談があれば

そこから連絡して欲しい。

 

 

必ずあなたの役に立てる自信もある。

 

その重要性に気付けているのか気付けていないのか・・・

 

それによって、あなたの未来も変わる事は間違いない。

 

まぁ実際あなたがどの道を歩もうと僕には関係ない。

 

それはあなた自身が決断する事なので。

 

 

 

PPS.

それでは、そろそろ

ハワイライブペイントの準備と

新しい作品を進めるので今日はこのへんで。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ