【注意】ケアンズから乗り降り放題のバスを利用した旅で事件発生!

旅の移動費を安くで済まそうと考えるなら

バス移動を使わない手はない。

 

しかし気をつけなければ

異国の地に一人で置いてけぼりにされる危険性もある。

 

今回は僕が体験した

ケアンズからメルボルンまで乗り降り放題のバス

利用した最悪な事件の話。

 

 

 

僕は絵の修行をしてさらにそのスキルを磨くため

オーストラリアに来て毎日公園で絵を描いていた。

 

それ以前は韓国くらいしか行った事がなく、

英語なんて一言も話せるわけもなかった。

 

 

 

英語も話せない、誰か頼れる友人もいない。

 

しかしケアンズに来て多くの人と出会い、

多くの人の優しさにふれる事で何とか

海外の生活にも慣れてき始めた頃だった。

cairns_parkneru

ケアンズに1ヶ月以上滞在し、

多くの友人もできたがいつまでも

この街にいては刺激がもらえない。

 

刺激は画家にとって必要なものの一つなのだ。

 

そんな理由でそろそろケアンズを出る事にした・・・

 

 

 

しかし・・・・

 

 

 

その時のバス移動で最悪の事態が起こってしまった。

 

今日はその時の心境とバス移動の時に

してはいけない事を僕の経験談から話しておく。

 

もしもバスで旅をするなら最後まで

この記事を読んでおいた方が良い。

 

ケアンズからメルボルンまで乗り降り自由なバス

ousbasumichi

ケアンズにある日本人御用達のNaviツアーで働いている

僕も普段からお世話になっていたヨウコさんに

ケアンズからメルボルンまで乗り降り放題のバス

ある事を教えてもらい、バス移動で疲れたらその街で

一泊して次の日にまた南下すれば良いと考えそのバスを

予約する事にした。

 

 

そのバスはケアンズからメルボルンまで

毎日運行しており、好きな街で降り

また移動したければサイトから

バス予約を入れて後はバスに乗る時に

サイトからコピーした予約の紙、あるいは

スマートフォンに写真を保存してそれを

バスの運転手に見せるだけで好きな場所まで

乗る事ができるシステム。

 

料金は最初の値段から変わらない。

 

僕はひとまずケアンズからゴールドコーストへ

向かう事にした。

 

バス移動で起きた事件

a-ri-beachki

冒頭でも話した通り、

この頃は英語には慣れてきた所ではあったが

まだ自分の意思を伝えると言う事が

できないでいた。

 

そんな状況で最悪の事態は起きてしまったのだった。

 

バスが消えた・・・

ケアンズを深夜12時にバスに乗り込み

ゴールドコーストへと向かった。

 

朝から新しい旅への出発の準備に追われていた僕は

疲れていたのかそのまますぐに深い眠りについて

しまった。

 

 

それから12時間後・・・

 

 

目が覚めるとバスが止まっている。

 

 

 

 

カーテンを開けて窓から外を覗き込むと

運転手がバスの下の荷物いれから全員の荷物を

運び出していた。

 

バスに乗っていた乗客も自分のバックパックを

持って街へと歩きだす。

 

 

 

 

 

バスの中には一人も乗客は乗っておらず

「もうゴールドコーストについたのか?」

と思ったのでバスから降り、荷物を受け取った。

 

しかし街を見てもとてもゴールドコーストとは

思えないほどの田舎街だった。

 

 

 

 

 

ここで降りてはダメだったと思ったが、

バスの運転手にもゴールドコーストで降りると

記載された紙を渡していたのでひとまず

トイレに行く事にした。

 

 

「予約はしているので大丈夫」

 

 

日本ではバスを予約すると

休憩所に止まる度に毎回人数をチェックする。

 

 

 

その考えがあまかった。

 

ここは日本ではない。

 

 

 

とくにオーストラリアはそういった事に

いい加減な会社が多数存在する。

 

 

 

 

 

トイレを済ませた僕はまたバスの方へ歩き出した。

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

バスが動き出している。

 

 

まだバスが止まって10分程度しかたっていなかったので

「バスを駐車しやすい場所に移しているのかな?」

と思いながらそのバスに向かって歩いていった。

 

 

 

 

 

しかしバスは「忘れ物なんてない!」

と言わんばかりに地平線の彼方へと走り去ってしまったのだ。

 

 

 

 

 

バスは僕を乗せるのを忘れて次の目的地へと向かったのだった。

 

 

 

 

英語も話せない、友人もいない、

この田舎町がどこなのかもわからない。

 

異国の地にポツンと一人置いてけぼりにされてしまった。

 

 

 

幸い荷物を持ってトレイに行ったので

画家として生活するための道具は全てそろっていた。

 

どうやってこの危機を乗り越えたのか?

a-ri-beachyama

まずここが何処なのかを知る必要がある。

 

通りすがりの老夫婦が海沿いを散歩していたので

まだまだスキル不足な僕の英語でここがどこなのか

訪ねるとここはアーリービーチと言う場所で

ゴールドコーストよりさらに手前の街である事が判明した。

 

タイミング良く用意していた携帯電話

運がよかったのかケアンズを出る前に

Naviツアーのヨウコさんに進められて

携帯電話もそこで手に入れていた。

 

 

 

画家の道具はあるのでここでお金を稼いで

対策をねる事も考えたが田舎街なので

人がそんなにいない。

 

 

 

僕はすぐに携帯でNaviツアーのヨウコさんに

電話する事にした。

 

 

 

ヨウコさんには本当にいつも迷惑をかけていたので

申し訳なかったのだが、すぐにそのバス会社に電話するから

待っててと言われ電話を切る。

 

不安な気持ちでいっぱいであったが

ヨウコさんに電話して少しホッとしていた。

 

 

 

 

数分後にヨウコさんから電話がかかってきた。

 

 

 

 

次にその会社のバスが夜の6時

アーリービーチに到着するのでそのバスの

運転手に事情を説明して乗せて欲しいと

頼むしかないとの事・・・

 

 

 

 

僕の片言の英語で相手の運転手にこの状況を

上手く伝える事ができるのか少し不安でもあったが

出発まで6時間もあるので、それまでこのビーチでのんびり

しながらどう英語で話せば伝わるのかを考える事にした。

 

危機脱出に成功

a-ri-beachyoto

アーリービーチの近くには山のふもとに家々が並び、

とても奇麗な街であり、天気も良く、僕はスーパーで

ビールと昼食を買って海沿いの公園のベンチで

運転手に説明する英語文をノートにまとめていた。

 

海は穏やかでヨットがゆらゆらと揺れている。

 

そよ風にゆられながら音楽を聞いてビールを飲んで

サンドイッチを食べていると気持ちよくなってきてしまい

「最悪ヒッチハイクで向かってもいいか」

と思うようになっていた。

 

バスの運転手へ英語で説明

それから数時間が経過し、

僕はいつの間にか寝てしまっていた。

 

あたりはすでにオレンジ色の空になっており

何だか急に悲しい感情が溢れ出てきた。

 

 

 

 

バスが来る時間がせまってくると思うと

少し緊張もしてくる。

 

英語でこの状況を伝えないと

バスに乗れるかどうかもわからないからだ。

 

 

 

夜の6時過ぎにバスは少し遅れて

アーリービーチに到着した。

 

 

 

すぐに運転手の所へ駆け寄り

「あなたの会社のバスにおいていかれました。

Naviツアーと言う会社からすでに連絡が入っていると

思うのですが聞いてますか?」

 

と訪ねると運転手は僕の顔をジッと

見つめながらこう言った。

 

 

 

 

 

 

「知らん」

 

 

 

 

 

絶望が僕の脳裏によぎったが、

それと共に「もうどうなってもいいか」

と言う気持ちも不思議と湧き出てきた。

 

 

すると運転手がどこまで乗るの?

と聞いてきたのでゴールドコーストまで行きたいと

言うと「OK行こう」と言ってくれたので

僕はあっけにとられた。

 

 

 

そしてそれから14時間後

無事にゴールドコースとへ到着したのだった。

 

ゴールドコースト到着後

goldcoast_bilding

ケアンズからゴールドコーストまで32時間以上の度を終え、

僕は宿をどこも予約していなかった。

 

 

 

時間は夜の9時。

 

 

 

それから宿を探しに歩き始めたが

どこも満席で空いている宿を見つける事ができず

3時間が経過してしまった。

 

もう今日は野宿でいいかと考え、

どこかで寝れるポイントを探していた途中、

偶然宿を発見した。

 

 

 

一応中に入ってカウンターの定員に聞いてみると

一泊だけならできると言われたので

すぐにチェックインを済ませシャワーを浴びた。

 

 

 

思いもよらない長旅で体は疲れていたが

新しい土地に来たと言う新鮮な感情が

僕を夜の街へと動かした。

 

ゴールドコーストにあるサーファーズパラダイス

のビーチでのんびりビールを飲みながら暗い海の

上に光る満月を見ていた。

 

 

 

ちなみにオーストラリアでは

外でビールを飲むと罰金を払わなければ

ならないが、僕はこの時そんな事もしらず

何も気にしないままビールを何本も飲んでいた。

 

サーファーズパラダイスの砂はやわらかい。

o0600039711728997527

日本ではあまりない砂の感触だ。

 

異国の地で置いてけぼりにされ、

無事にその事件を乗り越えた事もあったので

ホッとした僕は酔っぱらいながらビーチで

寝てしまったのであった。


正月前のケアンズの街はゾンビ映画のようだった

ケアンズの高級マンションに運良く泊まる事ができた。

 

ケアンズはもうすぐ正月を迎える。

 

正月が近づくにつれて世界中から多くの

観光客がこのケアンズにくるので宿を確保するのが

困難になってくる。

 

そんな中僕は運よく高級マンションをレンタルする事ができた。

 

 

しかし正月が近くなり街の宿はどこもいっぱいなのに

街には人がいない。

 

 

オーストラリアは土日祝日はどこのお店も休みなので

皆どこかへ行っているようで街はまるで

ゾンビ映画の始まりのよう静まりかえっていた。

 

 

しかし僕の目的は絵の修行。

 

 

しかも絵の仕事を旅の初日で頂いたので

人がまわりにいなくてもやる気だけは十分だった。

 

ケアンズに来て1ヶ月経ったがまだ2作品しか完成していなかった。

 

次はパロネラパークからの依頼で描く作品の下書きを始める。

paint_sitaous

絵を描く時は基本的に下書きをしないようにしているが

依頼の絵を描く時は間違いがあってはいけないので

簡単に下書きをしてから描き始めるようにしている。

 

この日は下書きを描いた時点で満足してしまったので

高級マンションに戻って晩ご飯を作る事にした。

 

帰りにスーパーによって食材を買い、

今夜の晩ご飯を何にするか考えながら歩いていると

ケアンズの街の至る所にスーパーのカートが放置されていた。

cairns_kaimono

スーパーで買い物をしたお客さんが

自分の家の近くまでカートで荷物を運んで

そのまま放置するようだ。

 

それを回収しにくるスーパーの店員の

気持ちを考えると可哀想になってきた。

 

 

僕もカートで食材をマンションまで運び

一旦スーパーに戻ってカートを元の位置に

戻しておこうと思ったが面倒になったので

入り口付近に放置してしまった。

 

 

 

申し訳ない。

 

 

 

マンションのキッチンでトマトチーズハンバーグをつくり

何を言っているのかわからない英語のテレビ番組を見ながら

ビールを飲んだ。

cairns_hanbagu

1ヶ月以上たってようやくケアンズの街に

慣れてきた所であったが、年があけたら

ケアンズを出る事を決意した。

 

同じ場所にずっといても刺激がなくなってきてしまうからだ。

 

それにこの頃はまだ画家としてどう活動すればいいのか

検討もついていなかったので新しい街に行けば

何か発見できるかもしれないと思っていたからだ。

 

 

ケアンズを出る前にこの高級マンションを堪能しようと

僕は毎晩プールに飛び込んで楽しんでいた。

cairns_zeitakupool

お金持ちになった気分だ。

 

プールで仰向けになって浮かびながら

空を見ると満点の星空がそこにある。

 

恐らくこの生活もあと2週間と言った所か・・・

 

ケアンズでは最高の出会いがあった思い出の街になった。

 

次はどんな出会いがあるのだろうと

心を踊らせながら冷えた体を暖めるために

シャワーを浴び眠りにつくのだった。


ケアンズで高級マンションを格安でレンタルする事ができた。

ケアンズに来てもうすでに一ヶ月以上が経った。

 

僕はケアンズにある高級マンションに滞在している。

 

かなりの格安でレンタルする事ができたのだ。

 

今日はその経緯をは話していこう。

 

 

 

この頃は英語が話せず外国人と一緒にいれば

英語をマスターできると思っていたが挫折してしまった。

 

 

 

なぜ挫折しまったのかはオーストラリアの旅の

記録でまとめているので興味がある人はどうぞ。

 

 

 

そんな理由で日本人とばかり

遊ぶようになってしまい

英語の勉強は続けていたが、

外国人と接する回数は格段に減っていった。

 

僕はケアンズにあるグローバルバックパッカーに

泊まっていたがそこには世界中から若いパワーを

持て余した若者が集まってくる。

 

 

 

 

僕は若い外国人がお酒を飲んで

騒いでいる状況が苦手だった。

 

 

 

 

毎日宿やクラブでどんちゃん騒ぎを繰り返す生活。

 

そんな生活に疲れていたがもうすぐお正月が

近づいてきており、今宿を出ようとしても

他は予約でいっぱいで宿を確保する事ができない。

 

 

 

 

そんな状況を助けてくれたのが以前

『ZiNにパロネラパークを見せたらどうなるかツアー』

をしてくれたケンさんとヨウコさんだった。

その時の記事はこちら。

ラピュタのモデルの場所!?パロネラパークで絵の仕事を頂いた話

 

 

 

ケアンズにある豪華なマンションを

安くでレンタルさせてもらう

事になったので本当に助かった。

 

マンションにはいくつものプールが

設置されており好きな時に自由に泳ぐ事ができる。

cairns_yokopool

この日から最高に贅沢な暮らしをさせてもらう事になった。

 

ケアンズに来て一ヶ月しかたっていないが

僕はすでに日本食が恋しくなっていた。

 

その話をするとケンさんとヨウコさんが

家でディナーをしながらお酒を飲もうと

提案してくれたのでお言葉に甘える事にした。

cairns_yokoroom

久しぶりに食べる日本食はこのケアンズにある

どんな高級なレストランよりも遥かに美味しく感じた。

 

 

やはり日本食が世界一美味しい。

 

 

これは日本人だからではなく

日本食は世界から見てもかなりレベルの高い

日本人の文化が生んだ最高の娯楽の一つである。

 

 

 

ヨウコさんは先に寝る事になり

僕はケンさんの家で飲み直す事になった。

 

 

 

深夜4時まで語り明かしたこの夜は

僕の中でもいい思い出になっている。

 

お酒が進んだケンさんが調子にのってピアノを弾いている。

 

その音色を聞きながら深夜4時に眠りについたのだった。


ケアンズで気球の上から絵を描く時の構図を考える

cairns_utauojisan

ケアンズに来てずっとしなければならない事があった。

 

それは気球に乗り上から見た世界を

脳裏に焼き付ける事だった。

 

 

 

理由は簡単で絵を描く時の構図の参考になるからだ。

 

 

 

絵の修行をするためにオーストラリアの旅に

来たので、自分に必要な構図の情報をできる限り

この目で確認したかったのだ。

 

これから描く絵は横から見た世界ではなく

上から見た世界を描いて行こうと思っていたが、

僕は上から見る世界がどのように見えるのか

想像もできなかった。

 

 

 

気球に乗れば少しづつ上昇していくので

絵の参考になるうってつけの乗り物だと考え

バルーンツアーに参加する事にした。

 

 

 

朝の4時に僕が泊まっている宿の前にバスが迎えにきて出発。

 

 

 

眠い目をこすり、朝食をバスの中で食べながら

数分走ると広い草原の真ん中にしぼんだ巨大な

気球が横たわっていた。

 

気がつくと太陽がのぼり始め、朝日が気球を

照らし始めている。

cairns_balloon1

近くで見る始めての気球はかなり大きく膨らむ

気球を見ているとワクワクした感情が

溢れ出しそうになる。

 

 

 

いよいよ空の旅へ出発する。

 

 

 

気球は少しずつ上昇していき、下にいる人や車が

少しずつミニチュアのように小さくなっていった。

 

遠くに見える別の気球をみながら

今の高度や上から見た景色、そして背景が

どのように見えるのか構図を考えながら

確認していた。

 

全て絵を描く時の参考にするためである。

cairns_balloon2

さらに気球は上昇し、

僕が絵で描きたいと思っていた高さまで到達した。

 

やはり想像するのと直に見るのでは見え方が違う。

 

こういった経験は画家にとって大切であり、

自分の目で直接得た景色の構図や光の反射、

そしてその時の感情を絵に描き入れる

事によってよりリアリティーな作品にしあがるのだ。

cairns_balloon2

あとはこの景色の構図と僕の世界を融合させるだけ。

 

しかしこの時はまだ絵の技術もそこそこだったので

この経験を生かした作品を描くのはオーストラリアの旅

が終わった後の事だった。

 

そうこうしていると気球は雲を突き抜け下の景色が

見えなくなった代わりに雲の大地が姿を表した。

cairns_balloon3

雲の上まで行くとは聞いていなかったので驚きと

神秘的な光景に心が踊る。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

ちょうど朝日の所に雲がかぶってしまい

気球から朝日を見る事ができなかった。

 

 

 

この時またどこか違う国で気球に乗って

朝日を見る決意をしたが、それから2年後

トルコのカッパドキアで地球ではない

他の惑星のような景色を見ながら

朝日を見る事になる。

 

僕はそんな想像もしていなかった未来が

待っている事も知らずにケアンズの

気球の空の旅は終わった。

 

 

 

この時の経験は僕の感性をくすぐり、

僕の中でかなり大きな影響力があり

絵の向上にも確実に役に立つことになる。

 

絵の上達がしたいならやはり様々な事を直に

経験する事が一番の近道なんだと感じた空の旅だった。

 


ケアンズのカジノで勝ちすぎた経験談

cairns_casino

僕は普段あまりギャンブルはしない方なのだが、ケアンズにあるカジノには興味があった。

 

このプルマン・リーフ・ホテル・カジノは他のカジノとは少し違い目をギラギラさせたいかにもギャンブル好きな人は少なく観光客が気軽に入れる落ち着いた雰囲気のカジノである。

 

 

 

24時間営業ではないため、旅行中に無駄な浪費をする心配もないしコヒーもタダで飲み放題なのでカジノを経験してみたいという初心者にはうってつけの世界でも珍しいタイプのカジノだ。

 

 

 

そして世界でも珍しいというのはそれだけではない。

 

 

 

ここの屋上にはドーム型の動物園が設備されているのだ。

 

まさに観光客には至れり尽くせりのケアンズの遊びスポットの一つでもあるのだ。

 

 

 

 

僕はオーストラリアに絵の修行の旅に来て毎日公園で絵を描いていたのだが、その時に様々な人が話しかけてきてくれた。

 

 

 

そこで仲良くなった日本人に

 

「今夜カジノにいかないか?」

 

と誘われ、興味もあったので一度経験として行ってみる事にした。

 

 

 

 

服装は短パンにビーチサンダルのようなラフな格好でも入る事ができたが、あとから調べてみると本当はビーチサンダルだけはダメなようだ。

 

カジノに入る時にニコニコした愛想のいいチェックマンがビーチサンダルを見過ごしていたのだろう。

 

 

 

18歳以上ならだれでも中に入れるのだが、得に日本人は実年齢より若く見られる事の方が多いので、パスポートを準備していく方がスムーズに入る事ができる。

 

 

 

無事中に入れた僕はルーレットしかやり方がわからなかったのでとりあえず席に座り、手元にある液晶画面で20ドルを赤か黒のどちらに入るのかを賭けた。

 

ルーレットの最低賭け金は2.5ドルからなのだが、よくわかっていなかった僕は勘違いをして20ドルからだと思っていたのだ。

 

 

 

しかしその勘違いから爆発的な圧勝をする事になる。

 

 

 

 

最初の20ドルが当たり40ドルに・・・

 

 

 

次も20ドルを賭けそれも40ドルになり合わせて60ドル・・・

 

 

 

ほんの数分で60ドルにふくれあがった。

 

 

 

ルーレットは賭ける場所が36カ所と0、00があり合わせて38カ所ある。

 

次は1〜12、13〜24、25〜36の賭け金が3倍になる場所に60ドル全てを賭けた。

 

 

 

 

まさにギャンブラーへと変貌した瞬間だった。

 

 

 

 

最初の賭け金が20ドルだったので別になくなってもいいと思っていたのだ。

 

しかしそんな思いとはうらはらに僕の賭けた60ドルは3倍の180ドルになった。

 

ほんの15分程度で160ドル(当時のレート日本円で約1万6千円)を稼ぐ結果となった。

 

 

 

日本で普通に働いても時給千円がいい所なのにこれだけ短時間でお金が増える事に喜びと恐怖を感じた。

 

ギャンブルにハマる人はこの事を知っているから働くのがバカらしくなってくるのだろう。

 

 

 

実際僕もこの時調子にのってルーレットを続けてしまった。

 

 

 

しかしビギナーズラックというのは本当にあるのだと実感した。

 

カジノを出る頃には20ドルだったお金が1200ドルにふくれあがっていた。

 

 

 

 

まだ絵の稼ぎ方もしらなかったこの頃の僕からすると1200ドルは大きな旅の資金になり、ありがたく大切に使う事にした。

 

 

そんな海外での初体験をしたカジノへたまに足を運ぶようになり、この後オーストラリア内のカジノでトータル2000ドル勝つ事になる。

 

 

賭け金は最初の20ドルだけを使うようにしていたのでこれだけ勝てたのかもしれない。

 

 

 

しかし僕の目的はお金を稼ぐ事ではなく「絵で収入を得る方法を探す」という事だ。

 

その方法を発見する事ができるまでカジノで勝ったお金だけでやりくりしていたので、今まで諦めないで頑張ってきたご褒美として神様が味方についてくれたのかもしれない。

 

 

【人気の関連記事】

外国人といる事が苦痛で英語勉強から逃げてしまった日々の始まり


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ