ドイツでバスキングするなら日本人の特性を活かすべき理由

「ZiNこれカッコイイだろ!」

 

洗面所で歯磨きをしていると、鏡越しに

上半身裸のフィリックスが首に銀のネックレスを

つけて「自慢のネックレスを見てくれ!」

と言わんばかりの自身満々の顔で話しかけてきた。

 

よく見ると漢字で"羊"と一文字だけ

書かれたシンプルなデザインだ。

 

「カッコイイだろ!ZiNが来る少し前に買ったんだ!」

 

「・・・何で羊?」

 

「??・・ひつじ?」

 

「それは日本語の漢字で羊って意味やけど・・・

知らずに買ったの?」

 

「マジ!?形に一目惚れして買ってしまった・・・」

 

「いくら?」

 

「3800円くらい・・・」

 

「アホやー!!」

 

少し落ち込んだ事を隠すように半笑いの

フィリックスは、そのままお出かけ用の

服装に着替えると、何事もなかったように

自慢のネックレスをテーブルの上に置いた。

 

今日はミュンヘンの街を案内してくれるようだ。

 

まず最初に中心街にあるウインナーが

美味しいレストランで昼食をとる事にした。

薄い膜に包まれた真っ白なウインナーに

このお店の特性ソースを絡めながら

口に運び、そのままドイツビールで

一気に流し込む。

ドイツのウインナーは本当に美味しい。

 

フィリックスが言うには薄い皮も

はいでから食べるのがドイツ流のようだ。

 

「漢字ってカッコイイよね」

 

ネックレスの事を引きずっているのか

無意識なのかわからないが、フィリックスが

仕切りに漢字について質問をしてきた。

 

「日本人って中国語も読めるの?」

 

「中国語は世界で一番難しい言語だし

日本語とは全然違うから読めないよ」

 

「これは何て意味なのかわかる?」

 

そう言うとスマホのメモに書かれていた

中国語のシェンシェ(謝々)という文字を見せてきた。

 

「これは中国語でありがとうって意味!

日本語じゃないよ!」

 

「中国語なら何で日本人もわかるの?」

 

「シェンシェって言葉がありがとうって意味なのは

ほとんどの日本人が知ってるからね!でも他の言葉は

全然理解でききないよ〜」

 

「シェンシェって漢字にはそれぞれ

どんな意味があるの?」

 

「・・・謝る謝る」

 

「ゴメンなさいなのに何でありがとうなの?」

 

「そう言えばそうやな〜・・・何でゴメンなさいが

ありがとうになるんかな?」

 

「何で日本語では謝るなのに

中国語ではありがとうなの?」

 

次々と漢字について質問してくるフィリックスに

正しい答えを出す事が出来ずにいた。

 

フィリックスは本当に漢字が好きなようだ。

 

 

「日本人や中国人ってお金に困る事ないよね!」

 

「何で??」

 

「外国人は本当に漢字が好きだから

それを書ける日本人や中国人はバスキングで

漢字を書いて売ればかなりいい商売になるからね!」

 

 

 

確かに僕もこれまでの世界の旅の中で

出会った人達に漢字の当て字を書いて

あげるとそのかなり喜んでくれた。

僕の描く絵は世界観の方が重要で

漢字を入れる事はない。

 

しかし、確かにお金を稼ぐ事が目的の人なら

絵の中に漢字を組み込んだメッセージを

書いてもいいし、書道なんてしている人は

バスキングだけでもかなり稼げると思う。

 

オーストラリアのメルボルンや

パースでは1日で10万円くらい

稼げるなんて話もある。

 

日本でお金に困っている人は

海外で漢字を利用したパフォーマンスを

すればかなり稼げる事は間違いない。

「ZiNもあれだけ凄い絵描けるんだから

漢字も混ぜて販売したらいいのに!」

 

「いや〜いいアイデアではあるけど

それはやらないかな。本当に伝えたい事に

ブレが生じてしまうからね!」

 

僕は小学校低学年の時から深い眠りにつくと

見た事もない世界を飛び回る夢を見る。

その世界を皆に伝えたいと言う事と

あともう一つ、絵の中に込めた

未来へ向けたメッセージを残し、

200年後300年後の未来に伝えたい事がある。

 

それをするのに誰でも読める漢字を組み込んも

意味がないのだ。

 

今生きている人間にはこの意味が

わからないと思うので詳しくは説明しない。

 

僕には僕と未来の人間にしか

理解出来ない大きな秘密がある。

 

それを伝えるために

今絵の中に暗号を組み込んでいるのである。

漢字についての質問ラッシュも終わり、

ようやくフィリックスにミュンヘンの街を

案内してもらう事に。

ミュンヘンではバスキングが盛んにされている。

 

オーストラリアやアメリカなどの国では

ギターでバスキングをする人が多いが

ヨーロッパはチェロやバイオリンなどの

バスキングをよく目にした。

絵を描いてライブペイントを

している人は一人も見た事が

なかったので狙い目だと思う。

 

ちなみに、これまでバスキングを

するならオーストラリアをお勧めして

いたが、最近ではヨーロッパをお勧めしている。

 

その理由はこちら。

絵で食べていくためにAUSに出稼ぎに行く人が増えた件

バスキングを一通り観察してから

次はミュンヘンを一望できる高台に登った。

そしてヨーロッパでも珍しい白の協会。

この旅で死なないよう祈りを捧げてきた。

メッセージも残したのでミュンヘンにいく人は

もしかすると僕の書いたメッセージを

読めるかもしれない。

海外に友人がいると旅も充実すると

画家活動の基盤となる人との出会いも

増えていく事になる。

 

結局、画家になりたい場合は

人と人との繋がりを濃密なものに

できる人でないとやっていけないのだ。

 

これからも世界で出会った人や

この世界画家旅人で出会ったアーティストの

人達と一緒に歩んでいければなと思う。


日本人の知らないドイツの観光地!キングスレイク!

澄んだ朝の空気を肌で感じる。

 

僕はベットの上で仰向けのまま

天窓から優しく差し込む光を

寝ぼけ眼でボーッと眺めていた。

 

それはすりガラス越しように

ほのかに見えていたが、やがては

ピントが合うようになり、意識も

段々ハッキリとしてくるのを感じる。

 

どうやら昨日はドイツビールを

たらふく飲んでしまい、いつのまに

窓も閉めずにベットで寝てしまっていたようだ。

 

そのまま体を起こすと、思ったよりも

体が軽く感じ、昨日のお酒は一切体の

中に残っていない事を悟り、僕は

そのまま一階に降りていった。

 

一階に降りるとミッチェルが

朝食の用意をしながら僕に朝の挨拶を交わす。

 

「おはよう!よく眠れた?」

 

「完璧に熟睡できた!

 

「やっぱり金持ちの家はベットも寝心地がいいな~!」

 

「ははは!ダマレー!!」

 

ミッチェルっは今日も朝から日本語の「黙れ」を連発する。

 

 

どうやら相当日本語にハマっているようだ。

 

 

ミッチェルが朝食の準備をしている間に

僕は庭でコーヒーを飲みながら

ブログに旅の記録をする事にした。

 

昨日の出来事を思い出しながら

記事を書き込んでいると、目の前に

ミッチェルの息子のファービーが

芝生の上で裸足になり、空を見上げていた。

 

「ファービーおはよう!」

 

「おはようZiN!何してるの?」

 

「ブログ書いてるよ。ファービーの事も書いていい?」

 

「いいよ!何書くの?」

 

「まだ考えてないけど・・・あ!

ファービーに日本語の名前あげようか?」

 

「どういう事?」

 

僕はカバンに入っていたiPad miniを取り出し

ファービーに漢字の当て字で名前を書いてあげた。

 

外国人は本当に漢字が好きで

仲良くなった外国人の友人には

日本語漢字で名前を書くようにしている。

 

この方が僕自身も名前を覚えやすいし

なにより相手がかなり喜んでくれる事を

知っているからである。

 

「すごい!これ僕の名前!?カッコいい!写真撮っていい?」

 

風称美偉

「ZiNありがとう!これカッコいいね!

そのうちこれでタトゥー彫るよ!」

 

「タトゥーは・・・辞めといた方がいいかな」

 

別に悪い意味ではないが、適当に当て字で

書いただけなのでタトゥーを掘られるのは

少し罪悪感があったのでやんわり引き止めた。

 

そうこうしている内に朝食が出来上がり

庭にミッチェルがドイツのソーセージと

コーヒーを持ってきてくれた。

 

「さっさとこれ食べて早く凄い大自然みにいくぞ!」

 

今日はドイツ人も日本人にもあまり

知られていないドイツとオーストリアの

 

観光地に連れていってくれる事になっていた。

 

ドイツ人も日本人も知らない大自然

後にドイツ人の友人に

「キングスレイクに行ったけど本当に凄かった!」

っと話しても

「キングスレイク?どこ?」

っと言われるほど、ドイツ人にも

あまり知られていない観光地だという事を悟る。

 

ドイツ人も知らないなら当然

日本人にも知られていない場所であり、

検索しても日本語ではあまり情報が出てこない。

 

そんな場所に行けるのも旅の醍醐味である。

 

画家を目指して世界を旅に出発し、

絵で生活する方法を学んだり、

英語を勉強してきて本当に良かったと

今では心から思っている。

 

「王の湖」と呼ばれるキングスレイクは

ドイツ語ではケーニヒスコと呼ばれており、

サルツブルクから南にある国境付近の巨大な湖である。

ミッチェルの自宅からキングスレイクまで

車で約1時間で到着した。

周りは圧倒される程の高い山々に

囲まれ、その間を縫うように

巨大な湖が目の前に広がっている。

 

縦7.7kmもあるので向こう岸に渡るには

船にのらなければならない。

ミッチェルがチケットを用意してくれていた。

船に乗り込み、湖の一番端っこの絶景ポイントへと

向かう間、船上員がトランペットで演奏してくれる。

その音色は山の向こう側で繰り返し鳴り響き、

自然の壮大さをより感じる事ができる。

 

湖の向こう側に到着し、

透き通る綺麗な湖やどこまでも続くような

奥行きのある森で写真を撮影しながら

自然を満喫していた。

しかし、僕はそこで不可解な写真を

撮影してしまった事に後で気づく事となる。

 

その事について詳しくは

次回の旅の記事でお話しするとしよう。

 

それから2時間ほど自然を満喫し、

再び湖の反対側へ戻る途中に昼食を

とる事にした。

もちろんドイツの伝統料理である。

 

そして次はロープウェイで山の頂上を目指す。

この場所でとれた化石の数々。

これだけの素晴らしい景色なのに

ドイツ人でも知らない人がいる事が

本当に不思議で仕方がない。

 

今まで世界中で大自然の絶景を見てきたが

このキングスレイクは僕の旅の中で

トップ10に入るほどの絶景だった。

 

 

PS.

今回は写真が多かったので

小説風に記事を書くより

情報重視で記事を書いてみた。

 

次回はここで撮影した

奇妙な写真の話を詳しく説明する。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ