僕と同じような画家活動がしたい機械音痴の悩み相談


 

今回はこれから先、画家として

生活していきたい人からの悩み相談を共有する。

 

画家活動をしている人は今の時代、

必ずと言っていいほど自分の

ホームページやブログやSNSなどを

使用して、上の作品画像のように

作品を見てもらおうとしていると思う。

 

たまにくだらないプライドからか、

それともネット社会についていけないのか

ネットやSNSを活用した画家活動に疑問を持つ人もいる。

 

ネットを使って画家になる事に疑問がある人に言いたい事

 

僕は個人ブログメインで

画家活動の情報を公開しており

Facebookやツイッターやインスタグラムなどは

補助的な役割として使用している。

 

ちなみに、僕はホームページも持っているが

この世界画家旅人のブログや他の

SNSに比べるとあまり役に立たないので

今では放置している。

 

今後は外国人専門のホームページにして

他の方法に利用しようと考えている。

 

 

あとついでに言うと無料ブログの

アメブロもアカウントは持っているが

アメブロ単体での機能や情報発信は

個人ブログの方が余裕で強いので

今では放置しながらも、たまに補助的に

記事を簡単にアップしているだけである。

 

とにかく画家活動の情報発信は

ブログをメインとしてる。

 

そして最近、僕の所にそのブログに関して

同じような悩みを持つ人達からメール相談

数多く頂くので今回はその悩みについて説明させて頂こう。

 

機械系は苦手でもブログを作れる?

突然だが、僕から質問をさせて欲しい。

 

この上の写真は以前、日本のとある山奥に

絵を描きにいった時の写真なのだが、

この活動をこれから先、一体何人の人が

知る事になると思うだろうか?

 

100人?

 

1000人?

 

1万人?

 

答えとしては10万人、100万人、

さらに言えば僕が生きている限り

永久的に見る人の数は増え続けるという事。

 

意味がわかるだろうか?

 

アメブロなら芸能人でもない限り

この数字に達する事は相当難しいし

死ぬまでアメブロを続けなければならない。

 

しかし、個人ブログはある程度

ブログが成長した後は放置していても、

アメブロよりも数多くのブログ記事が

検索エンジンに表示されているため

自動的に人が集まるという事になる。

 

これはアメブロでは難しい。

 

個人ブログの強みはここにあるのである。

 

そしてそんな情報を知っている多くの方達から

同じような悩み相談を頂いたので、その悩み相談の

返信メールをそのまま記載しようと思う。

 

その方々の悩み相談の中で掲載して良いと

承諾頂いたメール相談をここに記載しておく。

群馬県/Tさん

 

ZiNさんこんばんは。

初めてメールしますTというものです。

 

私は大学にも美大にもでていないのですが、

自分の中のものを何かを通して解放したいと考え、

昨年から油絵を始めました。まだまだ素人で

技術もそれほどないのですが来年には

思い切って個展をしてみようと思っています。

 

そこで自分の作品を世に送り出すために

やはりネットを利用しようと思い、アメブロを

始めましたが、中々観覧数も増えなくて今

悩んでいる状況です。

 

色々調べた結果、やはりZiNさんの言うとおり

ブログを持つなら無料ブログよりもワードプレスの

ような個人でもつブログの方が効果が高い事をしりました。

 

ZiNさんの世界画家旅人も見ていて本当に

面白いし、旅の記事が更新されるたびに

必ずチェックさせて頂いています。

 

私も世界画家旅人のようなブログを

立ち上げたいと思えるようになりました。

 

そこで気になった事があります。

 

アメブロなら簡単に立ち上げる事ができたのですが

個人ブログを立ち上げるとなると

やはりパソコンの知識は必要なのでしょうか?

 

私はパソコンやネット系には弱く、

「そんな私でも大丈夫なのか?」

と思い悩んでいてこのままアメブロを進めるか

それとも個人ブログを立ち上げるのか悩んでいます。

 

全くの素人なので出来るのかわからないのですが、

こんな機械音痴な私でもブログを

立ち上げる事はできるのでしょうか?

 

もしも、ZiNさんの目に止まって

教えていただければ嬉しいです。

 

長々と文章を連ねてしまい申し訳ございません。

 

ありがとうございました。

 

よろしくお願いします。

 

このような個人ブログを立ち上げたいけど

機械音痴な自分にも立ち上げる事ができるのだろうか?

っという悩み相談が後をたたない。

 

この世界画家旅人のブログを見て

「自分もこんなブログをつくりたい!」

と思えてもらえている事はかなり嬉しい。

 

それではこの質問への解答をどうぞ。

 

機械音痴、パソコン音痴な私でも大丈夫でしょうか?

こんばんは〜!!ZiNです^^

僕の場合アメブロも持っているのですが

ブログ立ち上げをする時にかかった時間は

アメブロとそれほど変わりませんでした。

 

それに調べればブログを立ち上げる時に

する事を説明している情報ブログも山のように

でてきますし、そこは心配いらないかなと思います。

 

誰でも初めてする事は不安がつきまとうと思います。

 

なぜなら初めてするのですから。

 

僕も世界画家旅人を立ち上げる前は

本当に何も知らなかったのですが、

調べてそのまま実行すれば思っていたより簡単に

立ち上げる事ができました。

 

初めて挑戦する時は皆素人なのです。

 

生まれたての赤ちゃんの中で

いきなりネットに詳しい赤ん坊なんていません。

 

少しずつ知識を積み重ねていけば

出来なかった事も出来るようになる。

 

これは人間に与えられた能力です。

 

ただ人間は頭が良過ぎるのか始める前から

「できるかな?」「自分でも大丈夫かな?」

と考えてしまうのでしょうね。

 

そのままだと出来る訳もないですし、

調べれば簡単に立ち上げる事ができます。

 

ただし、簡単にできるのは立ち上げまでです。

 

ブログを成長させると言う事は本当に大変で

最初の段階では継続する努力が必要です。

 

ブログを成長させると言う事は

赤ちゃんを育てる事と同じだと言えますね〜!^^

 

最初は手間をかけて毎日記事と言う名の

ミルクを与えていく事により成人と成長し、

やがては放置していても勝手に生きていく力を

ブログ自体が持ちます。

 

なので

「パソコン音痴な私でもできますか?」

の解答としては

 

ブログを立ち上げる事は可能。

 

しかし、そこから先ちゃんとブログを

育てられるのかはTさんの努力次第。

 

僕はTさんが頑張れる人なのか

それとも忙しい事を理由にサボってしまう人なのか

今はよく知らないので、こればっかりは

「わかりません」としか言いようがありません。

 

ダイエットでも最初は頑張ると言っていても

その最初の気持ちにブレが生じる人は

絶対に痩せません。

 

英語を学ぼうと最初はやる気があっても

学ぶ事の苦労から逃げ出す人は

途中で挫折して一生話せません。

 

禁煙すると最初に心に決めても

その強い気持ちがなければ結局吸ってしまい、

禁煙失敗という事になります。

 

ブログを成長させるという事は

これと同じで、飽き性だったり、

気持ちにブレが生じるタイプだったり

学びながら実践していけないのなら

絶対にブログは成長しません。

 

すでに個人ブログの事を調べていたと

言う事なので知っているかもしれませんが

皆、口を揃えてこう言います。

 

「正しく継続して実行していれば結果はでる」

 

これは当たり前ですが、その当たり前の事が

できない人が世の中には数多くいます。

 

最初の苦労から逃げ出していたら何事も成功しませんからね。

 

まとめると

 

「立ち上げるだけだと誰でもできる」

 

「ブログを多くの人に見てもらえる

ようになるのか、ならないのかは本人次第」

 

っという事になりますね。

 

絵を広めるならブログが最適ですので

苦労を乗り越えて頑張りましょう!^^

 

 

少々長くなってしまったが、ようはそう言う事。

 

諦め癖のある人は途中で挫折して

無難な無料ブログやSNSだけを活用して

1日多くて数百人程度に作品を見せる事で

納得しようとする。

 

その逆の道、つまり継続して行動出来る人は

時間がたつに連れて自分の事を知ってくれる

人の数が増え続ける事となる。

 

どちらがよいのかは明らかである。

 

PS.

そういえば最近新しい手法で作品を描き始めた。

基本的な手法も使いながらこれまで

やった事のない事をするのはかなり楽しいし

新しい発見がある。

こうして継続して新しい事に挑戦する事で

画力は上達していくものであるし、

その他の事にも共通して言える事である。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ