イスタンブルからカッパドキアへ行く時にある事件が起こっていた。

昨日のイスタンブルの街にいた

大勢の警備隊はすでに撤退していた。

 

死者がでるほどのデモがあったとは

思えないほど早朝7時のイスタンブルの

街は穏やかな朝を迎えていた。

 

 

今日からスターウォーズの撮影でも

使われたカッパドキアに向かう事にした。

 

 

朝7時のバスに乗り、まずはトルコの首都アンカラを目指す。

 

トルコではイスタンブルとカッパドキアが有名であるため

イスタンブルを首都と勘違いしている人が大勢いるが

実はアンカラがトルコの経済を支えているのだ。

 

 

イスタンブルからバスで約6時間。

 

アンカラに到着したが僕はすでに気持ちは

カッパドキアに向かっていたのでこの日は

すぐに宿を探して明日に備え睡眠をとる事にした。

 

 

カッパドキアは異様な岩山の形に無数の穴が

あいており、その中に無数の部屋や協会が作られている

地球ではないような景色を見る事ができる場所。

 

 

僕はその光景を目に焼き付けて僕の頭の中の世界を

よりリアルなものにするためカッパドキアの岩山から

何かを感じ取れれば画家としてもまたさらに成長できる

のではないかと確信していた。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

一つ悲しい事件がつい3日前に起きていた事を

ネットのニュースで知る事になる。

 

 

 

日本人の女子大生2人がカッパドキアを観光している時

トルコ人の男にナイフで刺され一人は死亡、

一人は重軽傷をおったようだ。

 

 

ゼミ渓谷と言う日本人はあまり行かない場所で事件は

起きたようだがカッパドキアは比較的治安も良く

そんな事件が起きているとは想像もできなかった。

 

 

これからそのカッパドキアに向かう事になる。

 

 

能天気に旅をしていた僕に始めて

緊張感が漂った事件であった。

 

 

アンカラを早朝6時に出発した。

 

バスから見る景色がみるみる変わってくる。

turkey_harfway

360度どこを見ても砂山が風で

崩れたような形の岩が広がっている。

turkey_harfway2

まだ到着していないがもうすでに地球には見えない

異様な景色に僕は心が踊るようにワクワクしていた。

 

 

そしてアンカラを出て5時間後ようやく

街のバスの停留所に到着した。

 

カッパドキアの街は異様な景色とは裏腹に

のんびりした平和な雰囲気でまさか

ここであんな悲しい事件が起こる

とは誰も思わなかったであろう。

turkey_uma

馬が常に草を食べれるように耳に餌をぶら下げている。

 

そして街の至る所に日本とトルコの国旗が並んでいた。

turkey_kokki

これはトルコから日本への有効の証でもあり、

なぜこんな事になっているかと言うと

初代大統領ケマル・アタテュルクが日本人の

生き方を見本にしろと言っていたほど

日本人を尊敬していた事から

トルコ国民にとって身近な存在になっていった。

 

他にもトルコでは日本のテレビ番組が

頻繁に放送されており、そういった背景もあるようだ。

 

そして何と言っても1890年にトルコの難破船を

日本人が助けた事がトルコ国内で報道され

日本人を尊敬する心に拍車がかかったのではないかと

推測される。

 

穏やかなカッパドキアの街は平和そのものであった。

turkey_hyoutan

そして宿を発見したので飛び込みで入る事にした。

 

この宿は驚くほど安いにも関わらず

中は豪華なつくりになっており、

まるで高級ホテルのような作りになっていた。

turkey_yasuyado

この宿の情報は次の機会に紹介して行こうと思う。

 

宿にチェックインした僕はビールを飲みながら

これから何をするか考えるのだった。


タグ: 

カテゴリ:中東の旅 

サメと泳ぐナイトダイビングで事件を目撃してしまった話

スキューバーライセンスを取得するために

グレートバリアリーフの上に浮かぶ船の上

で一泊した。

 

前回サメダイビングの話をしたが、

その時に事件は起きた。

cairns_samedive

 

まき餌をしてサメを誘きよせている所を

僕は船の上から見下ろしていた。

 

 

僕に教えてくれたインストラクターは一足先に

海面に浮かびながらナイトダイビングを予約

しているお客さん達が海に飛び込むのを待っていた。

 

ツアー参加者全員が無事そろい

2人ずつペアになり順番に潜っていく。

 

 

お客全員が潜ったのを確認した

インストラクターは後を追うように

海の中へ沈んでいく。

 

 

 

ほんの5秒程でインストラクターの

姿が見えなくなり、僕はその光景を

コーヒーを飲みながら何となく見ていた。

 

 

 

 

 

小さい泡がブクブク海面の上に浮かんでくる。

 

 

 

 

その浮かんだ泡を観察していた。

 

小さい泡を追いかけるように

少しずつ大きな泡が浮かんでくる。

 

 

 

何かおかしい・・・

 

 

 

泡が一向になくなる気配がない。

 

 

 

そう思った瞬間・・・

 

とてつもなく大きな泡・・

と言うより大きな空気の固まり

海面に浮上してきた。

 

海面にでる瞬間

大きなクラゲのように見えたので

何だこれは?と思っていると

先ほど後を追ったインストラクター

も一緒に浮かんできた。

 

 

 

「とれたー!」

 

 

 

彼のボンベからのびている

酸素を送るチューブが

勢いよく四方八方に暴れている。

 

インストラクターは叫びながら

必死で暴れ回るチューブをつかもうとしているが

動きが早いので中々つかむ事ができない。

cairns_instpanic

 

海面で一人パニックになっているインストラクターを見ながら

コーヒーを飲み、明日の事を考えていた。

 

 

 

今日でこの海の生活は終わり。

 

無事にライセンスを取得する事ができたので安心した。

 

明日は公園で絵を描く生活に戻る事にする。

 

 

 

この数年後・・・

世界を旅する中でガラパゴス諸島にいく事になり

そこでハンマーヘッドシャークと言う

頭がトンカチのような形になっている

サメと一緒に泳ぐ事になる。

 

【関連人気記事】

1位:船の上で思い出した弟の流血事件

2位:珊瑚殺しのサンタと一緒にダイビングをした話

3位:【沖縄】座間味島を100倍楽しめる観光の仕方


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ