ネットを使って画家になる事に疑問がある人に言いたい事


とある場所の山奥の川辺で仕事をしていた。

 

仕事と言ってもバーベキューをしながら
現在同時進行で5枚描いている内の一つを
川辺に立てかけて絵を描くだけであるが・・・

 

この作品の完成系はまだあと少しさき。

 

お酒を飲んで自然のパワーを感じながら
絵を描くと集中力が増す。

 

さらに絵を描いている最中も今年の年末年始に
ハワイでライブペイントを企画しているのだが、

その時に描く作品の構図を頭の中で構築していた。

 

【ZiNARTイベント情報】

201712月25日〜2018月1月10日

クリスマスからお正月の明けまでハワイに滞在して

ホノルルビーチでライブペイントをする予定。

 

このような自然の中にいながらも
仕事ができる環境を生み出してくれたものが
ひと昔前にはなかったインターネット。

 

友人と遊ぶ約束をする時も
LINEやSNSなどで繋がっていれば
わざわざ家に遊びにいって呼びにいかなくても
簡単にコミュニケーションをとる事ができる。

 

僕が子供の頃はわざわざ家の前に行って
「○○君〜あ〜そ〜ぼ〜!!!」
っと大声を上げていたが、今ではそんな事を
している子はほとんどいない。

 

さらに、GoogleやYahoo!で
行きたい所を検索すれば簡単に
その場所の情報がでてくる。

 

今はそんな便利な時代である。

 

 

 

僕はそのネットを利用して画家のための
相談窓口を作り上げたのだが、毎日かなりの数の
相談が寄せられる。

 

「日本で画家として生きていくためには一体どうしていけばよいのか?」

 

「画力を上げてから何をするべきなのか?」

 

「海外で活動したいけど怖いのでどうしたらよいのか?」

 

このようなかなり難しい質問に毎日のっている。

 

 

1日で僕の相談メールボックスは
30件〜40件入ってくる。

 

その中で届くメールの中には

僕自身も気付けなかった非常に興味深い

悩みを持つ人達から相談メールが届いていた。

 

その方達の質問をまとめてみると

「ブログやSNSをして活動する事に疑問があり僕はやっていません。まわりのアート関係の友達に絶対にやった方がいいと言われるのでが、何か違う気がして未だにやっていません」

 

「僕が思う理想の画家像は直接対面した人に絵を売るという事です。しかし、それが出来ずに現在に至るというのが本音の所です。こんなおじさんの考え方は今の世の中から見ても改めるべきなのでしょうか?」

 

「ブログを使う事に少し抵抗があり、ネットを使った画家活動を自分がするには少し抵抗があります」

 

「画家はネットを使わず絵だけで勝負するのが画家なのか?それともプライドを捨ててネットを利用した方が良いのか?どちらがいいのかわかりません。」

 

っと言う同じような悩みの質問を20通以上頂いた。

 

念のため先に話しておくが、

この方達は決してブログやSNSを活用している人達を

批判をしているわけではなく、この方達の中だけで

引っかかっている事なので誤解のないように。

 

今回はこの質問に対しての
僕の考え方というものをここで伝えようと思う。

 

っとその前にまずこの質問をして頂いた方々に感謝をしたい。

 

僕自身も他人が考えている事全てを
把握しているわけではないので、こうして
質問をして頂ければ「そう考える人もいるんだ」
っと理解する事ができるし、
「他の人に今何を伝えれば良いのか?」
という参考にもなるので。

 

それではまず、この質問の返答をしたメールを
こちらに掲載しておく。

 

ネットを利用する事に抵抗があります。

ZiNさんのお考えを教えてくださ。

【ZiNの相談返信メール】

 

こんにちは!ZiNです!

 

山奥の川辺で絵の修行をしていて返事遅れました!

 

ん〜それはまぁでも人それぞれの考え方と
世の中の流れの捉え方によりますよね。

 

確かに人と直接接する事が
一番良いとは僕も思いますが、より多くの人と
出会うきっかけを与えてくれるのもまたネットですからね。

 

今の時代ネットやSNSなどを

使っていない人の方が少ないのでこれを

使わない手はないんじゃないかなと思いますし、

逆に使っていない人を探す方が今は難しいと思います。

 

ネットを利用す事が引っかかる場合でも
他の方法を考えればいくらでも思いつきますけどね^^

 

例えば僕はお正月にハワイでライブペイントをしますが
そこで直接出会った人達と会話して交流して絵の依頼や
仕事などを増やそうと思っていますし、あとお正月は日本人が
多いので日本人の方とも直接お話ししてお仕事に繋げる事が
できればなと思っています。

 

↑これだけでもかなりの宣伝効果は期待できますが、
ここにネットをプラスαで使えばさらに多くの人達が
見に来てくれますよ!

 

宣伝しないと、一体どこで何をしているのか
現地で偶然会った人しか知る事ができないので
そこはネットで宣伝しないともったいないんじゃ
ないかなと思いますし^^;

 

『今年の12/25日〜お正月明けの1月10日まで
ハワイのホノルルビーチでライブペイントをします!

是非遊びにきてください^^」

 

っとネットで言わないと知らずにそのまま
過ぎ去ってしまう人の方が多いですからね。

 

こうして告知する事によって

「そうなんだ!行ってみたい!!」

っとなればそれだけでネットをやる価値は
十分にあると思いますが、

 

まぁそれも個人個人の考え方ですね

 

気になるならネットを使わない方法を
考えるしかないです!

 

っとなるとやはり個展ですかね?

 

しかし、この個展もネットで告知すれば
人知れず個展をひらくよりも
さらに多くの人が個展に訪れてくれて
そこで直接お話しする機会も増えるんですけどね^^;

 

海外の旅にでた当初は僕も
それほどネットは利用していなくて
ライブペイントで直接出会う機会を

作ってましたけど、今考えると

当時もネットを駆使していれば良かったと
今さら後悔していいます^^;

 

数ある中の相談でこのメール返信が一番
伝わると思ったので掲載させて頂いた。

 

上のメール相談でも話したように
画家は「絵」という武器一つで勝負する事が全てではない。

 

やはり今のこの時代ではネットを利用して
ブログやSNSで自分がしている活動を拡散する事が
今の時代の画家の生き方なのではないかと思う。

 

 

 

PS.
「ZiNさんのイメージが想像していたより
フレンドリーで何だか安心しました!」

っとよく言われる事がある。

 

 

この事からネットを利用すると
イメージやキャクターも自分自身が想像する
ものをつくり上げる事ができるという事になる。

 

真面目に質問には答えるが
僕もふざける時はふざける。

 

多くの人は僕が真面目でお堅い人間だと
思う人もいるようだ。

 

僕としてはありのままの考え方や
画家としてどうしていけばいいのか?
僕自身という人間がどのような人物なのか?
どのようにふざけるのか?笑
っという事などをメルマガの中だけで
正直に話しているのでメルマガを
読んでない人からすれば
たまに変な人と勘違いされる事もある。

 

 

まぁどのように思われてもそれで良いのだが。笑

 

 

伝わる人に伝わればそれで良い。

 

今こうしてネット上にある
世界画家旅人で出会えた多くのアーティストの
人達とこれから楽しい思い出ができれば
僕の人生はそれだけで充実していくので。

 

ハワイでのライブペイント企画。

沖縄でのキャンプペイント企画。

相談飲み会企画。

どれもこれも楽しみで仕方ない。

 

僕と話しをするなら直接メールで相談して欲しいと思う。

 

解決できる事は解決してあげたいと思うし、
なおかつ、おもしろい企画や海外からの
絵の仕事なども紹介していこうと思う。

 

 

PPS.
ちなみにこの海外の絵の仕事では
画力を見る試験のようなものがある。

 

そして見事その絵の依頼の仕事を
手に入れたアーティストも何十人も現れた。

 

そんな時にお礼のメールが届くのだが、
この時に本当に人の役に立てて良かったと思えるし
僕自身もかなり嬉しく思う。

 

これからもこうして
皆さんに有意義な情報を提供したり、
画家にとって最高の武器となる経験を
して頂ける人達を増やしていこうと思う。

 

 

PPPS.

今何かに煮詰まっている人は

どこか山奥の川かビーチに絵を描きにいって欲しい。

リフレッシュも出来て、また新たに

やる気エネルギーを補充できると思うので。

 

疲れた体を旅館のお風呂で癒せば

1日の疲れも吹き飛ぶ。

こうして次の作品を描くための

精神を整えて行く。

絵を仕事にすると

土日も平日も気にする事なく

充実した日々を送る事ができる。

 

こうして皆さんに私生活をお見せできるのも

ネットを利用しているからである。

 

ネットは使った方が断然お得。

 

使わない方法も考えればいくつかあるのだが、

実際、使った方が有利に立てる事は間違いない。

 

 

今回のような画家を目指している人の
相談にのるようにしているので気軽に
連絡して欲しいと思う。

 

 

例えば

「自分は画家の仕事をしている」

っと言っているけど実際はバイトや

会社に勤めていてプライドから

それを言い出せない事に

ジレンマを感じている。

 

などのような恥ずかしい内容でも

僕はバカせずに真剣に相談にのる。

 

誰にも言わないで欲しい場合も

約束を守るようにする。

 

ちなみにこの相談に簡単に返答するなら・・・

 

画家、アーティストにはプライドは必要でもある。

 

しかし、実際バイトや会社に勤めながら

「自分は画家、アーティストだ」

っと言ってしまているなら、そのプライドが

邪魔になっている可能性が高いのでその場合、

それは捨てた方がいいプライドだと思う。

 

そこはご自身で判断して頂ければと思う。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ